おしゃれな季節の寄せ植え|八重咲きアネモネ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

八重咲きアネモネ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのはアンティークカラーの「八重咲きアネモネ」。アネモネは、キンポウゲ科の耐寒性多年草(球根)です。今日は八重咲きアネモネ3ポットをメインにおしゃれな季節の寄せ植えを作りました。

アネモネ 八重 特徴

アネモネは、まだ花の少ない1月下旬くらいから5月頃まで華やかな花(花径10㎝ほど)を咲かせる球根植物。その美しい花姿は、切り花としても大変人気があります。

アネモネの品種は100品種以上あり、毎年のように新しい品種が出ています。花色は鮮やかではっきりしたものから、パステル色や複色系の優しい色合いまで様々です。今日は少しくすみのある落ち着いた色を選んでみました。

 

パンジー プリムラ アンティーク マリアージュ パルムヂィール

左:パンジー・パルムディール 右:プリムラ・アンティークマリアージュ

アンティークカラーの八重咲きのアネモネを使って寄せ植えを作るときに、ぴったりの相棒になってくれる草花として選んだのは、パンジー・パルムディールと、プレミアムプリムラのアンティークマリアージュ。

パンジー・パルムディールは、フリンジが強く、コロンと丸い何とも可愛い花姿。プレミアムプリムラのアンティークマリアージュは、シックでおしゃれなニュアンスカラーが絶妙に美しい特徴があります。

 

アネモネ プリムラ パンジー 季節の寄せ植え

八重のアネモネ3ポット、パンジー・パルムディール、プリムラ・アンティークマリアージュに、カラーリーフ3ポットを合わせて寄せ植えを作りました。

カラーリーフは、シルバー色のバロータ、ラミウム・スターリングシルバー、ライム色のヘリクリサム・ライムミニを使っています。株元はセダムで覆って仕上げました。

 

アネモネ 八重 特徴

今日はお天気が良かったので、久しぶりに寄せ植えを作りたくなりました。季節の寄せ植えを飾ると、その場がパッと明るく華やかになってやっぱりいいですね。

まだまだ春は遠いですが、園芸店に行くとカラフルな花苗がたくさん並んでいてワクワクします。気付くと、寒いことなど気にせず買い物かごを持って次々と苗を選んでいる自分がいます(笑)

寒い中で美しく育つ草花を見ると、自分も頑張ろうと元気がもらえますね。

 

▼アネモネの育て方はこちら

アネモネ

  • アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。アネモネの花びらに見える部分は、がく片です。 和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。 アネモネはまだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり、切り花や花壇で広く栽培されています。性質は日当たりを好み、寒さに当てないとつぼみができない性質があるのでの冬も屋外で育てましょう。 アネモネの品種は、100品種以上あり、毎年のように新しい品種ができています。以前は、発色のよい色が中心でしたが、最近はパステル系の複色系の品種もあり、花のサイズも大輪のものから小輪のものまで豊富に揃います。園芸用以外に、切り花としても春を代表する球根花です。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「おしゃれな季節の寄せ植え|八重咲きアネモネ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス