アメリカンブルーの育て方|花をたくさん咲かせる摘心や切り戻し、冬越し対策

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

アメリカンブルーは、爽やかな青い花を咲かせる暑さに強く生育旺盛な植物です。今回は、そんな「アメリカンブルー」の花をたくさん咲かせるためのコツや、冬越し対策などをご紹介します。

青い花を見ると、すがすがしい気分になりますよね。アサガオのように午前中にぱっと華やかに咲くアメリカンブルーから、毎朝元気をもらいましょう!

目次

アメリカンブルーはどんな植物?

アメリカンブルー

アメリカンブルーは、ヒルガオ科の半耐寒性多年草です。開花期は5~10月。半耐寒性なので暖かい土地では屋外で冬越しできますが、霜にあたると枯れてしまいます。一般的には、一年草として扱われています。

日なたと水はけの良い用土を好み、夏に強いお日様が大好きな植物です。花径2cmほどの小さな青い花は、朝開いて夕方には閉じてしまいます。曇りの日には咲かないこともあります。アサガオやハイビスカスと同じ一日花(朝咲いて、しぼむまでが一日の花)とも言われています。  この写真は、夜にしぼんでしまった状態を撮影したものです。

日なたと水はけの良い用土を好み、夏に強いお日様が大好きな植物です。花径2cmほどの小さな青い花は、朝開いて夕方には閉じてしまいます。曇りの日には咲かないこともあります。アサガオやハイビスカスと同じ一日花(朝咲いて、しぼむまでが一日の花)とも言われています。

この写真は、夜にしぼんでしまった状態を撮影したものです。

編集部のアメリカンブルーは、まだ植えたばかりのベビーちゃんですが、しっかりと根付いてきました。  夕方に近づくと花がしっかり閉じてしまいます。面白いですよね。

編集部のアメリカンブルーは、まだ植えたばかりのベビーちゃんですが、しっかりと根付いてきました。

夕方に近づくと花がしっかり閉じてしまいます。面白いですよね。

目次に戻る≫

アメリカンブルーの育て方

屋外のよく日のあたる場所に置き、水は土が乾いたらたっぷりあげます。真夏の水やりは、朝または夕方の涼しい時間帯に行います。昼間に水をあげると蒸れてしまうので避けます。

高温で乾燥した状態が続くと、ハダニが発生しやすくなります。ハダニは肉眼で見る事が難しい小さな虫で、葉の栄養を吸い取ってしまいます。葉の様子がイキイキとしなくなり、無数の白い斑点やかすり状の傷ができていたらハダニの可能性があります。その場合は、ハダニに有効な薬剤を使用して早めに駆除しましょう。ハダニは水に弱い性質があるので、水やりの際に葉の上から株全体に水をかけてハダニの嫌いな環境を作っておくことが大切です。

水やりは、「株元に」あげる方が良い草花もありますが、アメリカンブルーの場合は違います。ハダニの発生を予防するため、葉の上から株全体に水をあげることをおすすめします。とはいえ、四六時中湿っている状態は苦手なので、「乾いたらたっぷり」お水をあげて下さい。

▼ハダニの駆除方法はこちら

目次に戻る≫ 

アメリカンブルーの植え方

アメリカンブルーは、枝がほふくして四方に広がります。花壇の縁取りやハンギングバスケット、寄せ植えやグラウンドカバーなど、幅広く利用できます。

アメリカンブルーは枝がほふくして四方に広がります。

寄せ植えやハンギングバスケット、地植えにして花壇の縁取り、グランドカバーなどに幅広く利用できます。

目次に戻る≫

 

 

\アメリカンブルーの花をたくさん咲かせるコツや冬越し方法は?/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アメリカンブルーの育て方|花をたくさん咲かせる摘心や切り戻し、冬越し対策」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ