簡単かわいい♡ラベンダースティックの作り方

大宮栞

大宮栞

このライターの記事一覧

公開日 :

みなさんは、こんな風に棒状になっているラベンダーを見たことはありませんか?綺麗な見た目をしていて、作るの難しそう!というイメージがあるかもしれませんが、ラベンダーとリボンさえあれば誰でも簡単に作れちゃうんです♪

意外と簡単!?ラベンダースティックの作り方をご紹介します。

目次

下準備

ラベンダーを刈ろう

まずは、ラベンダースティックに使うラベンダーを刈ります。

しっかり根元から!

ラベンダーを刈るときは、しっかり根元から刈りましょう。茎の長さが足りないと、うまく作れないことがあります。

刈るのは晴れの日の午前中に。

ラベンダーを刈るのは、晴れの日の午前中に行いましょう。できれば、前の日も晴れだと良いですね。雨の次の日や、雨のあとだと花がたくさん水を吸ってしまっているので、スティックにしたときに腐ってしまうことがあります。

下葉を取り除こう

13575455_893701827404850_1022115923_o

スティックには、茎の頭に花穂だけが残っている状態のラベンダーを使います。下葉がついていると、スティックを作るときに邪魔になってしまうので、下葉はあらかじめ取り除いておきましょう。

目次に戻る≫

ラベンダースティックを作ろう

さっそくラベンダースティックを作ってみましょう。

用意するもの

ラベンダー

13570389_893701824071517_1699054924_o

今回は18本使います。

今回は2本どりで作っているので、2×奇数本(14、22、26…)でも作ることができます。1本どりの場合は、奇数本で作ってください。同じくらいの長さのものを集めて使うと作りやすいです。

 

リボン

13575571_893701814071518_1184555801_o

150~160cmくらいのものを1本

大体身長と同じくらいなので、腕を横に広げた長さと同じくらいあれば足りると思います。

 

巻く準備をしましょう

13524190_893701857404847_186654668_o

使うラベンダーの穂の根元を全てそろえて持ちます。

 

13518053_893701864071513_385223793_o

そろえた根元をリボンでくくりましょう。

 

13548756_893701880738178_291175524_o

くくるときは、片方を30cmくらいにし、もう片方が長くなるようにしましょう。

 

\リボンの巻き方はこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「簡単かわいい♡ラベンダースティックの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

このライターの記事一覧

おすすめ