恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の育て方|植物図鑑

植物名
恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)
学名

Astrophytum myriostigma cv.

英名
Astrophytum myriostigma
和名
恩塚鸞鳳玉
科名
サボテン科
属名
アストロフィツム属
原産地
アストロフィツム属

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の特徴

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉・おんづからんぽうぎょく)は、サボテン科アストロフィツム属のサボテンです。鸞鳳玉を日本人の園芸家「恩塚」氏が改良し固定した種です。幹肌の白い斑点が通常よりも殊に大きく密であることを特徴とし、株によっては真っ白に見えるものもあります。典型的な形は稜線が5本で高く伸びるタイプですが、稜線が3本や4本のものや、丸みを帯びているものなどもあり、様々な形も楽しめます。育て方は一般的なランポー玉と同様です。

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の詳細情報

園芸分類 サボテン、アストロフィツム
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の栽培環境

日当たり・置き場所

寒さに比較的強いため、春から秋にかけては屋外でも生育可能です。日焼けを起こしやすいため直射日光は避けますが、雨の当たらない日当たりのよい場所で生育します。

温度

暑さ、寒さには比較的強い種ですが、真冬の寒風や霜は避けます。

用土

水はけの良い用土が良いでしょう。ホームセンターや園芸店で購入できるサボテン用の用土で大丈夫です。

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の育て方のポイント

水やり

水分過多になると実割れを起こしやすい種のため、水の与えすぎに注意し、春秋は用土が乾いてからたっぷりと水を与えます。生育の止まる真夏と真冬はさらに控えめにします。

肥料

植え替えの際に用土に含まれる栄養分でも問題ないですが、緩効性肥料を少量与えた方がより元気に育ちます。

病害虫

カイガラムシハダニが発生することがあります。

恩塚ランポー玉(恩塚鸞鳳玉)の詳しい育て方

選び方

好みの形のものを選ぶと良いでしょう。しっかりと根が張り、ぐらつかないものが良いです。

植え替え・鉢替え

根詰まり解消のため、1~2年ごとに植え替えをします。春か秋に行うのが良いでしょう。植え替えの際は前もって数週間断水し土中を乾燥させます。根に付いた土を崩し古い根を除去した後、根ごと日陰で乾燥させます。その後新しい土に植え、水やりは1週間後から開始します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

基本的には子株を吹かないので種から繁殖させます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング