バラのドライフラワーの作り方!きれいに作るコツって?

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

バラをきれいなドライフラワーにする作り方のコツと、バラが生花からドライフラワーになる過程の色の変化をご紹介します。ドライフラワーの作り方のポイントを知ると、きれいなドライフラワーが作れるようになりますよ♪

使用したスプレーバラは「リリカ」。アプリコットピンク色のバラです。

このスプレーバラの名前は「リリカ」。アプリコットピンク色のスプレーバラです。

このバラをドライフラワーにしてみましょう!

バラのドライフラワーの作り方・目次

バラをドライフラワーにする大切なポイント

完全に開き切る前の新鮮なバラを使用する

バラを自然乾燥できれいなドライフラワーにするには、新鮮なバラのうちにドライフラワー作りの作業に入ることがポイントです!

あまりバラが咲き進んでからでは、花の色がきれいに出ないのです。かと言って、バラのつぼみが固すぎるのは早すぎ。バラのつぼみが開き始めたらドライフラワーにするための作業に入ります。
スプレーバラは「リリカ」

スプレーバラ「リリカ」

ちょっと開きだして、色がはっきりとしている段階でドライフラワー作りの作業を始めます。

 

こちらは生けて1週間以上たった生花のスプレーバラ・リリカ。  生け始めより、優しい肌色のようなピンクになります。生花としてはきれいな色ですが、ドライフラワーにするのには遅すぎます!  どうしても生花で楽しんだ後に、ドライフラワーにしたくなりますが、バラが新鮮なうちに乾燥させるのが、きれいなバラのドライフラワーを作るコツです。

こちらは生けて1週間以上たった生花のスプレーバラ・リリカ。

生け始めより、優しい肌色のようなピンクになります。生花としてはきれいな色ですが、ドライフラワーにするのには遅すぎます!

どうしても生花で楽しんだ後に、ドライフラワーにしたくなりますが、バラが新鮮なうちに乾燥させるのが、きれいなバラのドライフラワーを作るコツです。

目次に戻る≫

自然乾燥によるバラのドライフラワーの作り方

・直射日光の当たらない風通しのよい室内を乾燥場所に選びましょう。

・不要なバラの葉っぱは取り、1本ずつ頭を逆さにして吊り下げます。

・たくさんのバラをいっぺんに吊り下げて作ることもできますが、1本ずつ吊り下げるよりは乾燥するのに時間がかかります。

・吊り下げて数日後は、バラを触るとフニャフニャで柔らかい感じです。(触りすぎると傷みますのでご注意)

吊り下げてまもないリリカ。

吊り下げてまもないリリカ。

目次に戻る≫

同じ品種の生花のバラとドライフラワーのバラの色の違い

1~2週間で完成です!  写真奥のスプレーバラは、ドライフラワーにしている間、花瓶に生けておいたスプレーバラ。ドライフラワーにすると、花の直径は四分の一くらい、色も濃い目のピンクになりました。  同じ品種とは思えない色の変化です!  バラは、ドライフラワーにすると生花の時の色とは、まったく違う色に変化します。一般的には、生花の時より黒っぽい色になります。  例えば、赤いバラをドライフラワーにすると、黒っぽいバラになるので、赤いドライフラワーのバラにしたい時は、オレンジ色のバラを使うと赤っぽい色になります。  バラは色がかなり変化しますが、ドライフラワーにしてもほとんど色の変化がない花もあります。  (例・千日紅、ケイトウ、帝王貝細工、スターチス・・・など)

1~2週間で完成です!

写真奥のスプレーバラは、ドライフラワーにしている間、花瓶に生けておいたスプレーバラ。ドライフラワーにすると、花の直径は四分の一くらい、色も濃い目のピンクになりました。

同じ品種とは思えない色の変化です!

バラは、ドライフラワーにすると生花の時の色とは、まったく違う色に変化します。一般的には、生花の時より黒っぽい色になります。

例えば、赤いバラをドライフラワーにすると、黒っぽいバラになるので、赤いドライフラワーのバラにしたい時は、オレンジ色のバラを使うと赤っぽい色になります。

バラは色がかなり変化しますが、ドライフラワーにしてもほとんど色の変化がない花もあります。

(例・千日紅、ケイトウ、帝王貝細工、スターチス・・・など)

目次に戻る≫

 

 

\次はシリカゲルを使ったドライフラワーの作り方です/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「バラのドライフラワーの作り方!きれいに作るコツって?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ