アメリカンブルー(エボルブルス)の育て方|植物図鑑

植物名
アメリカンブルー(エボルブルス)
学名

Evolvulus pilosus

英名
Blue daze
科名
ヒルガオ科
属名
エボルブルス属
原産地
南北アメリカ、アジア

アメリカンブルー(エボルブルス)の特徴

アメリカンブルーは、ヒルガオ科の半耐寒性多年草です。

開花期は5~10月。半耐寒性なので暖かい土地では屋外で冬越しできますが、霜にあたると枯れてしまうため、日本では一年草として扱われています。這うように伸びながら、1~3cmのかわいらしい青い花をいくつも咲かせます。花壇の前景やグランドカバー、ハンギング仕立てなど幅広く楽しめます。 ヒルガオの仲間なので1年草として扱いますが、環境によっては越冬します。 本来は「エボルブルス」という呼び名ですが、1980年代の初輸入時には種が分からなかったため、アメリカから来たブルーの花という安直な命名で定着してしまいました。最近はようやくエボルブルスの名前も定着しつつあります。また、白い花の「アメリカン・ホワイト」も出回るようになりました。

アメリカンブルー(エボルブルス)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~40cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月~10月頃

アメリカンブルー(エボルブルス)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
剪定
開花
肥料

アメリカンブルー(エボルブルス)の栽培環境

日当たり・置き場所

日なたと水はけの良い用土を好み、お日様が大好きな植物です。

用土

一般的な「花の培養土」、または赤玉土と腐葉土を配合した標準的な組み合わせでよいでしょう。アメリカンブルーは水はけの良い用土を好みます。

アメリカンブルー(エボルブルス)の育て方のポイント

日常の管理

アメリカンブルーは、摘心や切り戻しをして枝数を増やしておかないと花があまり咲かなくなります。カットすることで枝数が増え、新しい枝に十分な栄養が行き、花が咲きやすくなります。株のバランスも良くなり、風通しも良くなるので、日頃から適度に茎をカットしながら育てましょう。

水やり

過湿を嫌うので、表土が乾いてからたっぷりと与えます。真夏は水切れに注意。やや湿っていても早めに与えましょう。また、真夏の水やりは、朝または夕方の涼しい時間帯に行います。昼間に水をあげると蒸れてしまうので避けます。水やりは、「株元に」あげる方が良い草花もありますが、アメリカンブルーの場合は違います。ハダニの発生を予防するため、葉の上から株全体に水をあげることをおすすめします。とはいえ、四六時中湿っている状態は苦手なので、「乾いたらたっぷり」お水をあげて下さい。

肥料

肥料分を必要とし、開花期間も長いので10日に一度くらいのペースで液肥を与え続けます。肥料が足りていると濃い花色になります。

病害虫

ハダニの発生しやすい傾向があります。ハダニは水を嫌うので、水やりの際、株の上から全体的にまんべんなく注ぐようにしましょう。
ハダニ:ハダニは気温が高いところや乾燥している場所に発生します。暖かい時期に発生しやすく植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。

アメリカンブルー(エボルブルス)の詳しい育て方

選び方

茎の太いしっかりとした苗を選びましょう。購入したらすぐに植え替えて、伸び気味の茎を切り戻し、脇芽をうながします。

種まき

春、「花の培養土」などにそのまま蒔きます。越冬した株は春に株分けで増やすこともできます。まれに、こぼれ種から発芽します。

植え付け

根が弱いので、土を崩さないように植え付けます。よく育つので株の間は30cmほど空けましょう。越冬させた鉢は、春に一度植え替えします。

剪定・切り戻し

アメリカンブルーの花は枝の先のほうに咲くので、摘心や切り戻しをして枝数を増やしておかないと花があまり咲かなくなります。あまり咲かない場合や、ある程度伸びてきたら思い切ってカットすることをおすすめします。カットすることで枝数が増え、新しい枝に十分な栄養が行き、花が咲きやすくなります。株のバランスも良くなり、風通しも良くなります。

花径2cmほどの小さな青い花は、朝開いて夕方には閉じてしまいます。曇りの日には咲かないこともあります。アサガオやハイビスカスと同じ一日花(朝咲いて、しぼむまでが一日の花)とも言われています。

冬越し

寒さにあまり強くないため、一般的には一年草扱いとされています。
もし冬越しにチャレンジする場合は、鉢植えは、室内に取り込みましょう。地植えの場合は、株を土から掘り上げ、鉢に植え替えて室内で管理してください。ポットに挿し木をして室内で管理し、春になったら外で育てる方法もあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング