猛毒だけど美しい!トリカブトの魅力

松本卓

松本卓

1468views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

トリカブトと言えば猛毒の植物として有名で、ヨモギと葉の形が酷似していることから、誤って食べてしまう事故も発生しています。

そんなトリカブトですが、花の美しさから様々な品種があったりと、魅力がたくさんあります!今回はそんなトリカブトの魅力をご紹介します!

 

目次

トリカブトとは

トリカブトの魅力

トリカブトの毒

 

トリカブトとは

トリカブトはキンポウゲ科トリカブト属に分類される北半球の温帯~亜寒帯原産の植物です。日本には約30種類ほどのトリカブトがあり、いずれも有毒です。

トリカブトは日本三大毒草(トリカブト、ドクゼリ、ドクウツギ)の一つで、根を始めとした全草に毒があります。

このように毒を持つ植物の代表格として知られるトリカブトですが、実は生け花で広く用いられる、ポピュラーで育てやすい園芸種でもあります。

そのため、毒草と聞いて栽培できるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、トリカブトは花や葉の美しさから園芸品種が多くあり、売買も育てるのも問題ありません。

漢方では附子(ぶし)としてトリカブトの根が使われています。

開花時期は8月~10月で、湿度が高い森に主に生えています。

目次に戻る≫

トリカブトの魅力

トリカブトは花はもちろんのこと、葉にも魅力のある植物です。

トリカブトの花

トリカブトは花の形が鳥兜(烏帽子)に似ていることから、トリカブトと呼ばれるようになりました。  紫色の花が一番メジャーですが、白やピンク、黄、緑といった花色のものもあります。  花の大きさは2~3cmほどで可愛らしく、同時にいくつもの花が開花した瞬間や、オリエンタルトリカブトと呼ばれる神楽鈴のように花が連なるものは、大変観賞価値が高いです。  茎が20cm程度までしか伸びない矮性種や数メートルにまで伸びるものなどがあります。  トリカブトは全草に毒があるため、花の花粉にも毒が含まれます。そのため、トリカブトの花粉が使われたハチミツは食べることができないため、自分で養蜂をする場合は注意が必要です。

トリカブトは花の形が鳥兜(烏帽子)に似ていることから、トリカブトと呼ばれるようになりました。

紫色の花が一番メジャーですが、白やピンク、黄、緑といった花色のものもあります。

花の大きさは2~3cmほどで可愛らしく、同時にいくつもの花が開花した瞬間や、オリエンタルトリカブトと呼ばれる神楽鈴のように花が連なるものは、大変観賞価値が高いです。

茎が20cm程度までしか伸びない矮性種や数メートルにまで伸びるものなどがあります。

トリカブトは全草に毒があるため、花の花粉にも毒が含まれます。そのため、トリカブトの花粉が使われたハチミツは食べることができないため、自分で養蜂をする場合は注意が必要になります。

トリカブトの葉

トリカブトは花を観賞するために育てているという方が多いですが、葉も非常に魅力的なんです。  トリカブトは斑入りの園芸品種がいくつかあり、非常に美しい葉を見せてくれます。

トリカブトは花を観賞するために育てているという方が多いですが、葉も非常に魅力的なんです。

トリカブトは斑入りの園芸品種がいくつかあり、非常に美しい葉を見せてくれます。画像のトリカブトは伊予錦という園芸品種です。

寒さに強く育てやすい

トリカブトは日本の山などに分布している高山植物のため、寒さに強いです。

そのため、初心者の方でも比較的楽に冬越しをすることができ、庭植えにしているトリカブトはよほど乾燥しない限り放置しておいて問題ないでしょう。

ネックなのは暑さに弱いところですが、これも日陰で風通しの良い涼しい場所に置いておけばさほど気にする必要はないでしょう。

多年草で地表部が枯れてしまったとしても、地中の塊根が残っていれば復活することもあるため比較的育てやすい山野草になります。

このように暑さで葉が落ちてしまったトリカブトも、根元近くから茎を剪定したところ新葉が展開してきました。

このように暑さで葉が落ちてしまったトリカブトも、根元近くから茎を剪定したところ新葉が展開してきました。

目次に戻る≫

トリカブトの毒

トリカブトの毒はアルカロイド系アコニチンが主成分となっています。

非常に強力な毒でサスペンスドラマや推理小説では犯行に使われた毒として登場したりしますよね。

昔の日本ではトリカブトの毒を矢じりに塗って狩りをしていたという記録が残っています。

また、トリカブトは根だけでなく葉や茎、花粉に至るまで毒を持っているので、手に傷がある状態のときは直接触らないように注意してください。

トリカブトの毒は確かに強力ですが、過剰に怖がる必要はありません。

目次に戻る≫

 

いかがでしたでしょうか。猛毒で有名なトリカブトですが、園芸種も出ています。様々な魅力を見つけてみませんか?

 

▼関連記事

トリカブト

  • トリカブトはキンポウゲ科トリカブト属に分類される北半球の温帯~亜寒帯原産の植物です。日本には約30種類ほどのトリカブトがあり、いずれも有毒です。

    トリカブトは日本三大毒草(トリカブト、ドクゼリ、ドクウツギ)の一つで、根を始めとした全草に毒があります。

    このように毒を持つ植物の代表格として知られるトリカブトですが、実は生け花で広く用いられる、ポピュラーで育てやすい園芸種でもあります。

    そのため、毒草と聞いて栽培できるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、トリカブトは花や葉の美しさから園芸品種が多くあり、売買も育てるのも問題ありません。

    漢方では附子(ぶし)としてトリカブトの根が使われています。

    開花時期は8月~10月で、湿度が高い森に主に生えています。

    多年草で、冬は地上部を枯らして越冬します。20cmほどの矮性種から1mを超えるものまで、種によって草丈は様々です。

    名前の由来にもなったように、兜のように見える独特の袋状をした花を咲かせます。

    これはミツバチなど虫たちが奥まで入り込むことで効率的に授粉できるようにした工夫です。

    ただし、花粉にも毒があるので、トリカブトが咲く季節になると養蜂家たちはミツバチを巣箱から出さないようにするそうです。

「猛毒だけど美しい!トリカブトの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

オススメ特集