編集部のこぼれ種#15「育てたガーベラを生ける」

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

我が家ではベランダで植物を育てています。初夏のこの時期は、冬越しした草花がたくさんの花を咲かせてくれています。

先日記事にしたガーベラも綺麗に咲いたので、剪定して生けてみました。

先日記事にしたガーベラも綺麗に咲いたので、剪定して生けてみました。

 

 使用した花材はこちら。  左から  クレマチス(蕾) コロニラ ガーベラ 姫リョウブ ガーベラ以外の花材はお花屋さんで購入しました。

使用した花材はこちら。

左から

ガーベラ以外の花材はお花屋さんで購入しました。

 

ガーベラを生ける時のポイントは、茎をまっすぐに切ること。他の草花であれば、給水面を広げるために茎を斜めに切ることが多いのですが、ガーベラは茎が腐りやすいので、写真のように茎を切ります。

ガーベラを生ける時のポイントは、茎をまっすぐに切ること。他の草花であれば、給水面を広げるために茎を斜めに切ることが多いのですが、ガーベラは茎が腐りやすいので、写真のように茎を切ります。

 

まずは土台づくりから。3本のガーベラをそれぞれ別の方を向くように生けます。コロニラはあしらいに動きを出るように、垂れ流しています。

まずは土台づくりから。3本のガーベラをそれぞれ別の方を向くように生けます。コロニラはあしらいに動きが出るように、流れるように生けてみました。

 

 次はクレマチス。広がりを持たせるため、それぞれ別方向に蕾の先が向くように生けています。

次はクレマチス。広がりを持たせるため、それぞれ別方向に蕾の先が向くように生けています。

 

最後に姫リョウブが一番高くなるようにカットし、生けます。花や葉っぱの引っ掛かりやバランスを整えたら完成です!

最後に姫リョウブが一番高くなるようにカットし、生けます。花や葉っぱの引っ掛かりやバランスを整えたら完成です!

 

ガーベラは茎が柔らかく、水に浸かると傷みやすいので、花瓶の中の水は浅めにします。出来るだけ毎日、茎を切り戻してあげるとしっかり長持ちしますよ。

ガーベラは茎が柔らかく、水に浸かると傷みやすいので、花瓶の中の水は浅めにします。出来るだけ毎日、茎を切り戻してあげるとしっかり長持ちしますよ。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「編集部のこぼれ種#15「育てたガーベラを生ける」」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス