ラベンダーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ラベンダー
学名

Lavandula

英名
Lavender
別名・流通名
薫衣草
科名
シソ科
属名
ラヴァンデュラ属
原産地
地中海沿岸

ラベンダーの特徴

ラベンダーはすばらしい香りを漂わせる人気のハーブです。ヨーロッパでは古くから栽培され、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。ラベンダーは地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質を考えてお世話をすれば、しっかりと良い香りのする花を咲かせて楽しませてくれます。ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。その精油はリラックスや精神安定にも使われており、とても人気があります。ラベンダーには種類がたくさんあり、それぞれに精油が作られているため、ラベンダーと名のつく精油はたくさんあります。花の色は薄紫や濃い紫、白があり、葉には芳香があり、ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分となり、花を乾燥させたものはポプリとなります。

ラベンダーの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 50cm~70cm程度
耐寒性 品種によって異なる
耐暑性 やや弱い
花色 紫、白
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング