ガーベラの育て方|植物図鑑

植物名
ガーベラ
学名

Gerbera

英名
Gerbera、Transvaal daisy
和名
花車
別名・流通名
アフリカセンボンヤリ
科名
キク科
属名
ガーベラ属
原産地
南アフリカ

ガーベラの特徴

ガーベラはキク科の多年草で、まっすぐに伸びた花茎から5~10cm程度の花をたくさん咲かせてくれます。切り花として活用できる大輪のものから、「ミニガーベラ」の別称で販売されている3cmほどの改良種まで多彩な品種があります。花は赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫など豊富な色幅があり、春と秋の2度、開花を楽しめるのが特長です。比較的育てやすく、冬には地上部分は枯れてしまいますが、寒冷地以外なら放っておけば翌年の春には再び芽を出してくれます。

ガーベラの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 25~70cm
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
花色 赤、白、ピンク、黄、オレンジ、紫、緑、複色
開花時期 4~6月、10~11月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング