エリカの育て方|植物図鑑

植物名
エリカ
学名

Erica

英名
Heath
和名
エリカ
別名・流通名
ヒース
科名
ツツジ科
属名
エリカ属
原産地
南アフリカ、ヨーロッパ

エリカの特徴

エリカとは、ツツジ科エリカ属の総称です。常緑性で、700種以上が南アフリカと一部ヨーロッパを中心に自生しています。日本にも鉢花や切り花で数十種類が流通しています。開花期は品種によって異なりますが、秋から春。冬の寒い時期を得意とし、夏の高温多湿が苦手です。ヨーロッパの「ヒース」と呼ばれる、土壌の悪い荒地で自生する強健種です。

日本では、秋から春にかけて、花の少ない季節に花壇を賑わせてくれる貴重な植物です。花色もピンク、白、黄色、赤と豊富で、スズランのような咲き方から、ラッパのように突き出すような咲き方のものまであります。すっと伸びた幹と針葉樹のような葉、そこに群れるようにたわわに咲く花が可愛らしい植物です。

エリカの詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 15~100cm(自生地では300㎝を越えるものもある)
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 ピンク、白、赤、黄など
開花時期 10~6月

エリカの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
挿し木

エリカの栽培環境

日当たり・置き場所

エリカは日当たり良く風通しの良い場所を好みます。

用土

エリカは荒地でも育つ強健な植物です。鉢植えのエリカは市販の培養土で問題なく育ちます。

エリカの育て方のポイント

水やり

エリカは多湿が苦手です。表土が乾いてから、たっぷりと水を与えます。

肥料

生長期の秋に有機肥料を施します。

病害虫

風通しが悪いとカイガラムシが付くことがあります。

エリカの詳しい育て方

選び方

株元からしっかりとグリーンの葉が茂っている株にしましょう。下の方の葉が黄色くなっているものは根詰まりを起こしている可能性がありますので、気をつけましょう。

植え付け

エリカの植え付けは、生育期の始まりの秋か、気温の低い初春に行います。夏の高温期は株の元気がなくなるので、植え付けは避けるようにします。

剪定・切り戻し

開花期間中は、花が終わった茎を半分くらいまで切り戻すことで、2回3回と花を楽しむことが出来ます。開花が終わったら短く切り詰めます。

植え替え・鉢替え

エリカの植え替えは生長期の秋か、初春に行います。夏の高温期は休眠しているので、根に負担をかけるような植え替えや鉢替えは避けましょう。

エリカは、原種、園芸種合わせて700種以上あると言われています。花の咲く時期は真夏以外、秋咲き、冬咲き、春咲きと、品種によって異なります。
花の咲き方も、スズランのような咲き方からラッパのような咲き方、色も、白、ピンク、黄色、赤など、非常にバリエーションに富んでいます。

収穫

エリカは一株でたくさんの花を咲かせます。開花したら摘み取ってドライフラワーにすることも出来ます。

夏越し

エリカは高温多湿が苦手です。夏は根を動かさないように注意しましょう。鉢植えのエリカは直射日光を避け、風通しの良い場所に移動させてください。

冬越し

エリカは冬が生長期です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

エリカは挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング