ハーブティーとは?ハーブティーの作り方や効果効能、人気の種類20選

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ハーブティーって何?カフェインは?そんなハーブティーについて、ハーブティーとは何か、ハーブの意味や由来、人気の種類や珍しい種類、色がきれいな種類、期待できる効果効能、基本的な作り方、おすすめのブレンドなど、多岐に渡って紹介します。

目次

ハーブティーとは?

ハーブティーとは、植物の葉や茎、花、果実などを煎じた飲み物です。ハーブは乾燥させたもの、あるいはフレッシュのものを使用します。いわゆるお茶と呼ばれるチャノキ(Camellia sinensis)を使用した緑茶や抹茶、紅茶、烏龍茶などはハーブティーには含まれません。  ハーブティーはチザンとも呼ばれます。これはフランス語のハーブティーを意味する単語チザン(Tisanes)に由来します。

ハーブティーとは、植物の葉や茎、花、果実などを煎じた飲み物です。ハーブは乾燥させたもの、あるいはフレッシュのものを使用します。いわゆるお茶と呼ばれるチャノキ(Camellia sinensis)を使用した緑茶や抹茶、紅茶、烏龍茶などはハーブティーには含まれません。

ハーブティーはチザンとも呼ばれます。これはフランス語のハーブティーを意味する単語チザン(Tisanes)に由来します。

ハーブティーのカフェインは?

ほとんどのハーブティーにはカフェインが入っていません。緑茶や抹茶、紅茶、烏龍茶などチャノキ(Camellia sinensis)を原料としているお茶はカフェインを含んでいます。ハーブティーはチャノキ以外の植物が原料なのでカフェインは含まれないものがほとんどです。

カフェインが苦手な人や健康上の理由からカフェインを避けているような場合も安心して飲用できます。

※お茶の葉(チャノキ)とブレンドしたハーブティーにはカフェインが含まれます。

目次に戻る≫

ハーブとは?意味や由来を知ろう!

ハーブの意味 ハーブとは薬草や香草など人間にとって有用な植物のことです。薬用にされていたり、香りや味を楽しむことができたりと、観賞目的だけでなく有効利用が可能な植物を意味する言葉です。  ハーブの由来 「herb(ハーブ)」という英語は、ラテン語で草という意味を持つ「harba(ハーバ)」に由来するとされています。  薬草としてのハーブ 私たち人間は古代より、生活のさまざまな場面でハーブを用いてきました。東西問わずハーブの利用法は多岐に渡ります。民間療法における薬や食用のみならず、ミイラを作る際の防腐剤として、また宗教儀式、魔術、果ては媚薬としても利用されていました。現在でもハーブから作られた薬品が多く存在します。  食用としてのハーブ ハーブは薬草の他に食用としても利用されてきました。始まりは中世の頃、修道院などで薬草としてハーブが盛んに栽培されるようになりました。薬草として利用されていたハーブは肉や魚の防腐・防臭に使用されるなど、次第に私たちの生活のなかで身近な存在となっていきました。  さらに発展してスパイスとして味に奥行きを出したり、香り付けに利用されたりと薬としてだけでなく、食用にも欠かせない存在に変化していきました。  現在でもハーブティーの他、煮込み料理に使用するローリエの葉やソーセージには欠かせないコモンセージなど、ハーブは日々の食卓を豊かにしてくれています。

ハーブの意味

ハーブとは薬草や香草など人間にとって有用な植物のことです。薬用にされたり、香りや味を楽しむことができたりと、観賞目的だけでなく有効利用が可能な植物を意味する言葉です。

ハーブの由来

「herb(ハーブ)」という英語は、ラテン語で草という意味を持つ「harba(ハーバ)」に由来するとされています。

薬草としてのハーブ

私たち人間は古代より、生活のさまざまな場面でハーブを用いてきました。東西問わずハーブの利用法は多岐に渡ります。民間療法における薬や食用のみならず、ミイラを作る際の防腐剤として、また宗教儀式、魔術、果ては媚薬としても利用されていました。現在でもハーブから作られた薬品が多く存在します。

食用としてのハーブ

ハーブは薬草の他に食用としても利用されてきました。始まりは中世の頃、修道院などで薬草としてハーブが盛んに栽培されるようになりました。薬草として利用されていたハーブは肉や魚の防腐・防臭に使用されるなど、次第に私たちの生活のなかで身近な存在となっていきました。

さらに発展してスパイスとして味に奥行きを出したり、香り付けに利用されたりと薬としてだけでなく、食用にも欠かせない存在に変化していきました。

現在でもハーブティーの他、煮込み料理に使用するローリエの葉やソーセージには欠かせないコモンセージなど、ハーブは日々の食卓を豊かにしてくれています。

目次に戻る≫

ハーブティーの効果

ハーブティーの効果は使用するハーブによってさまざまです。  例えばカモミールを使用したハーブティーには不安を和らげ安眠を促す効果があると言われています。ローズヒップを使用したハーブティーはビタミンCを多く含むので美肌効果が期待できると言われています。他にも便秘や冷え性に良いと言われているものや、免疫力を高めると言われているものなどがあります。  また多くのハーブティーにはカフェインが含まれないので、カフェインによる刺激が苦手な人でも飲用できるというメリットがあります。

ハーブティーの効果は使用するハーブによって様々です。

例えばカモミールを使用したハーブティーには不安を和らげ安眠を促す効果があると言われています。ローズヒップを使用したハーブティーはビタミンCを多く含むので美肌効果が期待できると言われています。他にも便秘や冷え性に良いと言われているものや、免疫力を高めると言われているものなどがあります。

また多くのハーブティーにはカフェインが含まれないので、カフェインによる刺激が苦手な人でも飲用できるというメリットがあります。

目次に戻る≫

ハーブティーの作り方、入れ方4種

ハーブティーの主な作り方4種類を紹介します。  ハーブティーの作り方、入れ方|ポット オーソドックスで手軽な作り方です。  用意するもの(2カップ分) ティーポット ドライハーブ ティースプーン3杯くらい お湯 (95~98℃程度) 300cc 茶漉し ティーコゼー(あれば) 作り方、入れ方 ポットにドライハーブを入れて、95~98℃程度のお湯を注ぐ 葉や花びらなら3~5分程度、実や茎なら5~10分蒸らす(あればティーコゼーを被せて保温する) 茶漉しを使ってカップに注いで召し上がれ

ハーブティーの主な作り方4種類を紹介します。
※使用するハーブは、食用として販売されているものをご使用ください。

ハーブティーの作り方、入れ方|ポット

オーソドックスで手軽な作り方です。

用意するもの(2カップ分)

  • ティーポット
  • ドライハーブ ティースプーン3杯くらい
  • お湯 (95~98℃程度) 300cc
  • 茶漉し
  • ティーコゼー(あれば)

作り方、入れ方

  • ポットにドライハーブを入れて、95~98℃程度のお湯を注ぐ
  • 葉や花びらなら3~5分程度、実や茎なら5~10分蒸らす(あればティーコゼーを被せて保温する)
  • 茶漉しを使ってカップに注いで召し上がれ

ハーブティーの作り方、入れ方|煮出し

煮出す時間はハーブの種類によって異なります。香りが上がってきた頃が火を止める目安です。

用意するもの(3~4カップ分)

  • 小鍋
  • ドライハーブ ティースプーン4~5杯
  • 水 500cc
  • 茶漉し

作り方、入れ方

  • 小鍋に水とハーブを入れて5~10分煮出す
  • 蓋をして5~10分蒸らす
  • 茶漉しを使ってカップに注いで召し上がれ

ハーブティーの作り方、入れ方|水出し

水出しのハーブティーは少し濃く入れると氷を入れても楽しめます。

用意するもの(2カップ分)

  • ポット
  • ドライハーブ ティースプーン3~4杯くらい
  • 水 300cc
  • 茶漉し

作り方、入れ方

  • ポットにドライハーブを入れて、水を注ぐ
  • 冷蔵庫で半日~一晩置いておく
  • グラスに注いで召し上がれ

※水出しのハーブティーはその日のうちに飲み切ってください。

ハーブティーの作り方、入れ方|フレッシュハーブ

カップから立ち上るフレッシュな香りを楽しんでください。

用意するもの(2カップ分)

  • ティーポット
  • フレッシュハーブ ポットの1/3くらいの量
  • 熱湯 300cc
  • 茶漉し
  • ティーコゼー(あれば)

作り方、入れ方

  • ポットにフレッシュハーブを入れて熱湯を注ぐ
  • 葉や花びらなら3分程度、実や茎なら5~10分蒸らす(あればティーコゼーを被せて保温する)
  • 茶漉しを使ってカップに注いで召し上がれ

※フレッシュハーブは種類によっては灰汁が出ることがあります。

目次に戻る≫

ハーブティーの人気種類13種

人気のハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。  カモミール 学名:Chamaemelum nobile(ローマンカモミール)、Matricaria chamomilla(ジャーマンカモミール) 科名:キク科 使用部位:花 効果効能:カモミールティーには消化器官の不調の改善、不安を和らげ安眠を促す効果が期待できると言われています。

人気のハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。

カモミール

  • 学名:Chamaemelum nobile(ローマンカモミール)、Matricaria chamomilla(ジャーマンカモミール)
  • 科名:キク科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:カモミールティーには消化器官の不調の改善、不安を和らげ安眠を促す効果が期待できると言われています。

カモミール(カミツレ)

  • カモミールは、地中海沿岸原産のハーブの一種です。現在では世界中に帰化しています。花や葉を乾燥させお茶にしたり、薬用としても使われています。育て方は苗からと種からがありますが、比較的育てやすいため種から育てるのもおすすめです。 カモミールの種類には一年草の「ジャーマンカモミール」と、多年草の「ローマンカモミール」の他に、花が咲かない「ノンフラワーカモミール」や黄色い花を咲かせる「ダイヤーズカモミール」があります。 ハーブティーにする場合は、飲みやすいジャーマン種をおすすめします。香りは青りんごにたとえられることもあるように、甘く芳醇です。ジャーマンカモミール、ローマンカモミール共にデイジーのような白い小花を咲かせます。 カモミールは地植えでも鉢植えでも育てる事ができます。地植えにするとこぼれ種で増えていくので群生するカモミールの美しい光景が見られます。

ミント

  • 学名:Mentha
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:ミントティーの清涼感ある香りにはリフレッシュ効果や呼吸器のトラブルを改善する効果が期待できると言われています。

ミント

  • ミントは最もポピュラーなハーブのひとつです。ミントというと、すっきりとしたさわやかな香りを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、中にはアップルミントのようにほんのり甘くすっきりとした香りのミントもあります。品種は数限りなく存在し、毎年のように新品種が登場します。 ミントの利用法としては、アロマテラピーの他、サシェやポプリの材料にしたり、お茶や料理にも使うことができたりと様々な活用法があります。

 

▼爽やかでフレッシュな香りのモヒートミント

レモングラス

学名:Cymbopogon citratus 科名:イネ科 使用部位:葉 効果効能:レモングラスは柑橘系のような爽やかな香りが特徴です。レモングラスのハーブティーにはリフレッシュ効果や消化器系の不調を整える効果が期待できると言われています。

  • 学名:Cymbopogon citratus
  • 科名:イネ科
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:レモングラスは柑橘系のような爽やかな香りが特徴です。レモングラスのハーブティーにはリフレッシュ効果や消化器系の不調を整える効果が期待できると言われています。

レモングラス

  • レモングラスは、レモンの香りがするために「レモングラス」と呼ばれるハーブの一種です。タイ料理のトムヤンクンの材料にも使われることでも有名です。レモングラスは熱帯地方原産なので、高温多湿を好みます。地植えにすると年々大株に生長します。

ラベンダー

学名:Lavandula 科名:シソ科 使用部位:花 効果効能:ラベンダーは甘い芳香が特徴のハーブです。ラベンダーのハーブティーにはリラックス、不安やいらだち、不眠などの症状に効果が期待できると言われています。

  • 学名:Lavandula
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:ラベンダーは甘い芳香が特徴のハーブです。ラベンダーのハーブティーにはリラックス、不安やいらだち、不眠などの症状に効果が期待できると言われています。

ラベンダー

  • ラベンダーは地中海沿岸原産の常緑低木。ハーブの女王とも呼ばれ、癒しのフローラル系の香りが人気のハーブです。ヨーロッパでは古くから栽培され、お風呂や衣類の香りづけなど日常の暮らしの中で利用されてきました。花の色は薄紫や濃い紫、白があり、葉には芳香があります。ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分となり、花を乾燥させたものはポプリやハーブティーとして利用できます。 ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。その精油はリラックスや精神安定にも使われており、とても人気があります。「万能の精油」ともいわれ、アロマテラピーでもっとも広く利用される精油です。ラベンダーにはイングリッシュラベンダーやフレンチラベンダーなど種類がたくさんあり、種類ごとに精油が作られているため、ラベンダーと名のつく精油はたくさんあります。 ラベンダーは地中海沿岸が原産地のため、高温多湿を嫌う性質です。風通し良く、蒸れないように世話をすれば次第に大株になり、良い香りのする花を毎年咲かせて楽しませてくれます。

レモンバーム

  • 学名:Melissa officinalis
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:レモンバームはレモンのような爽やかな香りが特徴のハーブです。レモンバームティーには神経を落ち着かせ、リラックスさせる効果が期待できると言われています。

レモンバーム

  • レモンバームはシソ科の多年草のハーブです。レモンに似たさわやかな香りがするのでハーブティーや料理の香りづけとして使われています。 レモンバームは初夏に小さな白い花が開花します。レモンバームの花はミツバチが好むことから、ギリシャ語でミツバチを意味する「メリッサ」という名でも呼ばれています。この学名のMelissaはギリシャ語でミツバチを指すmelittenaが由来とされています。 レモンバームは葉の色が明るい緑色なので、庭や花壇に植栽すると明るい雰囲気の植栽になります。性質がとても強い多年草で、初心者でも簡単に育てることができます。  

タイム

  • 学名:Thymus
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:全草
  • 効果効能:タイムには多くの種類がありますが、食用にされるのはコモンタイムです。タイムのハーブティーは呼吸器系の不調の改善に効果が期待できると言われています。

タイム

  • タイムは、シソ科のハーブです。種類が多く、立ち上がり上に伸びる立性のもの(コモンタイム)と這うように生育する匍匐性のもの(クリーピングタイム)に分かれます。一般的にタイムといわれているのはコモンタイムのこと。品種によって異なりますが、春~初夏に小さな花を咲かせます。料理の他にも、花はサシェにも使うことができます。 「コモンタイム」は、肉などの臭み消し、防虫効果、「ブーケガルニ」としてシチューやポトフなどの煮込み料理の風味付けに使われているタイムで、最も一般的なタイムです。野菜売り場のハーブのコーナーで売られているタイムもコモンタイムです。最近はコモンタイムから選抜されてできた品種がたくさんあります。 ブーケガルニとは、簡単に言ってしまえば、数種類のハーブや香りのする野菜をタコ糸などの糸で束ねた香りの束のことを言います。ヨーロッパでは、昔から肉や野菜を入れてコトコトと煮込むような料理にブーケガルニを入れて風味付けをしています。ブーケガルニに使う素材に決まりはありませんが、定番はタイム、パセリ、ローリエの組み合わせ。その他にも料理の種類にあわせて束ねる素材を選びます。日本の食品メーカーからも「ブーケガルニ」という名前で販売されています。 料理やお茶など、食材として利用するためにタイムが必要な場合は、品種名と利用用途(食用か観賞用か)がきちんと書かれている苗を選ぶと安心です。 タイムは品種によって生長の仕方も違います。園芸用として植栽するなら、植える環境にあわせて、下記の性質から、どちらが植える環境にあうかを決めてから品種を選ぶとようにします。 立性・・・立ち上がるように生長します。地植えにすると30cm以上の高さになります。コモンタイムは立性です。 ほふく性・・・這うようにして生長します。代表的な品種はクリーピングタイムです。這うように生長するので、丈は10cmくらいにしかなりません。ほふく性のタイムは、花壇の縁取りやグランドカバーにもなります。

ローズ

  • 学名:Rosa
  • 科名:バラ
  • 使用部位:花びら
  • 効果効能:ローズティーは女性の不調への働きかけを期待できると言われています。その他、美容や若返りの効果があると信じられ、昔から愛されてきたハーブティーです。

バラ(ブッシュ・ローズ)

  • バラはその豪華な美しさと芳香で花の女王ともいわれ、紀元前の昔から人々を魅了してきました。愛と美の象徴ともいわれ神話や宗教、芸術や文学にも数多く登場し、いつの時代にも文化の中心に咲き続けています。バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形からブッシュローズ(木立ち性)、シュラブローズ(半つる性)、クライミング・ローズ(つる性、つるバラ)の3タイプに分けられています。ブッシュローズは株立ち性の枝幹がまっすぐ伸びて花が上向きに咲くタイプで、「ハイブリットティー」「フロリパンダ」「ミニュチュア」「パティオ」「ポリアンサ」が含まれます。

ローズヒップ

  • 学名:Rosa
  • 科名:バラ
  • 使用部位:果実
  • 効果効能:バラの果実を乾燥させて使用するローズヒップティーは、ビタミンCの含有量が多いことで知られています。若返りの効果が期待できると言われているハーブティーです。

セージ

  • 学名:Salvia officinalis
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:セージは浄化のハーブとも言われる植物。セージのハーブティーには消化器系や呼吸器系の不調を整えてくれる効果が期待できると言われています。

コモンセージ

  • コモンセージはヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。コモンセージは古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用され長寿のハーブの呼び名もあります。ハーブの「セージ」いえばコモンセージで、料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーなどに利用されています。 コモンセージは初夏に咲く花も美しく、鑑賞用としても利用されています。葉の色はシルバーグリーンなので、花のない季節はカラーリーフとしても美しいハーブです。

ローズマリー

学名:Rosmarinus officinalis 科名:シソ科 使用部位:葉や茎 効果効能:ローズマリーのハーブティーには血行を良くし、集中力を高める効果が期待できると言われています。

  • 学名:Rosmarinus officinalis
  • 科名:シソ科
  • 使用部位:葉や茎
  • 効果効能:ローズマリーのハーブティーには血行を良くし、集中力を高める効果が期待できると言われています。

ローズマリー

  • ローズマリーは、地中海沿岸地方が原産の常緑性低木です。ローズマリーは食用から化粧品まで幅広く利用されているハーブです。清々しい香りが特徴のハーブで、煮込みからグリルまで色々な料理に使われています。 ローズマリーは非常に強健で、乾燥した痩せ地でも育ちます。また強風にもよく耐える性質なので、非常に育てやすい植物です。ローズマリーには真っ直ぐ上に伸びる木立性と地面を這うように伸びるほふく性があります。ほふく性のローズマリーはグランドカバーとしても人気があります。ローズマリーは春から秋にかけて、青から青紫、またはピンクの小さな花を咲かせます。ローズマリーの花は環境さえあえば四季咲きです。

マリーゴールド(カレンデュラ、キンセンカ)

学名:Calendula officinalis 科名:キク科 使用部位:花 効果効能:マリーゴールドのハーブティーは、抗菌作用があると言われていて、眼病予防や粘膜のトラブルへの効果が期待できると言われています。

  • 学名:Calendula officinalis
  • 科名:キク科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:マリーゴールドのハーブティーは、抗菌作用があると言われていて、眼病予防や粘膜のトラブルへの効果が期待できると言われています。

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)

  • キンセンカ(カレンジュラ)の花色は、花びらに光沢のあるオレンジや黄色で、お日様とともに開花する性質があります。最近ではシックな花色や八重咲きの種類も出てきました。 キンセンカ(カレンジュラ)は性質が強いので育てやすく、開花期間も長いので、冬の花壇や寄せ植えに使われています。またキンセンカ(カレンジュラ)は病気や気温の変化に強く、単体だけでなく寄せ植えとしても楽しまれています。

エリカ(ヒース)

学名:Erica vulgaris 科名:ツツジ科 使用部位:花 効果効能:エリカのハーブティーには、美白や利尿作用への効果が期待できると言われています。

  • 学名:Erica vulgaris
  • 科名:ツツジ科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:エリカのハーブティーには、美白や利尿作用への効果が期待できると言われています。

エリカ

  • エリカとは、ツツジ科エリカ属の総称です。常緑性で、700種以上が南アフリカと一部ヨーロッパを中心に自生しています。日本にも鉢花や切り花で数十種類が流通しています。開花期は品種によって異なりますが、秋から春。冬の寒い時期を得意とし、夏の高温多湿が苦手です。ヨーロッパの「ヒース」と呼ばれる、土壌の悪い荒地で自生する強健種です。 日本では、秋から春にかけて、花の少ない季節に花壇を賑わせてくれる貴重な植物です。花色もピンク、白、黄色、赤と豊富で、スズランのような咲き方から、ラッパのように突き出すような咲き方のものまであります。すっと伸びた幹と針葉樹のような葉、そこに群れるようにたわわに咲く花が可愛らしい植物です。

フェンネル

  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 科名:セリ科
  • 使用部位:種子
  • 効果効能:フェンネルは和名をウイキョウというハーブです。フェンネルのハーブティーは消化器系に働きかけ、消化を助け胃痛を和らげる効果が期待できると言われています。

フェンネル

  • フェンネルは、草丈が1m以上になる大型の多年草で別名をウイキョウといいます。葉、花、茎、種をハーブとして古くから世界各地で栽培・利用されてきました。 日本には平安時代に中国から伝わったといわれています。葉は糸状でアスパラガスの葉のように細かく分かれ、折ると香りが立ち、魚料理などに利用されます。茎は直立して分枝し、頂部にはせり科独特の傘を開いたような小さな黄色い花を初夏に多数咲かせます。 長さ8mmほどの長い楕円形の果実を完熟手前で収穫したものは料理だけでなく消化促進のための生薬にも使われます。フェンネルシード(種)は実際は果実で、種はさらに中に入っています。

 

目次に戻る≫

ハーブティーの珍しい種類4種

ちょっと珍しいハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。  リンデン 学名:Tilia 科名:シナノキ科 使用部位:花 効果効能:リンデンは優しい香りのハーブ。リンデンのハーブティーには心を落ち着かせ、リラックスさせる効果が期待できると言われています。

ちょっと珍しいハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。

リンデン

  • 学名:Tilia
  • 科名:シナノキ科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:リンデンは優しい香りのハーブ。リンデンのハーブティーには心を落ち着かせ、リラックスさせる効果が期待できると言われています。

ラズベリーリーフ

  • 学名:Rubus idaeus
  • 科名:バラ
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:ラズベリーリーフティーとはラズベリーの葉を乾燥させたものです。ラズベリーリーフのハーブティーには女性特有の不調を整える効果や安産を促す効果が期待できると言われています。

ラズベリー

  • ラズベリーの日本名はヨーロッパキイチゴ、西洋キイチゴといいますが、フランス語のフランボワーズともよばれています。白い可憐な花を咲かせたあとに赤色・黄色・紫色などの可愛い宝石のような実をつける樹高1~1.5mの小低木です。その色鮮やかな果実は甘酸っぱく香りが高いので生食の他にも、ケーキやタルトなどの洋菓子に使用されます。 ラズベリーは自家結実性なので1本だけでも実がなります。ラズベリーの中には、1年に1度実がなる一季なり性と1年に2回実がなる二季なり性のタイプがあります。一般的にはトゲがあるので少し注意が必要ですが、種類のよってはトゲのない品種もあります。地下茎で増え繁殖力が強いのも特徴です。花芽は「混合花芽」という1つの芽の中に葉枝と花芽の両方を持っており、7月頃に分化します。寒冷地に適しているので、暖地は栽培に向いていません。

エルダーフラワー

  • 学名:Sambucus nigra
  • 科名:レンプクソウ科
  • 使用部位:花
  • 効果効能:エルダーフラワーは白く細かい花を咲かせる樹木です。エルダーフラワーのハーブティーには解熱や発汗作用があると言われ、初期の風邪に効果が期待できると言われています。

エルダーフラワー

  • エルダーフラワーは、5~6月頃になると白色の花を咲かせます。花は枝先に咲き、3~4mm位の大きさです。葉は卵型で、縁はギザギザになっています。背丈が高く、10mくらいに生長することもあります。 エルダーフラワーは、7月頃から9月にかけて黒い実がなります。エルダーフラワーの花には、マスカットのような香りがあり、秋に収穫した実はジャムなどを作ることができます。また葉、枝、根は薬としても効果があるのでハーブとしても利用されています。

ネトル(イラクサ)

  • 学名:Urtica
  • 科名:イラクサ科
  • 使用部位:葉
  • 効果効能:ネトルはイラクサ科の植物。ネトルのハーブティーはミネラルやビタミンを多く含み、利尿作用の他、血行促進、消化器系に働きかける効果が期待できると言われています。

目次に戻る≫

色がきれいなハーブティー3種

おもてなしにも使用したい色のきれいなハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。  ハイビスカス 学名:Hibiscus 科名:アオイ科 使用部位:花 色:赤 効果効能:ハイビスカスのハーブティーはカクテルのように鮮やかな赤色をしています。美容や若返り、疲労回復効果などを期待できると言われています。

おもてなしにも使用したい色のきれいなハーブティーを、植物の名前や期待できる効果効能と共に紹介します。

ハイビスカス

学名:Hibiscus 科名:アオイ科 使用部位:花 色:赤 効果効能:ハイビスカスのハーブティーはカクテルのように鮮やかな赤色をしています。美容や若返り、疲労回復効果などを期待できると言われています。

  • 学名:Hibiscus
  • 科名:アオイ科
  • 使用部位:花
  • 色:赤
  • 効果効能:ハイビスカスのハーブティーはカクテルのように鮮やかな赤色をしています。美容や若返り、疲労回復効果などを期待できると言われています。

ハイビスカス

  • 「ハイビスカス」は、世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。南国のイメージ感がたっぷりの花は、各地でアクセサリーなど様々なモチーフに使用されてます。暖かい地域では、庭木としても利用されてます。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほどです。 ハイビスカスは、在来系、大輪系、コーラル系の3つの系統に分けることができます。 ・在来系の花は、中大輪で花付きがとてもよいです。葉は大輪系より小さく、縁にギザギザしています。耐暑性は比較的強く挿し木で増やすことが可能です。 ・大輪系は、花は大輪ですが、花数は少なめ、葉は大きくて丸いものが多いです。耐暑性は弱く、挿し木で増やすことは難しいです。 ・コーラル系は、小輪が垂れ下がって咲き、花付きがとてもよいです。葉は小さくて縁にギザギザがあります。耐暑性は強く挿し木で増やすことが可能です。

マロウ

マロウ

  • 学名:Malva
  • 科名:アオイ科
  • 使用部位:花
  • 色:青
  • 効果効能:マロウは和名をゼニアオイというハーブです。マロウのハーブティーは澄み切った空のような青色をしています。さらにレモン果汁を加えるとピンク色に変化します。マロウのハーブティーには消化器系や呼吸器官のトラブルを改善する効果が期待できると言われています。

マロウ

  • マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの種類には、ゼニアオイ、コモンマロウ(ウスベニアオイ)、ムスクマロウなどがあります。マロウの花はハーブティーにして飲むことが出来ます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的です。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーです。 他にもモーブカラーと呼ばれる青紫色はマロウの花の色からきています。モーブ(mauve)とはフランス語でマロウを指す言葉です。

バタフライピー(チョウマメ)

バタフライピー(チョウマメ)

  • 学名:Clitoria ternatea
  • 科名:マメ科
  • 使用部位:花
  • 色:青
  • 効果効能:バタフライピーのハーブティーの色はコバルトブルーのようなきれいな青色です。マロウと同じくレモン果汁を加えるとピンク色に変化します。バタフライピーのハーブティーは目や美肌への効果が期待できると言われています。

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のつる性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもつるをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。 バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれています。お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。 最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

目次に戻る≫

ハーブティーのブレンド人気5種

人気のハーブティーのブレンドを、期待できる効果効能と共に紹介します。  ブレンドハーブティー|ハイビスカスとローズヒップ ハイビスカスとローズヒップのブレンドは美肌効果が期待できる組み合わせ。この2種をブレンドしたハーブティーは鮮やかな赤色とローズヒップの酸味を楽しめるハーブティーです。  ブレンドハーブティー|ジンジャーとエルダーフラワー 体を温めると言われているジンジャーとエルダーフラワーのブレンドは、風の予防効果が期待できるハーブティーです。  ブレンドハーブティー|カモミールとリンデン カモミールとリンデンのブレンドは、リラックス効果が期待できるハーブティーです。就寝前や気持ちが落ち着かない時に飲むと良いと言われています。  ブレンドハーブティー|ペパーミントとレモングラス ペパーミントとレモングラスのブレンドは清涼感を楽しめるハーブティーです。暑い夏にアイスティーにしも楽しめます。  ブレンドハーブティー|エルダーフラワーとオレンジピール エルダーフラワーとオレンジピールのブレンドは甘く爽やかな香りが魅力のハーブティーです。風の予防効果が期待できると言われています。

人気のハーブティーのブレンドを、期待できる効果効能と共に紹介します。

ブレンドハーブティー|ハイビスカスとローズヒップ

ハイビスカスとローズヒップのブレンドは美肌効果が期待できる組み合わせ。この2種をブレンドしたハーブティーは鮮やかな赤色とローズヒップの酸味を楽しめるハーブティーです。

ブレンドハーブティー|ジンジャーとエルダーフラワー

体を温めると言われているジンジャーとエルダーフラワーのブレンドは、風邪の予防効果が期待できるハーブティーです。

ブレンドハーブティー|カモミールとリンデン

カモミールとリンデンのブレンドは、リラックス効果が期待できるハーブティーです。就寝前や気持ちが落ち着かない時に飲むと良いと言われています。

ブレンドハーブティー|ペパーミントとレモングラス

ペパーミントとレモングラスのブレンドは清涼感を楽しめるハーブティーです。暑い夏にアイスティーにしも楽しめます。

ブレンドハーブティー|エルダーフラワーとオレンジピール

エルダーフラワーとオレンジピールのブレンドは甘く爽やかな香りが魅力のハーブティーです。風邪の予防効果が期待できると言われています。

目次に戻る≫

ハーブティーは植物を煎じた飲み物です。香りや色を楽しみながら、植物の持つエッセンスを体内に取り入れることを目的とします。カフェインを含まないものがほとんどなのも魅力。

気分転換や育てた植物の楽しみ方の一つにハーブティーを取り入れてみませんか。ハーブのある日常をもっと楽しんでいただけますように。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハーブティーとは?ハーブティーの作り方や効果効能、人気の種類20選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A