実はとっても簡単!「土の酸度調整」をしよう

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

ガーデニングの土づくりでよく耳にする、「土の酸度調整」。土の酸度なんてわからないし、どのくらい、どうやればいいの?今回はそんな疑問を解決!アルカリ性資材について、簡単にわかりやすくご説明します!

 

酸度調整とは

酸度調整とは、土の酸性・アルカリ性、またはpHといったような「酸度」を変えて植物の育ちやすい土にすることです。「酸度」=「酸性なのかアルカリ性なのか」だと思ってください!ちゃんと肥料も水もやってるのになかなか育たなかったら、それは土の酸度がちゃんと調整されていないからかもしれません。

土の酸度ってどのくらい?

石灰などを大量に撒いてない限り、土は基本的には強酸性です。

土が酸性になる理由としては、

・日本に降る雨は弱酸性
・雨でアルカリ分(石灰など)が流れてしまう
・化成肥料は酸性
・植物そのものも土壌を酸性にする

の4つが挙げられます。

植物を育てるだけで土は酸性になっていくんです。

 

植物が好む酸度

好む酸度は植物によって異なりますが、

基本的には「中性~弱酸性」です。

土が強酸性だからとはいえ、撒きすぎには注意しましょう。

 

酸度調整をする時の注意

いちばん気を付けることは、「適量を」ということです。

少なすぎると、酸度調整されないですし、多すぎて完全にアルカリ性に傾いてしまうと、そこから弱酸性に戻すことは、なかなかできません。

 

酸度調整に使うアルカリ資材とは

酸度調整に使うアルカリ資材には主に3種類あります。

・消石灰(しょうせっかい)
・苦土石灰(くどせっかい)
・牡蠣殻(かきがら)

この3つの使い方と長所短所をご説明します!

 

消石灰

レベル 生産農家向け
メリット

1度に使う量が少ないのでコスパが良い。
効き目が早い。

デメリット

皮膚につくと炎症を起こす。
土の中の微生物が死んでしまう。

使い方

植えつけの2週間前に土に混ぜてください。

 

慣れていない方は、使うメリットよりも使った時の危険性の方が高いです。強アルカリ性なので普段使うガーデニング用には向きません。

 

苦土石灰

レベル 誰でも!
メリット

苦土(マグネシウム)の補給もできる。
効果が穏やか。

デメリット

少量の散布では効き目が弱い。

使い方

土に混ぜる。
袋に書いてある量に従ってください。

 

ガーデニングをされる方は苦土石灰を使うのが一番無難です。分量通り使えば害も起こらず、苦土も含まれていてとても優秀です。

 

牡蠣殻

レベル どれも良くわからない!という方
メリット

いくら使っても大丈夫。

デメリット

効き目はものすごくゆっくり。

使い方

細かく砕いたものを土に混ぜる。

 

効き目は何と比べてもものすごくゆっくりではありますが、撒きすぎても問題はないですし、確実にじわじわと効きます。量が合ってるかすらわからない!という方は牡蠣殻を使いましょう。

 

いかがでしたか?

土の酸度調整、難しそうに思ってたかもしれませんが、意外と簡単じゃん!と思えたのではないでしょうか?植物のために、良い土づくりをしてあげましょうね♪

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「実はとっても簡単!「土の酸度調整」をしよう」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ