ツバキ(椿・つばき)の育て方|植物図鑑

植物名
ツバキ(椿・つばき)
学名

Camellia japonica

英名
Camellia
和名
椿
別名・流通名
キャメリア
科名
ツバキ科
属名
ツバキ属
原産地
日本、台湾

ツバキ(椿・つばき)の特徴

椿は日本を代表する花木で、海外でも近年非常に人気の高い木です。椿は日本の書物、万葉集に記述があるほか、縄文時代の遺跡からも椿の種などが発見されており歴史の古い樹木です。常緑高木で照葉を一年中楽しめるほか、昔から盛んに園芸品種の作出が行われ、花色、花形、葉の形など多様な品種が栽培されています。特に花の少ない冬に見事な美しい花を咲かせることから、茶花の中でも格の高い花で「茶花の女王」とも称されます。また、その種子から採られる「椿油」は髪や肌に良いことから様々な化粧品に用いられているほか、椿の木材は強度が高く質が均一であることから、印鑑や漆器、彫刻の材料として用いられており文化的にも重要な樹木の一つです。

ツバキ(椿・つばき)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 5~20m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色 赤、ピンク、白、複色、混色
開花時期 1~4月、11~12月

椿と神事

日本では古くから常緑の植物を神聖視する文化があります。例えば松は正月の門松として用いて年神の依代とされたり、榊は木の神という漢字でも表されているように、神事には欠かせない木です。椿も同様に常緑で冬でも青々と茂っていることから神社や寺に盛んに植えられているほか、邪を払う木として家の境に植えられたりします。

 

大陸の帝も愛した日本の椿油

椿から採取できる、椿油はオレイン酸を多く含んでおり、私たちの体になじみやすいことから整髪料や肌の保湿剤など様々な香粧品に配合されているほか、機械油や食用、医療用としても用いられています。椿の原産は諸説ありますが日本である説が最も有力で、飛鳥時代にはすでに椿油を生産していたようです。当時様々なものが流通していた文明の先進国である唐の隣国、渤海国からの使者が日本を去る際に海石榴油(椿油)を所望したという記述が続日本紀にみられるほか、遣唐使の献上品にも椿油があったとされています。椿油は当時の日本において重要な特産物だったのです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング