八重揚羽(ヤエアゲハ)|華やかな遅咲きの梅(ウメ)

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

八重揚羽(ヤエアゲハ)

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「八重揚羽(ヤエアゲハ)」。梅は初春のまだ寒い時期に花が咲くイメージがありますが、八重揚羽は、3月~4月頃に開花する華やかな遅咲きの梅です。

梅(うめ)八重揚羽 特徴 育て方

梅は中国原産のバラ科の落葉小高木で、日本にはかなり古い時代に渡って来たと言われています。開花は2月~3月頃で、品種や地域によってばらつきがあります。花には甘い芳香があり、形は一重咲きや八重咲き、色は赤、白、ピンクなどさまざまです。梅は、観賞用の花梅(はなうめ)と、食用の実梅(みうめ)があります。

花、香り、実を楽しめる、春を告げる花木として広く親しまれ、古くから庭や公園などに植えられてきました。本来は樹高10mにもなるのですが、剪定して3~5mくらいで管理されている姿をよく見かけます。現代の花見と言えば桜ですよね。でも、昔の花見は梅が主流だったそうですよ。梅の美しさを見れば、それも納得できます。

各地に梅の名所があるので、梅を見に出かけた方も多いのではないですか。私も今年、梅園や公園など様々な場所で色々な種類の梅を見ました。どれも美しくそれぞれ印象深かったのですが、中でも一番華やかだと思ったのは八重揚羽です。

 

梅(うめ)八重揚羽 特徴 育て方

八重揚羽は、八重咲きの大輪でとても豪華。花径は3~4㎝ほどあり、そのかわいらしさが目を引きます。初春から咲いていた梅が散り始めた頃に咲き始めるので、今年は梅を見逃してしまった!と思う頃に咲いています。

 

梅(うめ)八重揚羽 特徴 育て方

梅は、花の特徴や木の性質などから野梅系・緋梅系・豊後系に分けられます。八重揚羽は豊後系(ぶんごけい)に入るのですが、豊後系は梅と杏(アンズ)との雑種で、杏に似て花は桃色で大輪のものが多く、遅咲きの特徴があります。花の香りは控えめ、樹勢剛健で枝が太りやすく、葉は丸葉で大きくて表面に毛があります。(梅は葉が出る前に花が咲くので、写真には葉が写っていません。)

 

梅(うめ)八重揚羽 特徴 育て方

梅の観賞の楽しみは、花、香りのほかに、枝ぶりもありますよね。八重揚羽のラブリーな花からイメージできないようなかっこいい枝ぶり。中心の幹が太く力強くうねりながら空に向かって伸びていて、ものすごい生命力を感じました。庭木として育てるのであれば、自分好みの樹形に育てる楽しみも出てきますね。

皆さんのお近くにも八重揚羽は咲いていますか?とても華やかで可愛らしく、見ると気持ちがふんわり明るくなります。幹や枝からは強いパワーももらえそうです。ぜひ探してみてくださいね。

 

▼梅(ウメ)の関連記事はこちら

梅(ウメ)

  • 梅(ウメ)は、初春のまだ寒い時期に香りのよい花を咲かせる落葉高木です。日本には中国からかなり古い時代に薬用として渡来しました。梅(ウメ)の樹高は10mに達しますが、3~5m程度で管理され、古くから花、香り、果実の3拍子揃った春を告げる落葉花木として全国各地で植栽され広く親しまれています。 梅(ウメ)の枝は広く張り、葉は長さ5~8cm程度で二重鋸歯があります。花は2年枝の細く短い枝に2.5センチ程度の花をつけます。梅(ウメ)は品種によって開花期に違いがあります。性質上、野梅性・緋梅性・豊後性・杏性の4系統に分けられますが園芸上は花を観賞する梅と果実の収穫を目的とする梅に分けられます。 果樹としては各地に産地があり、観賞樹としては庭や公園に春を告げる木として好んで植えられます。また、梅(ウメ)は花もの盆栽の代表格です。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「八重揚羽(ヤエアゲハ)|華やかな遅咲きの梅(ウメ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス