摘んだビオラのお花♪やってみたい室内での楽しみ方!

持永久美子

持永久美子

18158views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時期、お庭やベランダでビオラが綺麗に咲き誇っていますね。花びらの模様や色合いが種類豊富で人気の草花です。

その愛らしいビオラのお花、お外だけで楽しむのはもったいない!と思いませんか?

せっかくの可愛いお花、お家の中でも楽しんでみませんか?来客時などにビオラを飾ると季節感を取り込んだおもてなしができます。今回はビオラを室内で飾って楽しむアイデアをご紹介させていただきます。

 

目次

切り花として使う

フォトフレームに入れて

 

切り花として使う

カットしたビオラをシンプルにコップに。草丈が短いのでちょっと多いかな?と思うくらいたっぷり使うのがおすすめです。クローバーやアイビーなどのグリーンを少しでも入れるとバランスが良くなります。

カットしたビオラをシンプルにコップに。草丈が短いのでちょっと多いかな?と思うくらいたっぷり使うのがおすすめです。クローバーやアイビーなどのグリーンを少しでも入れるとバランスが良くなります。

 

テーブル、飾り棚にはもちろんバスルームや洗面所にも置くと和みますね

テーブル、飾り棚にはもちろんバスルームや洗面所にも置くと和みますね

 

フォトフレームに入れて

切り花を飾る感覚でその日の気分に合わせてお好みの花びらで遊んでみませんか?  浅いお皿に水をはって花びらを浮かべるのも素敵です◎

切り花を飾る感覚でその日の気分に合わせてお好みの花びらで遊んでみませんか?

浅いお皿に水をはって花びらを浮かべるのも素敵です◎

 

ちゃんとプレスして乾燥させた押し花も素敵ですが、作成に時間がかかるのとどうしても少し色が褪せてしまいます。今回はビオラの花びらを摘み取ってフレッシュなうちにすぐにフォトフレームにはさみました。もちろん押し花ではないので、時間が経過していくと花びらがしおれはじめるので長期観賞用には向きません。

ちゃんとプレスして乾燥させた押し花も素敵ですが、作成に時間がかかるのとどうしても少し色が褪せてしまいます。今回はビオラの花びらを摘み取ってフレッシュなうちにすぐにフォトフレームにはさみました。もちろん押し花ではないので、時間が経過していくと花びらがしおれはじめるので長期観賞用には向きません。

 

ビオラは沢山咲いているので、その日の気分で花びらを選んで配置して飾るのはとても楽しい作業です。両面ガラスのフォトフレームにただ並べて挟んだだけなのに透明感ある素敵な作品が簡単に作れます。

ビオラは沢山咲いているので、その日の気分で花びらを選んで配置して飾るのはとても楽しい作業です。両面ガラスのフォトフレームにただ並べて挟んだだけなのに透明感ある素敵な作品が簡単に作れます。

 

1種類だけを葉&茎が付いた状態で使用すると・・・

1種類だけを葉&茎が付いた状態で使用すると・・・

 

標本のようなシックな佇まいの作品に。

標本のようなシックな佇まいの作品に。

 

両面透明のフォトフレームだと見えない裏側も実はこっそりかわいくてほっこり。

両面透明のフォトフレームだと見えない裏側も実はこっそりかわいくてほっこり。

 

またお花がしおれてきたら花びらを取り替えたらいいので気楽に楽しめますね。

またお花がしおれてきたら花びらを取り替えたらいいので気楽に楽しめますね。

 

もちろん時間があるときには押し花を作ることもオススメです。長期間飾れるし、シーズン以外にもビオラを楽しめるのは嬉しいですね。下の写真は1カ月前くらいに押し花にしたものです。葉っぱはミモザと四つ葉のクローバーです。

もちろん時間があるときには押し花を作ることもオススメです。長期間飾れるし、シーズン以外にもビオラを楽しめるのは嬉しいですね。下の写真は1カ月前くらいに押し花にしたものです。葉っぱはミモザと四つ葉のクローバーです。

 

上からフレッシュなもの、1カ月前のもの、3年位まえのもの。色の経過変化の観察も楽しいですね。

上からフレッシュなもの、1カ月前のもの、3年位まえのもの。色の経過変化の観察も楽しいですね。

 

いかがでしたか?

今が満開の時期を迎えた可愛いビオラの花、お庭やベランダのものをお部屋に取り込んでその愛らしい姿を少しでも長く近くで楽しめればいいですね。

▼関連ワード

「摘んだビオラのお花♪やってみたい室内での楽しみ方!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
持永久美子
持永久美子

平田ナーセリーで園芸店勤務後、P2&Associates Inc.にてインドアプランツ専門店Plants・Plantsのマネージャーとして新店舗立ち上げ・接客・販売・在庫管理等の業務に従事。植物だけでなく、動物や雑貨も大好きです。結婚を機に東京に移り、子供と一緒に植物のある生活を楽しんでいます。LOVEGREENでは、観葉植物のおしゃれな飾り方や実践したくなるライフスタイル提案、実際に自宅で育てている植物の写真を使った記事を配信。

おすすめ