カラタネオガタマの育て方|植物図鑑

植物名
カラタネオガタマ
学名

Michelia figo

英名
Banana shrub
和名
唐種招霊
別名・流通名
バナナブッシュ、バナナツリー
科名
モクレン科
属名
オガタマ属
原産地
中国

カラタネオガタマの特徴

カラタネオガタマは中国原産の常緑小高木です。開花するとバナナのような香りがするので、バナナブッシュあるいはバナナツリーと呼ばれます。実際にはバナナよりももっと爽やかで甘い、梨のような香りです。他に同じモクレン科でオガタマノキという樹木がありますが、こちらはそれほど香りは強くありません。モクレン科の樹木ですので、花もモクレンに似た花を咲かせます。カラタネオガタマの花は直径3㎝程度で、開ききっていないかのような咲き方をします。

カラタネオガタマの詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 3~5m
耐寒性 普通
耐暑性 普通
耐陰性 普通
花色 クリーム色、紫など
開花時期 4~5月

カラタネオガタマの名前の由来は、かつて「招霊の木(オガタマノキ)」とされ、神社仏閣に植えられていたことによると言われています。日当たりのいい半日陰程度でも花を咲かせますが、花付きを良くしたければ日当たりのいい南向きの庭などが向いています。

カラタネオガタマのなかでも「ポートワイン」という赤花種は香りも良く、庭木として人気です。

カラタネオガタマの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花

カラタネオガタマの栽培環境

日当たり・置き場所

カラタネオガタマは水はけ良く日当たりのいい場所を好みます。あまり移植が好きではないので、植え替えの必要のない場所に植えましょう。

用土

水はけのよい土壌を好みます。鉢植えの場合は、市販の培養土で十分です。

カラタネオガタマの育て方のポイント

水やり

カラタネオガタマを庭植えで管理をしている場合は、特に水やりの必要ありません。真夏の高温乾燥が続くようなときは水やりをしましょう。

肥料

秋に腐葉土をたっぷりと漉き込みます。

病害虫

カラタネオガタマは目立った病害虫の被害はありません。

カラタネオガタマの詳しい育て方

選び方

葉にしっかりと光沢があり、株元に安定感のあるものを選びましょう。

植え付け

カラタネオガタマは寒さがやや苦手です。春の暖かい日に植え付けをします。植え付け後はたっぷりと水を与えます。

剪定・切り戻し

カラタネオガタマは、放っておいてもあまり樹形の乱れない樹木です。夏には翌年の花芽の準備に入るので、剪定する場合は花後早めに行います。

植え替え・鉢替え

カラタネオガタマは3~4月、春の暖かいに行います。植え替え後はたっぷりと水を与えます。

カラタネオガタマの開花期は4~5月です。クリーム色の甘い香りのする花を咲かせます。

夏越し

カラタネオガタマは暑さには強い常緑樹です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

カラタネオガタマは常緑樹です。葉を付けたまま越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング