ハナミズキ(花水木)の育て方|植物図鑑

植物名
ハナミズキ(花水木)
学名

Cornus florida

英名
Flowering dogwood
和名
花水木
科名
ミズキ科
属名
サンシュユ属
原産地
北アメリカ

ハナミズキ(花水木)の特徴

桜が開花し終わった時期に花を咲かせるハナミズキ。見ごろは4月から5月にかけてです。落葉樹として知られているハナミズキですが、10m以上まで生長します。分布も全国各地。あまりにも寒冷地は生育が見られませんが、大抵の場所なら育てることが出来ます。大きな木の割に葉や花は小さく咲きます。枝の先に葉が楕円形についています。花は、桜の様な形に見えますが、花弁が付いているわけではありません。白い4枚の花弁ではなく、葉が変形した総苞(そうほう)、というものなのです。実際の花弁は総苞よりも中央にあります。寿命は桜と同じく80年程度と言われています。

ハナミズキ(花水木)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 10m
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
花色 白,赤,ピンク
開花時期 4~5月

種を採取した後は冷蔵保存

ハナミズキの種は赤い果実の中に隠されています。種から育てることは中々難しいためあまり行われることはありませんが、大きくするという目的で無ければ鉢植えなどで栽培することも出来ます。入手した実の果肉を水洗いで取り除くと小さな種が現れます。この種は年を跨ぎ3月頃に種まきをするので、保存をしておきます。この時、種を乾燥させてはいけないので一番いい保存場所は冷蔵庫。冷蔵庫の片隅で水分を蓄えながら次の春を待ちましょう。

ハナミズキは日本各地で大人気!

ハナミズキをモチーフに歌った歌が良く知られて人気がありますが、実は、市や区などにも大人気なのです。というのも、ハナミズキは美しい姿と花言葉から市や区の指定花になっているのです。埼玉県蓮田市、東京都武蔵野市、西東京市、静岡県静岡市、愛知県一宮市、清洲市、兵庫県尼崎市…等々。現在わかっているだけで18もの地区に指定されています。もしかしたら貴方の地域もハナミズキが指定されているかもしれませんね。

ハナミズキの実は食べられる?

結論から言うと食べられません。しかし、この疑問がいつまで経っても消えないのは、その形が食用だと連想させるのでしょう。熟した赤い実はとても美味しそうで、割ってみると黄色の果実。食べられると思うのも無理はありませんが、実際に口に入れた人の話だと苦くてとても食べれるものではないんだとか。食用に加工されないのも元々の味の悪さだからなのでしょうね。ハナミズキの実は観賞用にしましょう!

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング