ケイトウ(鶏頭)の育て方|植物図鑑

植物名
ケイトウ(鶏頭)
学名

Celosia

英名
Cockscomb
和名
鶏頭
科名
ヒユ科
属名
ケイトウ(セロシア)属
原産地
アジア、アフリカ、アメリカの熱帯域

ケイトウ(鶏頭)の特徴

ケイトウ(鶏頭)はニワトリのトサカに似た赤い花をつけるところからケイトウ(鶏頭)と呼ばれるようになった一年草です。原産地では多年草ですが、日本の気候では花後に枯れてしまうので一年草として扱います。

クルメゲイトウ(久留米鶏頭)のうねうねとした形状の花はケイトウ(鶏頭)ならではです。本来は一か所しかない花の成長点が帯状にひろがったことで生まれた形です。これは「石化(せっか)」と呼ばれる突然変異になります。ケイトウ(鶏頭)はこの石化が珍重され、遺伝的に固定されるようになりました。現代も石化を強調した品種改良が盛んに行われており、20cm以上にもなる細かいひだの入った大輪のケイトウ(鶏頭)などが生み出されています。

他にも筆を逆さにしたような形状の花穂を持つケイトウ(鶏頭)や、ピンク色の花穂がキャンドルのように咲くノゲイトウ(野鶏頭)などの種類があります。

ケイトウ(鶏頭)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10~200cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤、黄、オレンジ、ピンクなど
開花時期 7月~11月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング