みつまた(三叉)の育て方|植物図鑑

植物名
みつまた(三叉)
学名

Edgeworthia chrysantha

英名
Oriental paperbush
科名
ジンチョウゲ科
属名
ミツマタ属
原産地
中国・ヒマラヤ

みつまた(三叉)の特徴

みつまた(三叉)はジンチョウゲ科の落葉低木です。三椏と書かれることもあります。枝は三つに分岐します。これが名前の由来です。どこまでいっても必ず三つに分岐するのが面白い特徴です。

みつまた(三叉)の花は梅の花が咲く頃、2月後半から3月上旬に咲き始めます。新芽が出る前に、三つに分かれた枝の先に蜂の巣のような形状の花を下向きに咲かせます。色は明るい黄色で芳香があります。オレンジがかった赤色のあかはなみつまた(赤花三叉)という品種もあります。ただし、花に見える部分は正しくは花ではなく、萼(がく)が変化したものです。

樹皮は強い繊維があり紙の原料とされています。紙幣の原料とされていることでも有名です。

みつまた(三叉)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2m程度
花色 黄色、朱色
開花時期 2月下旬から3月

みつまた(三叉)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
剪定

みつまた(三叉)の栽培環境

日当たり・置き場所

みつまた(三叉)は日当たりを好みます。多少の日陰でも問題なく生長しますが、花付きを良くしたいなら、日当たりが良い方がいいでしょう。

用土

水はけ良く肥沃な土壌を好みます。

みつまた(三叉)の育て方のポイント

水やり

地植えのみつまた(三叉)は、根付いてからは特に水やりの必要はありません。極端に乾燥が続いた時などはたっぷりと与えます。

鉢植えのみつまた(三叉)は表土が乾いたらたっぷりと水やりを行います。

肥料

みつまた(三叉)の花が終わったら、有機肥料を与えます。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

みつまた(三叉)の詳しい育て方

選び方

主幹がしっかりとしていて、枝が徒長をしていない株を選ぶようにしましょう。根をいじられることを嫌うので、鉢底から根がはみ出すほど生長している株は避けるようにしましょう。

植え付け

みつまた(三叉)の植え付けは、厳寒期を避けた落葉期に行います。根が張ってからの移植が難しい樹木です。植え付け後は移植の必要が無いように場所を選びましょう。

仕立て方

みつまた(三叉)は放っておいても自然と樹形が整う樹種です。特に仕立てる必要はありません。

剪定・切り戻し

みつまた(三叉)の花芽は、初夏から出来始めます。よって花を楽しみにするなら、剪定は花後早めに行ってください。みつまた(三叉)の花芽は必ず新しく伸びた枝の先に出来るので、夏以降の剪定は花芽を切り落とすことになります。

みつまた(三叉)は放っておいても樹形が乱れることのない樹木です。伸びすぎた枝や古くなった枝を整理する程度で十分です。

植え替え・鉢替え

みつまた(三叉)の植え替えは、植え付けと同じく厳寒期を避けた落葉期に行います。

みつまた(三叉)の花は梅の花が咲く頃、2月後半から3月に開花します。黄色い花を咲かせるみつまた(三叉)とオレンジに近い赤花を咲かせるあかはなみつまた(赤花三叉)があります。どちらも芳香があります。

冬越し

みつまた(三叉)は落葉して越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

みつまた(三叉)は挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング