柊(ひいらぎ)の育て方|植物図鑑

植物名
柊(ひいらぎ)
学名

Osmanthus heterophyllus

英名
Chinese-holly
和名
科名
モクセイ科
属名
モクセイ属
原産地
東アジア

柊(ひいらぎ)の特徴

柊(ひいらぎ)は常緑広葉中高木の常緑樹です。雄雌異株で雄株と雌株の花に違いがあります。雄花には雄蕊が2本あり、雌株は雌蕊が長く発達しています。花期は5mm程の白い花を咲かせます。香りはキンモクセイに似た芳香をしています。果実は花が咲いた翌年の5~6月頃に濃い紫色の1~2㎝程の果実が実ります。樹高は4~10mで、葉は対生し、革質で光沢があり、3~5㎝程の長楕円型をしています。葉の周りは鋸歯があり鋭い棘があります。老木になると葉の鋭い棘が無くなり縁は丸くなります。

柊(ひいらぎ)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 4~10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色
開花時期 10~12月

育て方を見る >>

人気の植物ランキング