パプリカをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

「パプリカはスーパーで買うもの」と思い込んでいる方…そんなことはありません。パプリカもベランダで簡単に育てることができるのです。

野菜をベランダで育てることは、皆さんが思っているほど難しいことではありません。しかも、パプリカはお手入れ方法も意外に簡単です♪

今回はベランダで作るパプリカのプランター栽培をご紹介します。

目次

パプリカのプランター栽培の準備

パプリカの苗の植え付け方

パプリカの仕立て方

パプリカのお手入れ

パプリカの摘果

パプリカの収穫と保存方法

パプリカの抜き取り

パプリカのプランター栽培準備

このような場所にプランターを置くのはNG  ベランダで植物を栽培する際に、そのベランダが南向きか北向きかということも、重要なポイントですが、一番大切なことは室外機の位置です。  植物は風通しの良い環境を好みますが、不自然な強い風、しかも熱風は禁物です。ただでさえ、プランターという小さな器で植物を育てるため、土の乾燥が激しく、植物が弱りやすい環境を作ってしまいます。できるだけ室外機の風に当たらない環境で植物を育てるようにしましょう。

このような場所にプランターを置くのはNG

ベランダで植物を栽培する際に、そのベランダが南向きか北向きかということも、重要なポイントですが、一番大切なことは室外機の位置です。

植物は風通しの良い環境を好みますが、不自然な強い風、しかも熱風は禁物です。ただでさえ、プランターという小さな器で植物を育てるため、土の乾燥が激しく、植物が弱りやすい環境を作ってしまいます。できるだけ室外機の風に当たらない環境で植物を育てるようにしましょう。

パプリカの好む環境

生育適温は22~30℃の高温野菜です。日当たりの良い場所を好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

プランターの準備

パプリカの根が大きく張ることができるように、プランターはある程度土の量が多く入るものを用意しましょう。  植物も人間と同じで、器によって実る大きさも量も違います。ベランダの広さに合う、無理のないプランターを選びましょう。  ちなみに上の画像は、同じ時期に植えたピーマンとパプリカです。プランターや土量の違いで、生育にこのような差が付きますので、プランターを選ぶ時の参考にしてみて下さいね。

パプリカの根が大きく張ることができるように、プランターはある程度土の量が多く入るものを用意しましょう。

植物も人間と同じで、器によって実る大きさも量も違います。ベランダの広さに合う、無理のないプランターを選びましょう。

ちなみに上の画像は、同じ時期に植えたピーマンとパプリカです。プランターや土量の違いで、生育にこのような差が付きますので、プランターを選ぶ時の参考にしてみて下さいね。

ピーマンのプランター

高さ約43×幅約57cm×奥行約50cm 約50リットル

パプリカのプランター

高さ約33×幅約45×奥行約40cm  約28リットル

土の準備

排水性を良くするため、鉢底石をプランターの底に敷きます。土は野菜用の培養土で育てましょう。

パプリカの植え付け時期

パプリカは寒さに弱い野菜のため、植え付ける時期には注意しましょう。品種にもよりますが早すぎても夜の寒さで苗が弱り、遅すぎても育苗ポットの中で苗が大きくなれず貧弱になってしまいます。

関東地方の目安として、4月下旬~5月の連休頃までに植え付けると順調に生育してくれます。

パプリカの品種

パプリカが完熟する際の赤・黄色・オレンジの色、収穫時の大きさによってお好みで品種を選びましょう。

パプリカの苗の準備

ホームセンターや園芸店でたくさんのパプリカの苗の中から、生育が良好な苗を選ぶポイントをご紹介します。

選ぶポイント

・病害虫に侵されていない。  ・節間が短くて、太くしっかりしている。  ・花蕾がついている苗。  古い苗は葉が小さく、色も薄くなっています。既にハダニに侵されている可能性もあるため、葉の裏など病害虫に侵されていないかよく見て、しっかりした苗を選びましょう。

・病害虫に侵されていない。

・節間が短くて、太くしっかりしている。

・花蕾がついている苗。

古い苗は葉が小さく、色も薄くなっています。既にハダニに侵されている可能性もあるため、葉の裏など病害虫に侵されていないかよく見て、しっかりした苗を選びましょう。

目次に戻る≫

パプリカの苗の植え付け方

1 苗に充分な水分を与える。  バケツに水を入れ、そこにパプリカの苗を入れ水に浸し、十分に水分を吸わせたら取り出します。

1. 苗に充分な水分を与える。

バケツに水を入れ、そこにパプリカの苗を入れ水に浸し、十分に水分を吸わせたら取り出します。

 

2. プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。  お花と違って野菜の根鉢は崩しません。根を傷つけないように気を付けましょう。

2. プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。

お花と違って野菜の根鉢は崩しません。根を傷つけないように気を付けましょう。

 

3. 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげましょう。  こうすることでこの部分に水が集まり、植え付けた苗に水が浸透しやすくなります。

3. 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげましょう。

こうすることでこの部分に水が集まり、植え付けた苗に水が浸透しやすくなります。

 

4. 箸又は小さめの支柱を立てて、麻ひもで誘引します。  強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。あまりきつく縛ることのないように八の字にして緩めに括り付けましょう。苗を痛めないように、支柱のところで結びましょう。

4. 箸又は小さめの支柱を立てて、麻ひもで誘引します。

強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。あまりきつく縛ることのないように八の字にして緩めに括り付けましょう。苗を痛めないように、支柱のところで結びましょう。

5. 最後にお水をしっかりあげます。

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えましょう。

目次に戻る≫

パプリカの仕立て方

パプリカの苗の植え付け後は、節ごとにわき芽が出てきます。そのままにしておくと葉が茂りすぎて、風通しも悪くなるので、残す枝を決めてわき芽を摘んでいきます。

3本仕立て

仕立てる際に目安となるのが、一番最初に咲いた花「一番花」です。一番花を起点に3本に仕立てていきます。

仕立てる際に目安となるのが、一番最初に咲いた花「一番花です。一番花を起点に3本に仕立てていきます。

 

主茎と一番花の下の勢いのあるわき芽を2本伸ばし、それより下のわき芽は取り除きましょう。  育てているスペースが狭い場合は、主茎とわき芽を1本だけ伸ばす「2本仕立て」にすると少しコンパクトにまとまります。

主茎と一番花の下の勢いのあるわき芽を2本伸ばし、それより下のわき芽は取り除きましょう。

育てているスペースが狭い場合は、主茎とわき芽を1本だけ伸ばす「2本仕立て」にすると少しコンパクトにまとまります。

支柱

主茎1本とわき芽(側枝)2本合わせて3本に仕立てにしましたので、その枝に添わせるように支柱を3本使用します。  アスタリスク状(*)に支柱を土にさして苗を支えましょう。

主茎1本とわき芽(側枝)2本合わせて3本に仕立てにしましたので、その枝に添わせるように支柱を3本使用します。

アスタリスク状(*)に支柱を土にさして苗を支えましょう。

 

苗を支柱に誘引するときは節の下に麻ひもを固定します。交差させることでズレずに固定することができます。  また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱の方で結びましょう。 

苗を支柱に誘引するときは節の下に麻ひもを固定します。交差させることでズレずに固定することができます。

また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱の方で結びましょう。

目次に戻る≫

パプリカのお手入れ

ニームや木酢液などの害虫忌避剤を日頃からスプレーすることで、病害虫を防ぐだけでなく葉に直接栄養を与えることができます。また、スプレーした後希釈液が余ったら土にそのまま与えても肥料代わりとなりますので、お手入れに積極的に取り入れてみましょう。

肥料

パプリカを植え付けて2週間後から追肥を始めましょう。その後も2週間ごとに、苗の状態を見ながら追肥をしてください。  肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。

パプリカを植え付けて2週間後から追肥を始めましょう。その後も2週間ごとに、苗の状態を見ながら追肥をしてください。

肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。

日頃の水やり

パプリカは、お水を好む性質がありますが、加湿にも弱い一面があります。そのため、パプリカの苗が小さいうちは土が乾いたら鉢底から水が出てくるまでしっかり与えましょう。  土が乾燥した状況が続いてしまうとパプリカの花が落花しやすくなり、実付きも悪くなります。せっかくなった実も水分不足でシワシワになってしまいます。ある程度パプリカの苗が大きくなった梅雨明け以降は、朝晩の水やりをしっかり行いましょう。

パプリカは、お水を好む性質がありますが、加湿にも弱い一面があります。そのため、パプリカの苗が小さいうちは土が乾いたら鉢底から水が出てくるまでしっかり与えましょう。

土が乾燥した状況が続いてしまうとパプリカの花が落花しやすくなり、実付きも悪くなります。せっかくなった実も水分不足でシワシワになってしまいます。ある程度パプリカの苗が大きくなった梅雨明け以降は、朝晩の水やりをしっかり行いましょう。

目次に戻る≫

パプリカの摘果

苗が小さい時にパプリカをつけてしまうと、実を大きくしようと体力を消費してしまい、生長に遅れが出てしまいます。そのため、実を大きくしないうちに、一番最初になったパプリカの幼果を採ります。  このように一番果を取り除くことを摘果といいます。

苗が小さい時にパプリカをつけてしまうと、実を大きくしようと体力を消費してしまい、生長に遅れが出てしまいます。そのため、実を大きくしないうちに、一番最初になったパプリカの幼果を採ります。

このように一番果を取り除くことを摘果といいます。

パプリカを害虫から守る

パプリカが熟して色が変わるまで、品種にもよりますが3週間ほどかかるといわれています。そのぶんパプリカは、長い期間害虫の危険にさらされることになります。

実際に育ててみたことがある方なら、パプリカに穴を開けられた経験があるのではないでしょうか。おそらくその穴は、オオタバコガ・タバコガの幼虫の仕業です。できるだけ食べられないように、台所の水切りネットなどで害虫からパプリカを守りましょう。

 

水切りネットをかける前に、穴が開いていないか、害虫がいないかをしっかりと確認しましょう。

水切りネットをかける前に、穴が開いていないか、害虫がいないかをしっかりと確認しましょう。

 

目の細かい台所の水切りネットを用意します。

目の細かい台所の水切りネットを用意します。

 

麻ひもで少し緩めに縛ばれば完成です。

麻ひもで少し緩めに縛ばれば完成です。

 

ネットを被せても隙間から害虫が侵入したり、ネットの穴から食べられてしまうこともありますが、被せないより被せたほう方が間違いなく被害は減ります。熟していくまでの道のりは長いので、大事にパプリカを育てていきましょう。

ネットを被せても隙間から害虫が侵入したり、ネットの穴から食べられてしまうこともありますが、被せないより被せたほう方が間違いなく被害は減ります。熟していくまでの道のりは長いので、大事にパプリカを育てていきましょう。

目次に戻る≫

パプリカの収穫と保存方法

未熟果を収穫するピーマンと違い、パプリカは果実の色が約3週間ほどかけて「ライムグリーン⇒オレンジ⇒レッド」へと変化します(品種にもよります)。どの段階でも甘みがあり、生でも美味しく食べられますが、熟した赤が一番甘いようです。皆さんのお好みの色のパプリカを収穫して下さい。

未熟果を収穫するピーマンと違い、パプリカは果実の色が約3週間ほどかけて「ライムグリーン⇒オレンジ⇒レッド」へと変化します(品種にもよります)。どの段階でも甘みがあり、生でも美味しく食べられますが、熟した赤が一番甘いようです。皆さんのお好みの色のパプリカを収穫して下さい。

 

今回育てたパプリカは、ゆっくり緑から赤に変化しました。

今回育てたパプリカは、ゆっくり緑から赤に変化しました。

 

さて、収穫しましょう!  かなり太くなったパプリカのヘタの付け根をハサミでカットします。

さて、収穫しましょう!

かなり太くなったパプリカのヘタの付け根をハサミでカットします。

 

排水溝のネットで害虫の侵入からパプリカを守ってきた甲斐がありました。  オオタバコガやタバコガの被害もなく、艶々なパプリカが収穫できました。

排水溝のネットで害虫の侵入からパプリカを守ってきた甲斐がありました。

オオタバコガやタバコガの被害もなく、艶々なパプリカが収穫できました。

パプリカの葉も食べられる

ピーマンを栽培している生産者の方に話をお伺いすると「ピーマンの葉も食べられますよ」と教えてくれました。そのため、ピーマンと同じ種類であるパプリカの葉も美味しくいただけます。葉が密集している部分の葉を収穫しましょう。  食べ方はピーマンの葉と同じようにつくだ煮のように甘辛く煮たり、お浸しにしたり、炒めたりしていただきます。  灰汁(あく)が気になるようでしたら、軽く湯通ししてから調理に使用してください。

ピーマンを栽培している生産者の方に話をお伺いすると「ピーマンの葉も食べられますよ」と教えてくれました。そのため、ピーマンと同じ種類であるパプリカの葉も美味しくいただけます。葉が密集している部分の葉を収穫しましょう。

食べ方はピーマンの葉と同じようにつくだ煮のように甘辛く煮たり、お浸しにしたり、炒めたりしていただきます。

灰汁(あく)が気になるようでしたら、軽く湯通ししてから調理に使用してください。

 

パプリカもピーマンも、トウガラシも全て同じナス科トウガラシ属の仲間です。トウガラシの中でも辛味種といわれるものが、鷹の爪・ハバネロなどの主に香辛料に使われるものであるのに対し、甘味種といわれるものが、パプリカ・ピーマン・シシトウ・甘長唐辛子など主に野菜として使用されているものをさします。  ピーマンは未熟な果実を収穫するため、緑色をしていますが、カラーピーマンになると完熟してから収穫します。そのため、ピーマンとパプリカの違いは、一概に色で分けることはできませんが、パプリカの方が肉厚です。  パプリカよりも小型で、しかももっと甘い小型のフルーツパプリカ「セニョリータ」という品種もあり、どんどんトウガラシのイメージから遠ざかっています。

パプリカもピーマンも、トウガラシも全て同じナス科トウガラシ属の仲間です。トウガラシの中でも辛味種といわれるものが、鷹の爪・ハバネロなどの主に香辛料に使われるものであるのに対し、甘味種といわれるものが、パプリカ・ピーマン・シシトウ・甘長唐辛子など主に野菜として使用されているものをさします。

ピーマンは未熟な果実を収穫するため、緑色をしていますが、カラーピーマンになると完熟してから収穫します。そのため、ピーマンとパプリカの違いは、一概に色で分けることはできませんが、パプリカの方が肉厚です。

パプリカよりも小型で、しかももっと甘い小型のフルーツパプリカ「セニョリータ」という品種もあり、どんどんトウガラシのイメージから遠ざかっています。

生食Ok

パプリカはそのままでも甘味があるため、生食でも美味しくいただけます。中の種やワタを取り除き、お好みの大きさに切って使用します。

パプリカはそのままでも甘味があるため、生食でも美味しくいただけます。中の種やワタを取り除き、お好みの大きさに切って使用します。

パプリカの皮むき

どうしてもパプリカの皮を取り除きたいときは、皮の表面が焦げるまで火であぶります。その後パプリカを冷水に入れると、皮がむきやすくなります。

冷蔵保存

一般的にパプリカは、野菜室で保存します。1週間ほどで使い切れないようでしたら、冷凍保存をおすすめします。

冷凍保存

お好みの大きさにカットしたら、密封袋に入れ冷凍するだけです。

自然解凍でそのままマリネなどの料理にも使用できるので、忙しい毎日にうってつけの「パプリカ時短レシピ」になりますね。

目次に戻る≫

パプリカの抜き取り

さて、パプリカの葉を収穫したら、抜き取り作業を始めましょう。

パプリカの苗を適当な大きさに分けて切りますが、ゴミ袋に入れて破棄する前に必ず見て欲しいところがあります。

抜き取ったパプリカの苗の根をよく見てみると、上の画像のように太い根と細い根があります。どちらの根も表面に凸凹のない、きれいな根をしています。

抜き取ったパプリカの苗の根をよく見てみると、上の画像のように太い根と細い根があります。どちらの根も表面に凸凹のない、きれいな根をしています。

 

このように根の表面がきれいな根であれば、抜き取るだけで問題ありません。

このように根の表面がきれいな根であれば、抜き取るだけで問題ありません。

ネコブセンチュウ

上の画像をご覧ください。根の部分に大小のこぶのようなものが出来ています。  このような根は、ミニトマトやキュウリ、ナスなどのナス科に発生しやすい「ネコブセンチュウ」かもしれません。  ネコブセンチュウとは  土の中に生息する1mm以下のセンチュウで、植物の根の養分を吸います。その被害部分が大小のこぶのような形になります。  センチュウに侵された根は、充分な水分や養分を吸収することができず最後には枯れてしまいます。  センチュウの大きさが1mm以下のため、肉眼で早期に発見することは難しく、このように作物を抜き取るタイミングに、しっかりとセンチュウの存在を確認する必要があります。

上の画像をご覧ください。根の部分に大小のこぶのようなものが出来ています

このような根は、ミニトマトやキュウリ、ナスなどのナス科に発生しやすい「ネコブセンチュウ」かもしれません。

ネコブセンチュウとは

土の中に生息する1mm以下のセンチュウで、植物の根の養分を吸います。その被害部分が大小のこぶのような形になります。

センチュウに侵された根は、充分な水分や養分を吸収することができず最後には枯れてしまいます。

センチュウの大きさが1mm以下のため、肉眼で早期に発見することは難しく、このように作物を抜き取るタイミングに、しっかりとセンチュウの存在を確認する必要があります。

ちなみに…マメ科の根のコブは根粒菌!

ちなみに、上の画像は枝豆の根の部分です。  こぶのようになっている個所は、ネコブセンチュウではありません。マメ科特有の根粒菌というものです。  根粒菌とは  この粒の中には根粒菌という微生物が存在しています。この根粒菌の働きは、大気中の窒素からマメ科の作物の中に植物の三大栄養素のひとつである「窒素」を取り入れる働きをするものです。  つまり、根粒菌はマメ科の作物へいい影響を与えるものです。ネコブセンチュウとは全く異なりますので、注意しましょう。  皆さんが抜き取ったパプリカの苗はいかがでしたか?ネコブセンチュウだった方は、思い返してみて下さい。生育期間中も、何だか調子が悪いと感じていませんでしたか?その原因は、ネコブセンチュウの仕業だったかもしれませんね。

ちなみに、上の画像は枝豆の根の部分です。

こぶのようになっている個所は、ネコブセンチュウではありません。マメ科特有の根粒菌というものです。

根粒菌とは

この粒の中には根粒菌という微生物が存在しています。この根粒菌の働きは、大気中の窒素からマメ科の作物の中に植物の三大栄養素のひとつである「窒素」を取り入れる働きをするものです。

つまり、根粒菌はマメ科の作物へいい影響を与えるものです。ネコブセンチュウとは全く異なりますので、注意しましょう。

皆さんが抜き取ったパプリカの苗はいかがでしたか?ネコブセンチュウだった方は、思い返してみて下さい。生育期間中も、何だか調子が悪いと感じていませんでしたか?その原因は、ネコブセンチュウの仕業だったかもしれませんね。

ネコブセンチュウの除去

①被害を受けた根の除去。

レーキや土ふるいで、被害を受けた苗の根を全て取り除きましょう。

②太陽熱で消毒。

被害を受けた土を透明ビニール袋に入れ、水分を含ませ、封をします。

直射日光に2~3日ずつ両面に日を当てます。

 

小さいプランターなら、こんなふうに丸ごとビニール袋の中に入ります。

小さいプランターなら、こんなふうに丸ごとビニール袋の中に入ります。

抜き取った後の作業

抜き取りが終了したら、秋冬野菜に向けて準備を開始しましょう。本格的な土壌改良は、来年の春夏野菜の植え付ける前にしますので、今回は軽く整えるような作業になります。  1 プランター内の土をほぐす  2 有機石灰を入れる  有機石灰をおすすめする理由  有機石灰とは、牡蠣殻などの貝殻化石を原料とする石灰肥料のことです。使用されるものによってアルカリ分が異なります。  消石灰や苦土石灰よりもアルカリ分が少なく、効果も穏やかなため速効性はありませんが、有機石灰を撒いた後すぐに種まき・定植ができるため石灰を使い慣れていない初心者さんにはおすすめの石灰です。  また、有機石灰は、土が酸性に傾くと、土中に溶けて中和しますが、中性であればそれ以上溶けることはありませんので、入れすぎの場合も安心して栽培を続けられます。  3 元肥投入  これで、秋冬野菜を安心して植え付けられますね。

抜き取りが終了したら、秋冬野菜に向けて準備を開始しましょう。本格的な土壌改良は、来年の春夏野菜の植え付ける前にしますので、今回は軽く整えるような作業になります。

1. プランター内の土をほぐす

しっかり土をほぐして、秋冬野菜を植え付ける前に害虫を見つけ出しましょう!

2. 有機石灰を入れる

有機石灰をおすすめする理由

有機石灰とは、牡蠣殻などの貝殻化石を原料とする石灰肥料のことです。使用されるものによってアルカリ分が異なります。

消石灰や苦土石灰よりもアルカリ分が少なく、効果も穏やかなため速効性はありませんが、有機石灰を撒いた後すぐに種まき・定植ができるため石灰を使い慣れていない初心者の方にはおすすめの石灰です。

また、有機石灰は、土が酸性に傾くと、土中に溶けて中和しますが、中性であればそれ以上溶けることはありませんので、入れすぎの場合も安心して栽培を続けられます。

3. 元肥投入

これで準備は終了です。安心して秋冬野菜を植え付けられますね。

▼編集部のおすすめ

パプリカ

  • 果実の色がライムグリーンからオレンジ、レッドへと変化するパプリカですが、どの段階で食しても甘みがあり、そのままでも美味しく食べられるパプリカは、見た目も鮮やかでとても美しい野菜のひとつです(色の変化は品種にもよります)。

    果肉が厚くジューシーな食感で、苦味や青臭さがないので生のままでもおいしく食べられます。サラダはもちろん、炒め物やマリネにしても美味しくいただけます。

    パプリカに似たピーマンも同じ甘味種のトウガラシです。

目次に戻る≫

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「パプリカをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ