パプリカをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

「パプリカはスーパーで買うもの」と思い込んでいる方…そんなことはありません。パプリカもベランダで簡単に育てることができるのです。

野菜をベランダで育てることは、皆さんが思っているほど難しいことではありません。しかも、パプリカはお手入れ方法も意外に簡単です♪

今回はベランダで作るパプリカのプランター栽培をご紹介します。

目次

パプリカのプランター栽培準備

このような場所にプランターを置くのはNG  ベランダで植物を栽培する際に、そのベランダが南向きか北向きかということも、重要なポイントですが、一番大切なことは室外機の位置です。  植物は風通しの良い環境を好みますが、不自然な強い風、しかも熱風は禁物です。ただでさえ、プランターという小さな器で植物を育てるため、土の乾燥が激しく、植物が弱りやすい環境を作ってしまいます。できるだけ室外機の風に当たらない環境で植物を育てるようにしましょう。

このような場所にプランターを置くのはNG

ベランダで植物を栽培する際に、そのベランダが南向きか北向きかということも、重要なポイントですが、一番大切なことは室外機の位置です。

植物は風通しの良い環境を好みますが、不自然な強い風、しかも熱風は禁物です。ただでさえ、プランターという小さな器で植物を育てるため、土の乾燥が激しく、植物が弱りやすい環境を作ってしまいます。できるだけ室外機の風に当たらない環境で植物を育てるようにしましょう。

パプリカの好む環境

生育適温は22~30℃の高温野菜です。日当たりの良い場所を好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

プランターの準備

パプリカの根が大きく張ることができるように、プランターはある程度土の量が多く入るものを用意しましょう。  植物も人間と同じで、器によって実る大きさも量も違います。ベランダの広さに合う、無理のないプランターを選びましょう。  ちなみに上の画像は、同じ時期に植えたピーマンとパプリカです。プランターや土量の違いで、生育にこのような差が付きますので、プランターを選ぶ時の参考にしてみて下さいね。

パプリカの根が大きく張ることができるように、プランターはある程度土の量が多く入るものを用意しましょう。

植物も人間と同じで、器によって実る大きさも量も違います。ベランダの広さに合う、無理のないプランターを選びましょう。

ちなみに上の画像は、同じ時期に植えたピーマンとパプリカです。プランターや土量の違いで、生育にこのような差が付きますので、プランターを選ぶ時の参考にしてみて下さいね。

ピーマンのプランター

高さ約43×幅約57cm×奥行約50cm 約50リットル

パプリカのプランター

高さ約33×幅約45×奥行約40cm  約28リットル

土の準備

排水性を良くするため、鉢底石をプランターの底に敷きます。土は野菜用の培養土で育てましょう。

パプリカの植え付け時期

パプリカは寒さに弱い野菜のため、植え付ける時期には注意しましょう。品種にもよりますが早すぎても夜の寒さで苗が弱り、遅すぎても育苗ポットの中で苗が大きくなれず貧弱になってしまいます。

関東地方の目安として、4月下旬~5月の連休頃までに植え付けると順調に生育してくれます。

パプリカの品種

パプリカが完熟する際の赤・黄色・オレンジの色、収穫時の大きさによってお好みで品種を選びましょう。

パプリカの苗の準備

ホームセンターや園芸店でたくさんのパプリカの苗の中から、生育が良好な苗を選ぶポイントをご紹介します。

選ぶポイント

・病害虫に侵されていない。  ・節間が短くて、太くしっかりしている。  ・花蕾がついている苗。  古い苗は葉が小さく、色も薄くなっています。既にハダニに侵されている可能性もあるため、葉の裏など病害虫に侵されていないかよく見て、しっかりした苗を選びましょう。

・病害虫に侵されていない。

・節間が短くて、太くしっかりしている。

・花蕾がついている苗。

古い苗は葉が小さく、色も薄くなっています。既にハダニに侵されている可能性もあるため、葉の裏など病害虫に侵されていないかよく見て、しっかりした苗を選びましょう。

目次に戻る≫

パプリカの苗の植え付け方

1 苗に充分な水分を与える。  バケツに水を入れ、そこにパプリカの苗を入れ水に浸し、十分に水分を吸わせたら取り出します。

1. 苗に充分な水分を与える。

バケツに水を入れ、そこにパプリカの苗を入れ水に浸し、十分に水分を吸わせたら取り出します。

 

2. プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。  お花と違って野菜の根鉢は崩しません。根を傷つけないように気を付けましょう。

2. プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。

お花と違って野菜の根鉢は崩しません。根を傷つけないように気を付けましょう。

 

3. 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげましょう。  こうすることでこの部分に水が集まり、植え付けた苗に水が浸透しやすくなります。

3. 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげましょう。

こうすることでこの部分に水が集まり、植え付けた苗に水が浸透しやすくなります。

 

4. 箸又は小さめの支柱を立てて、麻ひもで誘引します。  強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。あまりきつく縛ることのないように八の字にして緩めに括り付けましょう。苗を痛めないように、支柱のところで結びましょう。

4. 箸又は小さめの支柱を立てて、麻ひもで誘引します。

強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。あまりきつく縛ることのないように八の字にして緩めに括り付けましょう。苗を痛めないように、支柱のところで結びましょう。

5. 最後にお水をしっかりあげます。

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えましょう。

目次に戻る≫

 

 

\次はパプリカの仕立て方やお手入れの方法です!/

 

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「パプリカをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ