オステオスペルマムの育て方|植物図鑑

植物名
オステオスペルマム
学名

Osteospermum

英名
African daisy
科名
キク科
属名
キンセンカ属
原産地
熱帯アフリカ

オステオスペルマムの特徴

オステオスペルマムは南アフリカ原産のキク科の多年草です。見た目はディモルホセカと似ていますが、分類的にはディモルフォセカは一年草、オステオスペルマムは多年草として分類されています。ただし、両者を交配して作られた種も最近はあります。

花びらがきらきらとして艶があり、太陽とともに開き、夜間や曇天、雨の日は花びらが閉じます。最近は、開閉しない品種も出てきています。オステオスペルマムはとても豊富なカラーバリエーションで、花の咲き方も八重咲や花びらがスプーン状の品種もあります。多花性で斑入り品種もあり、葉っぱと花を両方楽しめる品種もあります。寄せ植えなどにも大活躍する育てやすい草花です。

オステオスペルマムの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色 薄紫、ピンク、白、赤、オレンジ、黄色、アプリコット色、複色
開花時期 3~6月、9~11月

オステオスペルマムの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
開花

オステオスペルマムの栽培環境

日当たり・置き場所

オステオスペルマムは日当たりがよく、風通しのよい場所が適しています。梅雨の時期は雨を防げる軒下などで管理するとよいでしょう。

用土

オステオスペルマムは乾燥気味の土を好むので、水はけのよい土に植えましょう。

オステオスペルマムの育て方のポイント

日常の管理

オステオスペルマムの開花中、花がらや枯れた葉をこまめに摘み取ってあげるとたくさんの花を咲かせ、健康的な株を維持できます。
花がら摘みをやるとやらないのでは、ワンシーズンに咲く花数と開花期間に違いが出ます。
また、葉が混みあってきたら、下草の部分や黄色い葉を取ってあげて、風通しを良くすると元気に生育します。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりとあげることを目安に水やりをしましょう。オステオスペルマムは多湿には弱いので、乾燥気味に育てたほうがよく育ちます。

肥料

オステオスペルマムは開花期間が長い草花なので、肥料を定期的に与えるのが大切なポイントです。液体肥料なら月に2~3回、固形肥料なら月に1回程度が目安です。それぞれの肥料の説明書きに書いてある使用頻度は必ず確認しましょう。

病害虫

アブラムシヨトウムシ

灰色かび病
カビ(糸状菌)によって引き起こされる伝染性の病気です。
枯れた花や葉を放置しておくと、そこから感染が拡大します。花がらや落葉は、こまめに取り除き、ゴミに出すか地中深く埋めます。
灰色カビ病は多湿を好むので、風通しをよくし、鉢物は十分日照に当てることで予防しましょう。野菜類は間隔を十分に開けて植えるようにしましょう。
また、葉や花などに水滴がついた状態が続くと感染しやすくなります。水やりは株の根元に直接与えるようにします。

オステオスペルマムの詳しい育て方

選び方

株元が乱れていない、葉の色がきれいで、つぼみのたくさんついた苗を選びましょう。

種まき

オステオスペルマムの最近の品種は種ができない品種がありますが、種まきできる品種の種まき時期は9~10月です。

摘芯(摘心)・摘果

種から育てるオステオスペルマムは摘心しなくても育ちます。挿し芽で増やす品種は、10月ごろ摘芯をすると、丈のしまったきれいな株の姿に仕立てることができます。

剪定・切り戻し

オステオスペルマムは高温多湿に弱いので、株が蒸れるのを防ぐためにも切り戻しをして風通し良くするといいでしょう。ばっさりと株の1/3ほどの長さに切り戻して、夏場に株を休ませると、秋になると再び花が返り咲き、見事な株になります。

植え替え・鉢替え

鉢植えのオステオスペルマムは、2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。春の開花後の梅雨前に、株を切り戻してから植え替えましょう。

オステオスペルマムは、3~6月と9~11月の長い間開花します。

夏越し

オステオスペルマムは高温多湿に弱いので、梅雨時期は雨を防げる軒下などで監理しましょう。

冬越し

オステオスペルマムは霜や雪にあてなければ、-5℃程度まで耐えられます。鉢植えのオステオスペルマムは、霜に当たらないように軒下やベランダで育てましょう。地植えのオステオスペルマムは、寒冷紗などで寒さ除けをしましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

オステオスペルマムは種と挿し木で増やすことができます。ただし最近の新品種は、種ができない品種もあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング