ナスタチウム(キンレンカ)の育て方|植物図鑑

植物名
ナスタチウム(キンレンカ)
学名

Tropaeolum majus

英名
Nasturtium
別名・流通名
ペルークレソン
科名
ノウゼンハレン科
属名
ノウゼンハレン属
原産地
ペルー

ナスタチウム(キンレンカ)の特徴

初夏から晩秋にかけて花が咲くナスタチウム。ペルーで発見されたこの植物ですが、日本にナスタチウムが輸入されたのは江戸時代。以来観賞用として親しまれてきています。

ナスタチウムの葉は丸い形をしています。この葉が蓮に似ていることから、蓮の漢字を使い金蓮花(キンレンカ)との別名がついています。

ナスタチウムの花の色は鮮やかな暖色。オレンジ、黄色、赤と鮮やかな色合いが中心です。観賞用として楽しまれているナスタチウムですが、近年は食用としても利用されていて流通もしています。葉や花を食せるエディブルフラワーとしても重宝されています。

ナスタチウム(キンレンカ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~60㎝
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
花色 黄、オレンジ、赤、アプリコット
開花時期 6月~11月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング