山吹(ヤマブキ)の育て方|植物図鑑

植物名
山吹(ヤマブキ)
学名

Kerria japonica

英名
Japanese kerria
和名
山吹
科名
バラ科
属名
ヤマブキ属
原産地
日本

山吹(ヤマブキ)の特徴

山吹(ヤマブキ)は春に美しいオレンジ色に近い黄色の花を咲かせる落葉低木です。日本の山野に自生しているような樹木で、北海道から本州で見ることが出来ます。山吹色という色の名前はこの山吹(ヤマブキ)の花の色が由来です。春に山吹色の花を木一面に咲かせる姿はとても美しく見事です。山吹(ヤマブキ)の花は一重の他、八重もあります。

同じ季節に咲く落葉低木に「シロヤマブキ」という花木がありますが、これはシロヤマブキ属なので山吹(ヤマブキ)とは別種になります。山吹(ヤマブキ)にも白い花を咲かせるシロハナヤマブキという品種があります。見分け方は、山吹(ヤマブキ)は花びらが5枚ですがシロヤマブキは花びらは4枚です。さらにシロヤマブキは秋に黒い種子を実らせます。

山吹(ヤマブキ)の詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 1~1.5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 山吹色(オレンジ色に近い黄色)
開花時期 4~5月

山吹(ヤマブキ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
開花

山吹(ヤマブキ)の栽培環境

日当たり・置き場所

山吹(ヤマブキ)は極端に日差しがきつい場所でなければ、日当たり~半日陰の場所まで植栽可能です。真夏の直射日光や西日が強く当たるような場所は避けるようにしましょう。低木ですが、5年以上経過すると、かなり枝数が増えて広がるので、スペースは広く確保するようにしてください。

用土

山吹(ヤマブキ)は肥沃で水はけの良い土壌を好みます。

山吹(ヤマブキ)の育て方のポイント

水やり

地植えの山吹(ヤマブキ)は根付いてからは特に水やりをする必要はありません。鉢植えは表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

肥料

山吹(ヤマブキ)は特に過肥の必要はありません。花付きが悪くなってきたら、有機肥料を与えます。

病害虫

特に目立った病害虫の害はありません。

山吹(ヤマブキ)の詳しい育て方

選び方

枝ぶりのしっかりした株を選びましょう。

植え付け

山吹(ヤマブキ)の植え付けは厳寒期を避けた落葉中に行いましょう。地植えでも鉢植えでも栽培可能ですが、何年もするとかなり大きくなるので地植えの方が向いています。
山吹(ヤマブキ)は地際から無数の枝を出して生長するタイプの花木です。何年もすると横幅が出てくるので、植え付ける時から隣の植物との間隔はあけて植栽しましょう。

仕立て方

山吹(ヤマブキ)は、株元から次々と枝を出して生長する木です。それぞれの枝の寿命は3~4年です。植栽してから5年以上経過して、枝が混みあいすぎたら、古い枝を地際で剪定する間引き剪定を行うようにしましょう。これをすることで新しい枝の生長を促すことになります。

剪定・切り戻し

山吹(ヤマブキ)は特別な剪定をしなくても自然に樹形が整います。山吹(ヤマブキ)は、株元から次々と枝を出して生長する木です。それぞれの枝の寿命は3~4年です。植栽してから5年以上経過して、枝が混みあいすぎたら、古い枝を地際で剪定する間引き剪定を行うようにしましょう。これをすることで新しい枝の生長を促すことになります。また、株元のたくさんの茎を見ると、完全に枯れてしまった枝は茶色くて生きている枝と区別がつくので、枯れてしまった枝は地際で剪定します。山吹(ヤマブキ)は枝の途中で刈り込むと弱る場合があるので、切る場合は株元から剪定するようにしましょう。

植え替え・鉢替え

鉢植えの山吹(ヤマブキ)は、毎年一回り大きめな鉢に植え替えましょう。

山吹(ヤマブキ)の花は4月~5月に開花します。流れるように枝一面に山吹色の花が咲く姿はとても美しい光景です。最近では切り花の枝ものとしても流通しています。

収穫

花数が多い山吹(ヤマブキ)は切花として飾るのもおすすめです。4~5月に花が咲いたら枝を切って、切花として飾ってみましょう。

夏越し

山吹(ヤマブキ)は暑さに強い花木ですが、鉢植えの場合は極端な直射日光や西日が当たる場所には鉢を置かないようにしましょう。

冬越し

山吹(ヤマブキ)は落葉低木です。特別な冬越しをしなくても越冬します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

山吹(ヤマブキ)は挿し木と株分けで増やすことができます。

山吹(ヤマブキ)はとても強健で育てやすい植物です。乾燥さえ気を付ければ、ほとんど手間のかからない庭木です。毎年枝を増やして。株を大きくするように生長します。放っておくと大きな茂みになるので、剪定や株分けで整理します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング