苗から育てたいガーデニングビギナーの強い味方現わる!肥料×殺虫×殺菌の効果が1つに。[PR]

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

9537views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園や植物のある暮らし。憧れますよね。でも上手く育てられないから私には無理。とあきらめていませんか?

今回は、葉からの栄養補給と同時に害虫や病気から守り、植物を苗から丈夫に育てることができるベニカワイドケアスプレーをご紹介します。

なぜうまく育たないの?

ベランダや庭で植物を育てたくなる季節。ベランダ菜園やガーデニングを始めたのはいいけれど、肥料や病害虫対策に困ったことはありませんか?

肥料や対策薬剤はどれを選んだらいいの?与えるタイミングはいつ?何もわからないまま、いつのまにか植物のダメージが進んで、気がついたら取り返しのつかないことに…。

ベニカワイドケアスプレーが誕生するまで

植物を愛する気持ちを持っているのに、

実際に生活の中に花や緑をうまく取り入れて楽しみながら暮らしている人は案外少ないのでは?

そんな疑問から住友化学園芸が調べたところ、さまざまな課題(お困りごと)があることがわかりました。

草花や野菜がうまく育たない、枯れてしまった、生活が多忙になり時間がつくれなくなった、植物の手入れが面倒になったなど、

植物をうまく育てられないという悩みを持つ方はたくさんいらっしゃるようです。

植物に元気がなくなると、水やりの仕方が悪かったのだと思いがちですが、それに加えて「肥料」や「病害虫」についての知識不足や対策ミスも大きな原因のひとつ。

ガーデニングの悩み(害虫や病気対策、施肥)や手間(いろいろな薬剤や肥料を選んだり散布したりするのが面倒)が解決できたら、ガーデニングの世界がさらに広がり、みなさんがもっと楽しくガーデニングライフを続けていけるのでは!?と考えました。

ガーデニングビギナーにも愛好家にも必要なのは、

簡単に使えて
確かな効果(植物の生長を助ける+外敵から守る)があり
いろいろな植物に使えて
誰でも使える(ビギナーでも愛好家でも)

こんな商品です。

そこで誕生したのが、植物の栄養補給と病害虫対策の効果を併せ持った業界初の殺虫殺菌剤入りの葉面散布肥料”ベニカワイドケアスプレー”です。

 

商品について詳しくみる

 

どんな時に使うの?

苗からはじめて育てるとき、小さい苗がぐんぐん生長してきれいな花やおいしい実をつけてくれたらうれしいですよね。

小さな苗はとてもデリケート。植え替え直後の苗は、根や葉が傷ついたり土が変わったりするので、環境になじむまで少し時間が必要です。

しかし、害虫や病気は待ってはくれません。まだひ弱な新芽や新葉が狙われるので困りもの。それに、小さな苗がうまく肥料を吸収するのにも、ある程度時間がかかるのです。


苗は生育の中でも大切な時期であり、リスクも高い時期なのです。その時期をうまく乗り越えられるかどうかがその後の生長に大きく関わってくるポイントなのです。
つまり、ガーデニングを成功に導くカギは『苗のケア』だったんですね。

ベニカワイドケアスプレーの使い方

 

1.植え付け・植え替え後、生育途中

植え付け後にまずは株全体が濡れる程度に散布します。散布しておくと、苗に付着している見えないうどんこ病菌を退治し、

葉から肥料成分をすみやかに吸収して光合成を促進します。 

2.苗生長期

その後、生長の様子を見ながら、株がしっかり充実するまで葉を中心に株全体に適宜散布します。(植物によって使う回数が異なります) 
アブラムシ、コナジラミ、ハダニなどの害虫は飛んできて葉の裏や新芽についてたちまち繁殖するので、日ごろからよく観察し、害虫を見つけたら早めに散布することがポイントです。この時期に病害虫のダメージから守り、葉面から肥料をすみやかに吸収させて丈夫に育てるケアをしっかり行うことで株が充実していきます。

 

ベニカワイドケアスプレーの適用病害虫と使用方法

●使用時期が収穫前日までのもの

 

●使用時期が発生初期までのもの

 ※印は収穫物への残留回避のため、本剤及びそれぞれの有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示します。

3.株充実期

株の様子を見ながら、花数を増やしたり、野菜をしっかり育てたいときには専用の肥料や薬剤をプラスするとより効果的です。

4.開花・結実

 花数や野菜収穫量の増加が期待できます。

 

動画で商品や使い方の紹介をしています!

 

ベニカワイドケアスプレーの効果

うすめずそのまま苗にシュッとかけるだけですばやく栄養補給ができ、根張り良く丈夫に育つので、花数・収穫数の増加が期待できます。

また、虫や病気に強くなる(アブラムシやうどんこ病など殺虫・殺菌効果の残効性を指す)効果も併せ持つので手間がかからないところがポイントです。

たくさんの収穫を目的とするトマト、なす、きゅうりなどの野菜やバラ・花木の栽培には、生育に合わせて苗生長期から別途専用肥料(追肥)を併せて与えるとよいでしょう。

効果のヒミツは光合成速度を高めて成長を促すこと!

 

ベニカワイドケアスプレーを葉に散布すると、うどんこ病を防除することでダメージを減らすうえ、肥料効果で葉を元気にするため相乗効果で光合成速度の値が高くなり、生育が良くなります。

速効性があり、初めての方でも簡単に使えることが魅力的なベニカワイドケアスプレー!みなさんもぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

ベニカワイドケアスプレーについてさらに詳しく見る!  

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「苗から育てたいガーデニングビギナーの強い味方現わる!肥料×殺虫×殺菌の効果が1つに。[PR]」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ