クルクマの可憐な花を育てたい!球根からの簡単な育て方や種類、ターメリックとの関係

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

クルクマの可憐なお花は、初夏から夏にかけて咲きます。クルクマのお花の種類、球根からの育て方についてご紹介します。また、お花を楽しむクルクマとターメリックとの関係についてもご紹介します。

 

目次

クルクマの種類と基本情報

クルクマとターメリック(ウコン)の関係

クルクマの球根の正体

クルクマのお花の不思議|どこがお花?なんで長持ち?

クルクマの育て方|球根から育ててみよう!

クルクマの可憐で長持ちする花を飾って楽しもう!

 

クルクマの基本情報

科名:ショウガ科クルクマ(ウコン)属  学名:Curcuma alismatifolia(クルクマ・シャローム)     Curcuma petiolata(クルクマ・ペティオラータ)     Curcuma longa(ターメリック)  英名:Siam tulip(サイアムチューリップ)     Turmeric(ターメリック)  分類:非耐寒性多年草、球根(塊茎)植物  原産地:インドともタイとも言われている  花期:7~9月  花色:ピンク、白、グリーン    一般的に「クルクマ」の名前で鉢植えや切り花として流通しているものは、クルクマ・シャローム(学名:Curcuma alismatifolia)とクルクマ・ペチオラータ(学名:Curcuma petiolata)の仲間です。さらにはカレーにも使われるスパイス、「ターメリック(ウコン)」もクルクマ(学名:Curcuma longa)です。「Curcuma クルクマ」という学名を日本語に直訳すると「ウコン」となります。

クルクマ

科名:ショウガ科クルクマ(ウコン)属

学名:Curcuma alismatifolia(クルクマ・シャローム)

   Curcuma petiolata(クルクマ・ペティオラータ)

   Curcuma longa(ターメリック)

英名:Siam tulip(サイアムチューリップ)

   Turmeric(ターメリック)

分類:非耐寒性多年草、球根(塊茎)植物

原産地:インドともタイとも言われている

花期:7~9月

花色:ピンク、白、グリーン

クルクマは、ショウガ科の球根植物です。一般的に「クルクマ」の名前で鉢植えや切り花として流通しているものは、クルクマ・シャローム(Curcuma alismatifolia)とクルクマ・ペチオラータ(Curcuma petiolata)の仲間で、お花を楽しむタイプのクルクマです。

カレーに使われるスパイス、「ターメリック(ウコン)」もクルクマ(Curcuma longa)です。「クルクマ(Curcuma)」という学名を日本語に直訳すると「ウコン」となります。

クルクマ

  • 盛夏、花が少なくなる季節に爽やかで明るい色の可憐な花を咲かせてくれる耐寒性球根植物です。花色は白やピンク、グリーンと豊富で、蓮を思わせるような形状をしています。花に見えている部分は花ではなく包葉(ほうよう)といって、花を包んでいる葉です。この包葉のなかに小さな花を咲かせます。矮性種から草丈50㎝位になるものまで種類も豊富です。同じクルクマ属にウコンがあります。

目次に戻る≫

クルクマとターメリック(ウコン)の関係とは?

クルクマについて調べていると「ターメリック」だったり「ウコン」だったりといろんなキーワードが登場してきて、何だかわからなくなってきますよね。クルクマの種類について少し整理してお話しましょう。

クルクマについて調べていると「ターメリック」だったり「ウコン」だったりといろんなキーワードが登場してきて、何だかわからなくなってきます。クルクマの種類について少し整理してお話しましょう。

クルクマという名前について

クルクマ(Curcuma)」は、ショウガ科クルクマ(ウコン)属の植物の総称です。ショウガの仲間であり、二日酔いに効くと有名なウコンなのです。さらに「ウコン」とはカレーに使われているスパイスで有名なターメリックのことを指す日本語です。

可愛いお花を楽しむタイプのクルクマ

クルクマ・シャローム(Curcuma alismatifolia)やクルクマ・ペティオラータ(Curcuma petiolata)は、切り花や鉢植えで出回る、お花を楽しむタイプのクルクマです。流通時期は夏、花色はピンクや白、グリーンで、蓮を思わせるような可憐で優しい色と形状をしています。花の種類が少なくなる真夏に生き生きとしたお花を咲かせてくれます。さらに最近の真夏の猛暑は切り花には厳しく、他の花が数日しかもたないところを、クルクマは悠々と1週間から10日程度咲き続けてくれます。

タイ山岳部ではクルクマの群生を見られるスポットもあるようです。山を登って行った先に広がるクルクマの群生は、きっととても美しい光景なのでしょう。

ターメリック(ウコン)=クルクマというややこしさ

ターメリック(Curcuma longa)は、いわゆるウコンです。カレーやエスニック料理に多用され、二日酔いにも効くといわれている黄色いスパイスです。どうしてクルクマとターメリック(ウコン)が関係あるのでしょう。

実は、クルクマとターメリック(ウコン)は同じ植物を指します。日本語、学名、英語、様々な名前で流通していますが、同じものを指しています。

・ウコン…日本語

クルクマ(Curcuma)…学名

・ターメリック(Turmeric)…英語

・インドサフラン(Indian saffron)…英語

ターメリック(ウコン)と呼ばれるスパイスは、球根(塊茎)部分をすり潰したり乾燥させて粉末にしたものを使用しています。ウコン(ターメリック)の有効成分とされているのは「クルクミン」です。

目次に戻る≫

クルクマの球根の正体

クルクマは球根植物とも多年草とも表記されています。図鑑やサイトによって表記がまちまちなので混乱している方も多いのではないでしょうか。この分類についてはどちらも正解です。非耐寒性多年草であり、球根植物です。「冬の寒さに耐えられず地上部の葉や茎は枯れてしまうけど、地下にある茎や根は生きていて、何年か生き続ける」のが、非耐寒性多年草です。  クルクマの球根は塊茎といって、地下茎の肥大したものです。これは球根のなかの一種類になります。ショウガの仲間だから、と思うとこの形にも何だか納得できます。ターメリックの形はちょっとショウガに似ています。球根というとチューリップの球根のような形を想像しているとちょっとイメージとは違うかもしれませんね。  この塊茎がカレーに入っているターメリックになります。ターメリックはクルクマの球根のことを指しているんですね。実際にバリ島を旅行した際に、市場でターメリックを購入しようとしたら「クルクマ」と書かれた袋を出されて少し困惑した記憶があります。

クルクマは球根植物とも多年草とも表記されています。図鑑やサイトによって表記がまちまちなので混乱している方も多いのではないでしょうか。この分類についてはどちらも正解です。クルクマは非耐寒性多年草であり、球根植物です。「冬の寒さに耐えられず地上部の葉や茎は枯れてしまうけど、地下にある茎や根は生きていて、何年か生き続ける」のが、非耐寒性多年草です。

クルクマの球根は塊茎といって、地下茎の肥大したものです。これは球根のなかの1種類になります。ショウガの仲間だから、と思うとこの形にも何だか納得できます。ターメリック(ウコン)の形はちょっとショウガに似ています。球根というとチューリップの球根のような形を想像していると、クルクマの球根はちょっとイメージとは違うかもしれませんね。

この塊茎がカレーに入っているターメリック(ウコン)になります。ターメリック(ウコン)はクルクマの球根のことを指しているんです。実際にバリ島を旅行した際に、市場でターメリックを購入しようとしたら「クルクマ」と書かれた袋を出されて少し困惑した記憶があります。

目次に戻る≫

クルクマのお花の不思議|どこがお花?

クルクマはすーっと真直ぐに伸びた茎の先に、ピンク色や白のたいまつのような蓮のような可憐な花を咲かせます。実はこの花に見えている部分は花ではなく包葉(ほうよう)といって、花を包んでいる葉です。この包葉のなかに小さな小さな薄紫色の花を咲かせます。花はとても小さくて目立たない上に花期も短いので、花が咲いていることに気付かない人も多いでしょう。  包葉が花のように美しく観賞価値があるので、一般的にはこれを花と同じように扱っています。切り花や鉢植えなどで楽しまれているものはすべてこの包葉です。

クルクマはすーっと真直ぐに伸びた茎の先に、ピンク色や白のたいまつのような、蓮のような可憐な花を咲かせます。実はこの花に見えている部分は花ではなく包葉(ほうよう)といって、花を包んでいる葉です。クルクマは、この包葉のなかに小さな小さな薄紫色の花を咲かせます。クルクマの花はとても小さくて目立たない上に花期も短いので、花が咲いていることに気付かない人も多いでしょう。

クルクマは、包葉が花のように美しく観賞価値があるので、一般的にはこれを花と同じように扱っています。一般に切り花や鉢植えなどで花を楽しまれているクルクマは、すべてこの包葉です。

目次に戻る≫

クルクマの育て方|球根から育ててみよう!

観賞用クルクマは球根でも鉢植えでも流通しています。せっかくの機会ですからクルクマを自宅で育ててみませんか。クルクマは耐寒性がなく冬越しが難しいので春に植えて夏に花を楽しみ、秋に掘り上げるというサイクルで管理します。

観賞用のクルクマは球根でも鉢植えでも流通しています。せっかくの機会ですからクルクマを自宅で育ててみませんか。クルクマは耐寒性がなく冬越しが難しいので春に植えて夏に花を楽しみ、秋に掘り上げるというサイクルで管理します。

クルクマの球根からの簡単な育て方

植え付け

クルクマの植え付けは、4月後半から5月くらいがいいでしょう。十分に暖かくなってから行います。日当たりの良い場所で、土がふかふかに温まってからがいいでしょう。クルクマは、肥沃な土壌を好みます。植える場所を決めたら、事前に腐葉土などを漉き込んで土をふわふわにしておきます。鉢植えの場合は、深めのものを選んでください。クルクマの球根はばらさずそのまま5~6cmの深植えにします。

クルクマは発芽までに1か月程度かかります。「植えたけど芽が出てこない」と不安になるかもしれませんが、少し気長に待ってあげてくださいね。

クルクマは、水はけ良く保水力もあり肥沃な土壌を好みます。植え付け前に土を確認して、水はけが悪いようであれば赤玉土やピートモスを混ぜ込んで水はけのいい土にしておきます。併せて腐葉土も漉き込んでふわふわの土にします。鉢植えであれば、市販の培養土で問題ありません。

水やり

夏の生育期は水を切らさないように管理します。ただしクルクマは、与え過ぎると球根が腐ってしまう危険があるので、表土が乾いたらたっぷりと。鉢植えの場合は、下から水が流れ出てくるくらい与えます。夏場の水やりは早朝か夕方に行うようにしてください。昼間の暑さは土中の水分の温度を上げてしまうので、根が傷みやすくなります。

日当たり

クルクマは、日当たりのよい場所を好みます。夏の暑さが大好きですので、日当たりの良い場所で管理してください。

冬越し

秋に葉が黄色くなり始めたら、クルクマの球根を掘り上げます。枯れた葉を整理し、冬でも10℃以下にならない場所で球根を貯蔵します。

クルクマの育て方の注意点

夏場は水を切らさないように管理します。クルクマは耐寒性がないので、冬場は葉が黄色く枯れ始めたら早めに掘り上げます。株分けをする場合は、春の植え付け時に球根を切り分けるようにします。

目次に戻る≫

夏は可憐なクルクマの切り花を飾ろう

切り花として流通しているクルクマは花の部分が7~10㎝くらいあるものから、3~5㎝程度の小ぶりなものまであります。色もグリーンもあれば、白やピンクと豊富です。真直ぐに伸びた茎の先に何層にも重なった蓮を思わせる花を咲かせるので、横からの姿も美しく、高さを活かしたアレンジメントにしてもきれいです

切り花として流通しているクルクマは花の部分が7~10cmくらいあるものから、3~5cm程度の小ぶりなものまであります。色もグリーンもあれば、白やピンクと豊富です。真直ぐに伸びた茎の先に何層にも重なった蓮を思わせる花を咲かせます。クルクマの切り花は、横からの姿も美しいので、高さを活かしたアレンジメントにしてもきれいです。

クルクマは花びらのような包葉がロゼット状に広がっているので真上からの眺めも美しく、花束やブライダルブーケなど、お花の正面の顔を活かしたアレンジにも向いています。クルクマの中でも特に、メーテン・サンライズやチェリープリンセスといった品種は、花も小ぶりで、南国のお花とは思えない草花のような可憐なたたずまいが人気です。

何よりも花のように見える包葉が、花の少ない真夏に長く咲き続けるので非常に大活躍してくれるお花です。丈夫で長持ちしてくれる可憐なクルクマのお花、さらにカレーの材料として昔から馴染み深いターメリック(ウコン)、どちらもとても魅力的な植物です。耳馴染みのあまりない名前の植物ですが、これを期にもっとクルクマを身近に感じて みてください。

▼関連記事

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クルクマの可憐な花を育てたい!球根からの簡単な育て方や種類、ターメリックとの関係」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ