育てて楽しもう!ドライフラワーにもなる秋の花9選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

最近、ドライフラワーが人気で、カフェやインテリアショップなどのお店にもドライフラワーを素敵に飾ってあるのをよく見かけるようになりました。生花と違って一度飾れば、ある程度の期間、飾ることができるので、気軽に生活を植物を取り入れることができるのがドライフラワーの良いところです。今回は秋に咲く花で、ドライフラワーにすることのできる花をご紹介します。自分で育てた花をドライフラワーにして楽しんでみませんか?

目次

ドライフラワーになる秋の花

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーにした時の色の変化と花の大きさ

ドライフラワー作りに向く季節って?

ドライフラワーになる秋の花

1.アナベル

初夏は白い花のアナベルですが、秋にかけて徐々にグリーン色に変化します。白のうちにドライフラワーにするのは難しいですが、秋色に変化してからは、簡単にドライフラワーにすることができます。大輪をそのまま飾ってもいいですし、小分けに分解してリースを作ってもいいですね!

咲き始めは、白い花のアナベルですが、秋にかけて徐々にグリーン色に変化します。白い花のうちにドライフラワーにするのは難しいですが、秋色に変化してからは、簡単にドライフラワーにすることができます。大輪をそのまま飾ってもいいですし、小分けに分解してリースを作ってもいいですね。

アナベルは、あじさいの仲間です。普通のあじさいと違うのは剪定の時期。あじさいは花が終わってすぐの7月ですが、アナベルは年明けの2月~3月なので、ゆっくりと秋色になるのを楽しめます。

 

▼寒冷地での10年もののアナベルの生長記録

 

2.千日紅

千日紅(せんにちこう)は、生花の状態でもカサカサとした触感なので、簡単にドライフラワーになります。花の時期は、初夏から秋深くまでと、長時間咲く花です。

千日紅(せんにちこう)は、生花の状態でもカサカサとした触感なので、ドライフラワーにしやすい花です。千日紅の花の時期は、初夏から秋深くまでと長時間咲く花なので、たくさんのドライフラワーを作ることができます。

 

千日紅の色は、赤、白、ピンクの濃淡があります。

千日紅の花の色は、赤、白、ピンクの濃淡があります。

 

3.帝王貝細工(ヘリクリサム

生花の時点でも、カサカサとした触り心地でドライフラワーのような帝王貝細工。6月から10月くらいまでの開花の一年草です。

 

生花の時点で、カサカサとした触り心地の帝王貝細工。6月から10月くらいまでの開花の1年草です。色彩が鮮やかでドライフラワーに最適です。

色彩が鮮やかで水分が少ない花なので、短期間でドライフラワーになる花です。

 

4.ブルーサルビア

初夏から秋深くまで咲く開花期間の長いブルーサルビアは、ドライフラワーにすることもできます。

初夏から秋深くまで咲く開花期間の長いブルーサルビアは、ドライフラワーにすることもできます。たくさん咲いた状態だと、花がポロポロと落ちやすいので、花が開きだす前に収穫してドライフラワーにした方がきれいです。出来上がりはラベンダーの様になりますよ。

 

サルビアを長くたくさんの花を楽しむ育て方のコツ

 

5.エキナセア

初夏から秋まで長く咲く宿根草、エキナセア。花の咲き始めは、中心が平面的な形をしていますが、花びらが散り始めるころには、中心がぷっくりと膨れてきます。花びらがついている時点でもドライフラワーにできますが、花が終わった後の中心が膨らんで実のような状態になった時が、ドライフラワーにするのに最適です。

初夏から秋まで長く咲く宿根草、エキナセア。花の咲き始めは、中心が平面的な形をしていますが、花びらが散り始めるころには、中心がぷっくりと膨れてきます。花びらがついている時点でもドライフラワーにできますが、花が終わった後の中心が膨らんで実のような状態になった時が、ドライフラワーにするのに最適です。

 

エキナセア

エキナセア

 

エキナセアの育て方

 

6.ケイトウ(セロシア)

ケイトウは、丈が高くなるものから矮性まで、品種豊富な秋の花です。品種によって、ケイトウという名前で出まわっているものと、セロシアという名前で出まわっているものがありますが、すべてケイトウの仲間です。色、咲き方も豊富で、ドライフラワーにしても色がきちんと残りやすい花です。

ケイトウは、丈が高くなるものから矮性まで、品種豊富な秋の花です。品種によって、ケイトウという名前で出まわっているものと、セロシアという名前で出まわっているものがありますが、すべてケイトウの仲間です。色、咲き方も豊富で、ドライフラワーにしても色がきちんと残りやすい花です。

 

セロシア

セロシア

 

ケイトウの育て方

 

7.ひまわり

ひまわりの花びらが散った状態。形のおもしろいドライフラワーになります。

ひまわりの花びらが散った状態は、形のおもしろいドライフラワーになります。

 

ひまわりの育て方

 

8.マリーゴールド

初夏から秋までと開花期間が長いマリーゴールド。ドライフラワーにしてもきれいに色が残ります。

初夏から秋までと開花期間が長いマリーゴールド。ドライフラワーにしてもきれいに色が残る花です。

 

マリーゴールドの育て方

 

9.オレガノケントビューティー

観賞用のオレガノ・ケントビューティー。ドライフラワーにしても優しい色合いになって素敵です。

 

オレガノ・ケントビューティーの飾り方

目次に戻る≫

ドライフラワーの作り方

1.花の収穫から乾燥させるまで

・ドライフラワーを収穫する時間帯は、夕方か朝のうちにしましょう。昼間は植物にとっては水分を発散する時間帯なので、水が下がりやすいです。

・自然乾燥できれいなドライフラワーを作るには、花が新鮮なうちにドライフラワー作りの作業をすることがポイントです。花が咲き進んでからでは、色がきれいに出なかったり、花びらがぽろぽろと落ちてしまったりします。かと言ってつぼみが固すぎるのも早すぎ。ちょうど良いタイミングを見極めましょう。

・花を収穫したら一度バケツに入れて、水分をたっぷりと吸水させてからドライフラワーにする作業に入ります。

・花屋さんで買ってきた生花をドライフラワーにする場合も、一度しっかりと吸水させてから作業に入ります。

2.自然乾燥でのドライフラワーの作り方

・直射日光の当たらない風通しのよい室内を乾燥場所に選びます。

・不要な葉っぱを取り、1本ずつ頭を逆さにして吊り下げます。たくさんの本数をいっぺんに吊り下げて作ることもできますが、1本ずつ吊り下げるよりは乾燥するのに時間がかかります。

・吊り下げて数日後は、花を触るとフニャフニャで柔らかい感じです。(触りすぎると傷みますのでご注意)

目次に戻る≫

ドライフラワーにした時の花の色の変化と花の大きさ

スプレーバラの生花と、それをドライフラワーにしたもの。花によって差がありますが、ドライフラワーにすると、色が濃いめになり、花のサイズも縮みます。色の変化は、白っぽい花はベージュ・茶系に、赤は黒っぽい赤になったりと、元の色とは違った色に変色します。

左がスプレーバラの生花の状態、右が花が完全にドライフラワーになったものです。バラはドライフラワーにすると花色がとても変化する花です。

花によって差がありますが、ドライフラワーにすると、色が濃いめになり、花のサイズも縮みます。色の変化は、白っぽい花はベージュ・茶系に、赤は黒っぽい赤になったりと、元の色とは違った色に変色します。ただし、千日紅のように、生花とドライフラワーの状態の花の色にほとんど変化がない花もあります。

目次に戻る≫

ドライフラワー作りに向く季節って?

湿度が低めで乾燥した時期が向きます。時期としては、春と秋から冬がドライフラワー作りに適しています。花の種類によって、乾燥までの時間は違いますが、1~3週間でドライフラワーになります。ドライフラワーにする上で大事なのは、干して2~3日が一番重要です。天気予報を見て、最初の数日間、晴れが続きそうな日に作業をすると、素早く水分が蒸発するので、きれいなドライフラワーができます。

目次に戻る≫

秋はドライフラワー作りに向いている季節です。花屋さんで買った花もよいけれど、自分で育てた花で作ったドライフラワーで、リースやスワッグを作ってみませんか?

 

関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「育てて楽しもう!ドライフラワーにもなる秋の花9選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ