アメリカンブルーの育て方|花をたくさん咲かせる摘心や切り戻し、冬越し対策

戸松敦子

戸松敦子

20978views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

爽やかな青い花を育ててみたいと思いませんか?青い花を見ると、すがすがしい気分になりますよね。

今回は、暑さに強く生育旺盛な「アメリカンブルー」をご紹介します。青い小さな花をたくさん咲かせるためのコツもお話しします。

アサガオのように午前中にぱっと華やかに咲くアメリカンブルーから、毎朝元気をもらいましょう!

 

目次

アメリカンブルーはどんな植物?

アメリカンブルーの育て方

アメリカンブルーの植え方

アメリカンブルーの花をたくさん咲かせる摘心や切り戻し

アメリカンブルーの冬越し

アメリカンブルーのまとめ

 

アメリカンブルーはどんな植物?

アメリカンブルーは、ヒルガオ科の半耐寒性多年草です。開花期は5~10月。半耐寒性なので暖かい土地では屋外で冬越しできますが、霜にあたると枯れてしまいます。一般的には、一年草として扱われています。
アメリカンブルー

 

日なたと水はけの良い用土を好み、夏に強いお日様が大好きな植物です。花径2cmほどの小さな青い花は、朝開いて夕方には閉じてしまいます。曇りの日には咲かないこともあります。アサガオやハイビスカスと同じ一日花(朝咲いて、しぼむまでが一日の花)とも言われています。

この写真は、夜にしぼんでしまった状態を撮影したものです。アメリカンブルーの夜

 

編集部のアメリカンブルーは、まだ植えたばかりのベビーちゃんですが、しっかりと根付いてきました。

夕方に近づくと花がしっかり閉じてしまいます。面白いですよね。夕方のアメリカンブルー

目次に戻る≫

アメリカンブルーの育て方

屋外のよく日のあたる場所に置き、水は土が乾いたらたっぷりあげます。真夏の水やりは、朝または夕方の涼しい時間帯に行います。昼間に水をあげると蒸れてしまうので避けます。

高温で乾燥した状態が続くと、ハダニが発生しやすくなります。ハダニは肉眼で見る事が難しい小さな虫で、葉の栄養を吸い取ってしまいます。葉の様子がイキイキとしなくなり、無数の白い斑点やかすり状の傷ができていたらハダニの可能性があります。その場合は、ハダニに有効な薬剤を使用して早めに駆除しましょう。ハダニは水に弱い性質があるので、水やりの際に葉の上から株全体に水をかけてハダニの嫌いな環境を作っておくことが大切です。

水やりは、「株元に」あげる方が良い草花もありますが、アメリカンブルーの場合は違います。ハダニの発生を予防するため、葉の上から株全体に水をあげることをおすすめします。とはいえ、四六時中湿っている状態は苦手なので、「乾いたらたっぷり」お水をあげて下さい。

▼ハダニの駆除方法はこちら

目次に戻る≫ 

アメリカンブルーの植え方

アメリカンブルーは、枝がほふくして四方に広がります。花壇の縁取りやハンギングバスケット、寄せ植えやグラウンドカバーなど、幅広く利用できます。アメリカンブルーの植え方

目次に戻る≫

アメリカンブルーの花をたくさん咲かせるコツ

アメリカンブルーがあまり咲かなくて困っていませんか?

アメリカンブルーの花は枝の先のほうに咲くので、摘心や切り戻しをして枝数を増やしておかないと花があまり咲かなくなります。あまり咲かない場合や、ある程度伸びてきたら思い切ってカットすることをおすすめします。カットすることで枝数が増え、新しい枝に十分な栄養が行き、花が咲きやすくなります。株のバランスも良くなり、風通しも良くなりますよ。

アメリカンブルーは春から秋まで長い間花が咲くので、水溶性の肥料を月に2、3回、水やりを兼ねてあげることをおすすめします。アメリカンブルーの摘心や切り戻し

目次に戻る≫

アメリカンブルーの冬越し

寒さにあまり強くないため、一般的には一年草扱いとされていますが、冬越しさせたい場合はどのようにしたらよいかお伝えします。

鉢植えは、室内に取り込みましょう。地植えの場合は、株を土から掘り上げ、鉢に植え替えて室内で管理してください。ポットに挿し木をして室内で管理し、春になったら外で育てる方法もあります。

目次に戻る≫

アメリカンブルーのまとめ

アメリカンブルーを育てる時に大切なことは4つです。このポイントをおさえて、暑い夏に爽やかな青い花をたくさん咲かせましょう。毎朝、アメリカンブルーが咲いているか楽しみになりますね。

1. 屋外のよく日のあたる場所に置きましょう。

2. 水やりは、真夏は涼しい時間帯に「乾いたらたっぷり」「葉の上から株全体に」あげましょう。

3. 摘心や切り戻しをして枝数を増やしましょう。

4.水溶性の肥料を月に2、3回あげましょう。

目次に戻る≫

▼7月の寄せ植えの作り方はこちら

「アメリカンブルーの育て方|花をたくさん咲かせる摘心や切り戻し、冬越し対策」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ。貸し菜園を運営するフラワー&ガーデニングショップ「アグリス成城」のスタッフとして勤務し、収穫祭では料理担当、毎月の寄せ植え講座では講師を担当。友人と共に立ち上げた教室ではプリザーブド&アーティフィシャルフラワーのレッスンと販売を行う。保育園や小学校では野菜・花の講師として食育、花育活動にも携わっています。 植物と寄り添う暮らしの心地良さなどを伝えていきます。

オススメ特集