LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「え」からはじまる植物1-20件 / 全31件

エスキナンサス

エラチオールベゴニア(リーガースベゴニア)

エピデンドラム

えんどう(エンドウ・えんどう豆)

  • エンドウは大きく分けて、若い莢(さや)を食用とする「サヤエンドウ」と、未熟な豆を利用するグリーンピースのような「実エンドウ」、そして完熟した豆を乾燥させて利用する「エンドウ豆」とがあります。

    エンドウ豆は莢(さや)の硬さで硬莢種(こうきょうしゅ)と軟莢種(なんきょうしゅ)に分かれます。

    硬莢種(こうきょうしゅ)

    ・赤エンドウ豆(成熟豆)…みつまめやゆで豆

    ・青エンドウ豆(成熟豆)…煎り豆、煮豆、餡(鶯餡)

    軟莢種(なんきょうしゅ)

    サヤエンドウ

    グリーンピース(未成熟豆)

    最近リボベジとしても人気なスプラウトの一種「豆苗(とうみょう)」も、エンドウの若芽です。

    エンドウ豆は歴史が古く、紀元前7000年頃から南西アジアで栽培されていました。

    エジプトの有名なツタンカーメンの墓から出土するなど古代ローマやギリシャで栽培されるほど、歴史的にも大変古く重要な作物だったようです。

    後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀頃と言われていますが、日本でエンドウが食べられるようになったのは江戸時代以降。

    えんどう豆は早い時代からヨーロッパ系とアジア系に分かれて発展していきましたが、大豆があったためにアジアではあまり広がらなかったようです。

    エンドウ豆は、生物を習った方ならご存知の、遺伝子学で有名な「メンデルの法則」の実験に用いられた植物です。

ティランジア・エディシアエ

  • 真紅の花を咲かせる美花種で白いトリコームに覆われたボディが美しい有茎種です。

    不定芽をよく吹きますが生長が遅いです。基本的に強健で育てやすい品種と言えます。

ティランジア・エルトニアーナ

  • エルトニアーナは中型のティランジアで、硬く尖った葉が特徴的です。

    見た目は一般的な硬葉系ティランジアですが、花が素晴らしく、真っ赤な花序が下垂し、株が充実していると分岐します。

    花序の形も槍のような感じで大変カッコいいです。

    性質的には強健で生長速度も遅くなく、育てやすい品種なのですが、中々開花しないのが玉にきずです。

エーデルワイス

エシャレット

  • エシャレットという名前に、とても似た名前の野菜で、エシャロットというものがあります。時々同じものとして扱われますが、全く別の野菜です。

    エシャレットとは、若採りのラッキョウのことをいいます。当初若採りラッキョウが「エシャロット」として市場に出回ったため、今でも混同してしまう原因となっています。

    両者を間違わないようにするために、エシャロットを「ベルギーエシャロット」と呼ぶことが多いようです。

    らっきょうの若採りであるエシャレットは、辛みを持つ代表的な五大野菜「五辛(ごしん)」の一つではありますが、一般的ならっきょうほど香りやクセが強くなく、生のまま食べられます。

    ちなみに、エシャロットは玉ねぎの仲間で、主にオランダやベルギーなどヨーロッパからの輸入品が多くを占めます。

エンダイブ(チコレ)

  • 別名の「ニガチシャ」の名前の由来からも想像できるように、苦味が強い野菜です。

    栽培方法は、別名「チシャ」といわれているレタスに似ています。

    エンダイブは、チコリーと近縁種で、ヨーロッパ原産のキク科の野菜です。

    チコリーも苦味のある野菜のため、軟白栽培といって遮光して育てる方法を使って葉を甘くしますが、エンダイブも軟白処理という方法があります。

    エンダイブの軟白処理は、エンダイブの株ごと段ボールで覆い光を遮断する方法と、外葉を縛って若葉を遮光して、エンダイブの内部を甘くする方法があります。

エバーフレッシュ

  • 4~9月に黄色い花を咲かせ、その後真っ赤な実に黒い種をつけます。花後に赤い実(さや)をつけることから、「アカサヤネムノキ」という別名があります。

    その涼しげで、軽やかな葉が最大の魅力ですが、実は合歓(ねむ)の木の仲間です。昼は葉を広げ、夜になると閉じるといった変化を楽しむこともできます。

    合歓(ねむ)に似た花を咲かせ、夜になると葉を閉じて眠るという性質があります。環境適応能力が高いという特徴はありますが、同時に葉を落としやすい、水やりと冬越しに注意が必要といった育て方のポイントもあります。

12

人気の植物ランキング