多肉植物を葉挿し(はざし)で増やしてみよう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

多肉植物は寄せ植えしたり、好きな鉢や器に植えて飾るだけではなく、増やして楽しむこともできます。今回は、ぽろっと取れてしまった多肉植物の葉を土に乗せて増やす葉挿しと、葉挿しに向いている多肉植物の種類をご紹介。

 

目次

すごい生命力! 多肉植物の葉挿し

葉挿しに必要なもの

多肉植物の葉挿しをしてみよう

葉挿しで増やせる多肉植物の種類

 

すごい生命力! 多肉植物の葉挿し

ぽろっと取れてしまった多肉植物の葉。

 

土の上に置いて環境がいいと、また新たに芽吹くのです。見ていて驚かされる多肉植物の生命力。葉が取れてしまったら、葉挿しをして多肉植物を楽しんでみませんか?

 

葉挿しに必要なもの

パット

入れ物

浅めの入れ物 やパット、お皿でもOK

 

多肉植物の葉

植え替え時や普段の管理で取れてしまったものでもよいです。葉は、元気な葉がよいです。水分不足などでカラッカラのものなどは避けましょう。

多肉植物の土

水はけのよいものがよいです。

 

多肉植物の葉挿しをしてみよう

hasashi

多肉植物の葉挿しに向いている時期は、春は3~5月と秋は9月~11月が向いています。

葉挿し用の葉を土の上に置きます。土は大粒ではなく小粒のもののほうが向いてます。写真上くらいに葉挿しする葉を付け根が軽く土に埋まるように置きます。

写真下は埋めすぎの場合の例。すぐにはお水は与えないで、根がでるまではこのままで。いつ出るのか気になるとは思いますが、気長に待つのが一番。様子を見て、お水を与えます。葉には水分があるのでたっぷり与えなくても大丈夫です。

 

多肉植物 葉挿し

管理する場所は風通しのよい明るい日陰、半日陰がよいです。直射日光は葉がカラカラになってしまうので避けて管理。発根してからは根を埋めて、お水を与えます。いきなり真上から水をざーっかけないで優しく霧吹きなどで行います。根がでて成長してきたら、乾燥には気を付けて管理しましょう。

 

hazashi2

まだ小さいので乾燥で枯れてしまうこともあります。ある程度大きくなるまではこまめに様子をみてお水をあげてもよいでしょう。ある程度の大きさになったら好きな鉢や器に植えて楽しむのもおすすめです。大きくなるにはまだまだ時間はかかりますが、生長過程も楽しみましょう。

葉挿ししているのに根っこが出ない・・・

同じ葉でも、発根するもの、しないものがあります。必ずしも全部がうまくいくとは限りません。しわしわになったり、透明になってきたら諦めて、またチャレンジしてみましょう。

どの多肉の葉っぱ・・・?と、ならないように

パットに並べたときに親の多肉植物を一緒に上て置くのもわかりやすいです。
または、小さい札を土に挿しておくなどしてわからなくならないようにしましょう。

 

葉挿しで増やせる多肉植物の種類

葉挿しに向いている多肉植物の種類をいくつかご紹介します。

 

エケベリア

エケベリア 花うらら

写真の株はエケベリア・花うらら。そのほかラセモサ、ルンヨニー、ローラなど。

 

e_momo_m

エケベリア・桃太郎。

▼多肉植物のエケベリアについて

エケベリア

  • エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属の春秋型種の植物。原産地はメキシコ・中米など。5、6cmの小型から40cm近くにもなる大型種まで、葉の形も様々あり種類は豊富です。正面から見た時の美しいロゼット型の姿は花のようで華やかな印象があります。そのため、フラワーアレンジやブーケに使われることも。葉挿しや株分けで増やすことが出来ます。

 

アドロミスクス

adro

葉が取れやすい品種なので、取れたら葉挿しに向いています。緑の卵・ヘレイ・神想曲(じんそうきょく)など。

▼多肉植物のアドロミスクスについて

アドロミスクス

  • アドロミスクスはベンケイソウ科アドロミスクス属の春秋型種の植物。小型のものが多く成長もゆっくりです。葉の形や模様も様々あり種類は豊富です。葉が取れやすいので葉挿しで増やせます。

 

セダム

meigetsu

八千代・パープルヘイズ・虹の玉 など。

 

セダム・八千代の芽が出た状態。

▼多肉植物のセダムについて

  • セダムは北半球に広く分布し、500種類以上もの品種が確認されています。中には日本原産の品種も存在しており、一番身近な多肉植物です。グランドカバーとして使える品種や「虹の玉」のようにぷっくりとしたもの、枝垂れるものなどタイプも色々あり、葉の形や大きさ花の色もそれぞれ異なります。また、葉っぱの形だけでなく紅葉も楽しめます。

     

 

カランコエ

 

葉挿しできるのは月兎耳・ロンボピロサ・福兎耳・ミロッティーなど。

 

lonbo

こちらは白肌ロンボピロサ。手前のは葉から生長したもの。

▼多肉植物のカランコエについて

カランコエ

  • カランコエはベンケイソウ科カランコエ属の夏型の多肉植物。原産地は南アフリカ、東アフリカ、東南アジアなどで生息し、葉がふわふわとしたものから、ギザギザしたもの、、丸く艶があるものなど種類も豊富で、紅葉する品種もあり、豊富にあるのが魅力です。花も鑑賞でき、色はピンクやオレンジ、赤など彩が鮮やかな品種が多くあります。葉挿し、挿し木、株分けで増やすことが出来ます。

 

クラッスラ

goramu

金のなる木・ゴーラム・火祭りなど。星乙女・南十字星などは葉挿しではなく、挿し芽で増やしましょう。

▼多肉植物のクラッスラについて

クラッスラ

  • ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で、3~4cmの小型から数m近くにもなる大型種まであり、種類はとにかく豊富。大きさだけでなく形も様々で、幾何学模様に見えるものやユニークな形の種類などあるのでコレクションしがいのある多肉植物です。一番身近な品種は「金のなる木」が挙げられます。中には秋の紅葉した姿がとてもきれいな「紅葉祭り」「火祭り」もよく寄せ植えなどに使われます。<br>花は一つの茎に小さな花が集合して咲きます。多くの種類は白やピンクの花を咲かせ、開花姿もかわいらしいですが、品種によっては花が目立たない種類も。また、夏型・冬型があります。

 

グラプトペタルム

 

朧月(オボロヅキ)・ブロンズ姫・秋麗など。

 

14339457_948471981927834_1680429439_o

グラプトペタルムの朧月を葉挿しで根と芽が出た状態。

▼多肉植物のグラプトペタルムについて

グラプトペタルム

  • グラプトペタルムはロゼット状に葉が重なり、上に伸びて生長する品種がほとんどです。初心者向けの品種も多く、寄せ植えなどに多く使われます。地植えにしても丈夫に育つ「朧月」やブロンズ色がきれいな「ブロンズ姫」、白っぽい葉が美しい「秋麗」、ピンクに紅葉する「パルヴォリバー」など種類も豊富にあります。

    また増やすのも容易な品種も多く、葉挿しをするとたくさん増やすことが可能です。

 

パキフィツム

星美人

ふっくらとした葉が特徴的なパキフィツム。フーケリー・月美人・星美人など。

 

葉から増えていく姿は、すごい生命力ですよね。多肉植物の葉から芽が出たときのうれしさやワクワクをぜひ実感しみてはいかがでしょうか。

 

育った株はお友だちや大切な人に分けたり、寄せ植えに使ったりできます。大切に育てた多肉植物を葉挿しで増やして楽しんでみてくださいね。

▼多肉植物をもっと知りたい!

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「多肉植物を葉挿し(はざし)で増やしてみよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

おすすめ