ラベンダーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ラベンダー
学名

Lavandula

英名
Lavender
科名
シソ科
属名
ラベンダー属
原産地
地中海沿岸

ラベンダーの特徴

ラベンダーは地中海沿岸原産の常緑低木です。強い芳香を漂わせることで人気のハーブです。ヨーロッパでは古くから栽培され、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。ラベンダーは地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質です。風通し良く、蒸れないように世話をすれば、良い香りのする花を咲かせて楽しませてくれます。

ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。その精油はリラックスや精神安定にも使われており、とても人気があります。ラベンダーにはイングリッシュラベンダーやフレンチラベンダーなど種類がたくさんあり、種類ごとに精油が作られているため、ラベンダーと名のつく精油はたくさんあります。花の色は薄紫や濃い紫、白があり、葉には芳香があります。ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分となり、花を乾燥させたものはポプリやハーブティーとなります。

ラベンダーの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 50cm~100cm程度
耐寒性 品種によって異なる
耐暑性 弱い
花色 紫、薄紫、白
開花時期 5月~7月頃

ラベンダーの種類

フレンチラベンダー

フレンチラベンダー

  • フレンチラベンダーの花はとても特徴的で、細く伸びた茎の先端に稲穂状に花が付きます。最大の特徴は花穂の先についた葉。葉だけれど緑色ではなく、紫色や白い色をしています。細長い花びらにも見えるこの葉。これは苞葉(ほうよう)と言い、花穂を守るために葉っぱが変異したものです。4枚ほどの苞葉が花穂の先端についており、ウサギの耳のようにも見えます。花色も豊富で、紫系、ピンク系、ブルー系、ホワイト系などがあります。香りはやや弱いですが、花が散った後も苞葉が残り、長い期間鑑賞できます。ドライフラワーにも向いています。ラベンダーの中では暑さに強く、耐寒性もあり丈夫です。蒸れに弱いので、花後に切り戻しをして風通し良く育てると、毎年楽しむことができます。

レースラベンダー

レースラベンダー

  • レースラベンダーは、葉に入った細かい切れ込みがレースのように見えることから名づけられました。レースラベンダーは、いわゆるラベンダーの香りはしません。観賞用に作られた園芸種なので、ハーブとして利用するには不向きな品種です。花とレースのような葉が美しく、花姿そのものを楽しむ方が多いようです。 四季咲きなので条件があれば冬でも咲いてくれるのがうれしいところ。葉に細い銀色の柔毛が密生しているのが特徴的で、他のラベンダーとすぐに見分けがつきます。花だけでなく、葉を観賞できるのもレースラベンダーの魅力です。 高温多湿に弱いというラベンダーの仲間の特徴を備えつつ、寒さも苦手という少しデリケートな品種ですが、ポイントをおさえて上手に育てると一年を通じて長い期間花が楽しめ、毎年咲かせることができるラベンダーです。

イングリッシュラベンダー

イングリッシュラベンダー

  • 多くの種類があるラベンダーですが、中でも特に香りが良く、最も知られているのがこのイングリッシュラベンダーです。他品種より寒さに強く、北海道でも栽培が可能です。一方、ラベンダー全体の傾向として高温多湿に弱い面もあります。地植えの場合は土を盛り上げて、水はけをよくしましょう。 地中海原産なのにイングリッシュラベンダーと付けられているのは、イギリスのように冷涼な気候の土地で自生しているからです。5品種に大別されるラベンダーの中で「アングスティフォリア系」に属します。 発芽率があまりよくないので、苗で購入するのが一般的です。挿し芽で増やすこともできます。

     

ラベンダーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

ラベンダーの栽培環境

日当たり・置き場所

ラベンダーはもともとは乾燥した気候のやや荒れた土地に自生する植物なので、日当たりが良く、風通しの良いところで育てましょう。ただし夏の高温多湿には弱いので、真夏の時期には涼しい場所に避難させたほうが良いです。

また、ラベンダーは梅雨の時期は長雨で弱ることもあるので、風通しの良い場所に移動させるなど、蒸らさないようにしましょう。

▼ラベンダーを植えて移動しやすい鉢

温度

ラベンダーは温度の高い場所は苦手です。とくに真夏の暑さにはやられてしまう株も多いので、気温が高すぎる時期にはちょっとした日陰を作って直射日光に当たるのを防ぐ必要があります。比較的、耐寒性は高いので、寒さに強いです。しかし、レースラベンダーなどのプテロストエカス系は、寒さに弱いため気を付けましょう。

用土

ラベンダーは多湿を嫌うので、水はけの良い性質を持った用土がベストです。 肥料や雑菌の入っていないものがおすすめです。鉢植えは、市販のラベンダー用培養土で問題なく育ちます。

▼ラベンダーの花を咲かせよう!花をたくさん咲かせる肥料入り

ラベンダーの育て方のポイント

水やり

ラベンダーは乾燥を好む性質を持っています。用土が乾いているのを確認してから水やりをしましょう。そのときに葉や花に水をかけず、根元に優しく与えるのがポイントです。

▼ラベンダーのこみ合っている葉や花に水がかかりにくいジョーロ

肥料

ラベンダーは肥料はなくても元気に育ちますが、植えつけるときに緩効性肥料を元肥として入れ、その後は開花、収穫後にお礼肥を施します。

病害虫

ラベンダーに害虫はあまりつくことはありませんが、ハダニアブラムシがまれにつくことがあります。それほど大量に発生したりすることはないのですが、それぞれ見つけたら早めに対処しましょう。

ラベンダーの詳しい育て方

選び方

ラベンダーの鉢花は一年を通じて出回りますが、春に購入した方が管理が楽にできます。つぼみが垂れているものや、花が咲ききっているものは避け、節間が詰まっていてがっしりした感じの株で、花数が多くバランスがよいものを選びます。
ポット苗のラベンダーも同様に、節間が詰まってしっかりとした苗で、つぼみがたくさんついている元気な苗を選びましょう。

種まき

ラベンダーの種まきは4~5月頃、鉢または苗床にばらまきします。用土はパーライトやバーミキュライトが適しています。種が細かいので均一にまくようにし、2~3㎜土をかぶせます。発芽、生育ともに遅いので、秋までにしっかりした苗に仕立てましょう。花は翌年から楽しめます。

植え付け

ラベンダーのポット苗は5~6月、排水性の良い土に植えます。水はけの悪い粘土質の用土は向いていません。

▼ラベンダーの花を咲かせよう!根がスクスク育つよう配合された土

剪定・切り戻し

ラベンダーの花の剪定方法は、開花直前のラベンダーの花をわき芽の3節目くらいから摘み取ります。摘み取ったラベンダーは花瓶に入れて飾ったり、束にしてドライフラワーにして、部屋に飾るととても良い香りで楽しめます。いつまでも花をつけているより、株の消耗が軽減されます。ラベンダーの透かし剪定という方法もあります。梅雨時期や夏場の高温期は株が蒸れないように剪定をして風通しをよくするため、収穫を兼ねた剪定をするとよいでしょう。他にも、全体的に半分から三分の二くらい刈り込んで、低めでしっかりとした株に育てるための刈り込み剪定も行います。

▼ラベンダーの剪定もしやすい軽量・コンパクトボディのはさみ

植え替え・鉢替え

株が生長してきたら1~2回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。植え替えに向いている季節は春と秋です。

ラベンダーは根をいじられるのを嫌います。植え替え時には根を傷つけないように注意しましょう。

ラベンダーは5月~7月頃に薄紫や濃い紫、白色の花を咲かせます。

収穫

5~7月に開花したラベンダーを収穫することができます。収穫したラベンダーは花瓶に生けて飾ってもよいし、ドライフラワーやポプリにして楽しめます。

▼ラベンダーをドライフラワーにするときに使いたいおしゃれなヒモ

夏越し

東京のような酷暑だと、暑さにやられてしまう株も多いので、気温が高すぎる時期にはちょっとした日陰を作って直射日光が当たるのを防ぐ必要があります。

鉢植えのラベンダーは西日を避け、風通しの良い半日陰に移動させるようにしましょう。

冬越し

ラベンダーは品種によって耐寒性が異なります。イングリッシュラベンダーやフレンチラベンダーは寒さに強い性質を持っているため、冬越しに特にお手入れを必要としません。フリンジドラベンダーやレースラベンダーは寒さにやや弱いので、冬は霜の当たらない軒下などに移動させましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ラベンダーは挿し木で増やすことができます。茎を10cm程度切ってさし穂として、土に挿す部分の葉は落として土に挿します。挿し木の適時は春と秋です。

ラベンダーの品種ごとの耐寒性の違い

北海道の初夏を彩る風物詩にもなっている、濃い紫色で大株になるイングリッシュラベンダーは寒さに強い品種です。一方レースのように細かな切れ込みの入った葉を持つレースラベンダーなどはそれほど寒さに強くないので、東京以西の暖地向きです。ラベンダーは種類によって耐寒性や耐暑性が異なるので、育てる環境や目的に合ったラベンダーの品種を選びましょう。

 

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング