ラベンダーの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ラベンダーの花言葉と種類についてご紹介。ラベンダーは鮮やかで美しい紫色の花と優雅な香りを持つ「ハーブの女王」

ラベンダーの花言葉

ドライフラワー・ラベンダー

ラベンダーの花言葉は「沈黙」「清潔」

ラベンダーは、明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

ラベンダーについて

科・属  シソ科・ラヴァンデュラ属
和名  薫衣草
英名  Lavender
学名  Lavandula
原産地  地中海沿岸
開花期  5月~7月頃

 

ラベンダーの特徴

ラベンダー

ラベンダーはシソ科の多年草のハーブで、花期は5月~7月です。香りが強く、古くからラベンダーの花は、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。ラベンダーは地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質を考えて手入れをすれば、毎年花を咲かせて楽しませてくれます。

ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。

ラベンダーの精油はリラックス効果や抗菌作用などがあり、とても人気があります。ラベンダーは種類が豊富なハーブです。種類ごとに精油が作られていて、種類や産地によって香りも違います。

花の色は薄紫や濃い紫、白があります。葉には芳香があり、ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分として使われ、ラベンダーの花を乾燥させたものはポプリとなります。

 

ラベンダーの種類

イングリッシュラベンダー(コモンラベンダー

イングリッシュラベンダー 育て方 特徴

イングリッシュラベンダーは、古くから人々に愛されてきました。寒さに強くて、高温多湿に弱いラベンダーです。イングリッシュラベンダーは暖地で育てるのには不向きで、北海道のような寒冷地でよく栽培されている種類です。細い綺麗な紫色の花穂が特徴的で、香りが高く精油の原料に多く利用されています。

フレンチラベンダー

フレンチラベンダー

フレンチラベンダーは、ウサギの耳を思わせる花穂が特徴のラベンダー。香りはやや弱いのですが、ドライフラワーや花壇での観賞用に向いています。フレンチラベンダーは耐暑性があり、夏越しやすい種です。暖地でも比較的栽培しやすいラベンダーと言われています。

レースラベンダー

レースラベンダーは少し寒さに弱いので、冬は霜の当たらないのき下などに置きましょう。

レースのように細かな切れ込みが入った葉と、3つに分かれている花穂が特徴的なラベンダーです。四季咲き性で、花が終わった後に根元から切っておくとどんどん花芽が上がってきます。秋から初夏にかけて開花するので、環境が良いと長く花を楽しめます。ラベンダー独特の香りはしないので、レースラベンダーは花を楽しむ園芸種として用います。

 

ラベンダーを贈る

活用方法が幅広いラベンダーは、様々な贈り方ができます。

生花のラベンダー

ラベンダーの花の時期の5月~7月にお花屋さんにラベンダーが出回ります。ラベンダーだけの花束の他、他のハーブと組み合わせたハーブのブーケも人気です。その他、ラベンダーを入れたアレンジメントもおすすめ。

ラベンダーの花の時期の5月~7月頃には、お花屋さんにラベンダーが出回ります。ラベンダーだけの花束の他、別のハーブと組み合わせたハーブのブーケや、ラベンダーを入れたアレンジメントもおすすめです。

鉢もののラベンダー

ラベンダー 特徴

開花しているラベンダーの流通は4月後半~7月くらいまでです。お花屋さんでラッピングしてもらいましょう。

ラベンダーを使った寄せ植え

数種類のラベンダーを使った寄せ植えもいいですね。

▼寄せ植えの詳しい作り方はこちら

花の時期以外のラベンダー

長持ちさせるコツ!直射日光と湿気を避けて ドライフラワーを長く楽しむためにも長持ちさせるコツを紹介します。ドライフラワーは湿気と直射日光が苦手。飾る場所は湿気が少なく、直射日光が当たらない場所を選ぶようにしましょう。 湿気が多いと、カビが生えたり変色してしまう心配があります。直射日光はドライフラワーを日焼けさせ、褪色を早めます。風通しがよく、直射日光が当たらない場所を選んで飾ると長く楽しめます。 おしゃれに飾るコツ!交換時を見極める どんなにおしゃれにドライフラワーを飾っても色褪せていたり、黒ずんでいては美しくないどころか、だらしない印象になってしまいます。ドライフラワーは半年から1年くらいで褪色していきます。すっかり茶色くなってしまったと感じたら取り替え時です。 きれいに飾るコツ!時々お手入れをする ドライフラワーは姿を変えないので、ついつい飾りっぱなしにしてしまいがち。よく見ると面影もないほど色褪せていたり、埃を被っていることがあります。 ドライフラワーもお手入れをしましょう。乾燥して崩れやすくなっているドライフラワーは、むやみに触らず、そうっと絵筆で埃を撫でるように払うのがおすすめです。またドライヤーの風を当てて、埃を飛ばす方法もあります。

ドライフラワーのラベンダーは、1年中ドライフラワーショップで購入可能です。自分で作ってみるのもいいですね。

▼ドライフラワーの作り方はこちら

リースやスワッグも贈り物として人気があります。

リースやスワッグも贈り物として人気があります。

ラベンダーのハーブティー

ドライやフレッシュの花は、ハーブティーに使えます。料理やお茶にはコモンラベンダーを主に使います。

ラベンダーを食用として用いる際は、無農薬栽培の苗を使うと安心です。また、ラベンダーは妊娠中、授乳中、乳幼児、持病などのある方は使用に注意が必要な場合があります。主治医に相談してから使用しましょう。

▼ハーブティーについて詳しくはこちら

 

ラベンダーの関連記事

 

▼誕生花を調べたい方はこちらから

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ラベンダーの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス