サザンクロス(クロウエア・南十字)の育て方|植物図鑑

植物名
サザンクロス(クロウエア・南十字)
学名

Crowea

英名
Crowea waxflower
和名
南十字
科名
ミカン科
属名
クロウエア属
原産地
オーストラリア

サザンクロス(クロウエア・南十字)の特徴

サザンクロスはオーストラリア原産の常緑樹です。ピンクの可愛らしい星形の花をつけることから「クロウエア」という本来の名前より、流通名である「南十字星(サザンクロス)」の方が有名になりました。サザンクロスは、分類上は常緑低木ですが、流通時は草花のような小型の形状をしています。

春から秋まで長い期間、咲き続けてくれるのがサザンクロスの魅力です。ミカン科なので、葉を揉むとほんのり柑橘類の香りが漂います。花色はピンクですが個体によって濃淡の差があります。開花している苗の中から好みのものを選ぶとよいでしょう。オーストラリア産の植物全般の傾向として、寒さと梅雨の過湿に弱いので鉢植えに向いています。

サザンクロス(クロウエア・南十字)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 30~70cm
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
花色 ピンク、白
開花時期 4~10月(真夏をのぞく)

サザンクロス(クロウエア・南十字)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

サザンクロス(クロウエア・南十字)の栽培環境

日当たり・置き場所

サザンクロスは、やや耐寒性が低いので冬は室内で管理してください。庭植えの場合、霜除けしないと翌年の成長が鈍る場合があります。過湿に弱いので鉢植えは梅雨の時期、軒下に移動させます。日当たりを好む一方、夏の直射日光は苦手。秋の彼岸まで半日陰に置きましょう。

用土

市販の培養土で育ちます。水はけの良い土壌を好みます。

サザンクロス(クロウエア・南十字)の育て方のポイント

水やり

庭植えのサザンクロスは、根付いてからは水やりを必要としません。夏期、高温乾燥が続くような時は、たっぷりと水を与えます。鉢植えのサザンクロスは、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。夏は水切れしないよう毎日与えましょう。

肥料

成長期の春と、花後の秋に遅効性の肥料を与えます。窒素、リン酸、カリのバランスが取れたものがよいでしょう。

病害虫

病害虫の心配はほとんどありません。

サザンクロス(クロウエア・南十字)の詳しい育て方

選び方

サザンクロスは、冬でも開花した苗が販売されていることがあります。つぼみの多くついた、枝ぶりのよいものを選びましょう。

種まき

よく花をつけるサザンクロスですがめったに結実しないので、苗で購入、挿し木によって増やします。実生苗の場合、開花までに10年かかるといわれています。

植え付け

サザンクロスは、春先、芽吹く前に植え付けを終えてしまいます。

剪定・切り戻し

ひととおり咲き終わった初夏、切り戻しておくと秋に再び花を咲かせます。

植え替え・鉢替え

サザンクロスの植え替えは、開花前、3~4月の暖かい日に行います。植え替え後は、鉢底から出るくらい、たっぷりと水を与えます。

サザンクロスの花は夏期が長く、春から初夏と秋に開花します。

夏越し

サザンクロスは特別な夏越しの作業は必要ありません。

冬越し

耐寒性はやや弱いので、株元に霜が当たらないようにしましょう。鉢植えのサザンクロスは軒下や室内に移動させます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

6月~7月には挿し木で増やすことができます。その年に伸びた硬めの枝を、鹿沼土とピートモスを均等に混ぜた用土に挿します。

本物(?)のサザンクロス

サザンクロスは日本だけの流通名なので、海外ではクロウエアと呼ばれています。本来、サザンクロスの名を持っていたのはセリ科の植物「ザンソシア・ロツンディフォリア」。クロウエアと同じくオーストラリア原産です。名前の由来は花の形から。4枚の白い花弁が十字架上に広がり、その先端がさらに3つに分かれています。十字型にきらめいているようなその姿は、まさに南十字星です。

サザンクロスの紅葉

本来は常緑性のサザンクロスですが、フイリーナなど一部の品種は秋になると真っ赤に紅葉します。フイリーナは2009年に発表された改良品種。サザンクロスの弱点であった耐寒性も向上しており、近年人気が高まってきています。1m程度まで成長するので、株元を空け、寄せ植えにすると紅葉とのコントラストをより楽しめるでしょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング