フィロデンドロン・バーキンの育て方|植物図鑑

植物名
フィロデンドロン・バーキン
学名

Philodendron ‘Birkin’

英名
Birkin
科名
サトイモ科
属名
フィロデンドロン属
原産地
不明

フィロデンドロン・バーキンの特徴

フィロデンドロン・バーキンは斑が美しいフィロデンドロンの園芸品種です。フィロデンドロン・バーキンは最近流通しはじめた新しい品種で、最大の草丈は不明ですが流通時は比較的小型で耐陰性もあります。他のフィロデンドロンと同じように、生長するにしたがって茎の部分から気根を出します。ヘゴ棒などに活着させるのもよいでしょう。

フィロデンドロン・バーキンの詳細情報

園芸分類 観葉植物
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 普通

フィロデンドロン・バーキンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え

フィロデンドロン・バーキンの栽培環境

日当たり・置き場所

フィロデンドロン・バーキンは屋外であれば風通しの良い明るい日陰のような場所に置くとよいでしょう。室内でフィロデンドロン・バーキンを育てるのであればレースのカーテン越し程度の明るさの場所がよいでしょう。屋内外問わず、室外機やエアコンの風がフィロデンドロン・バーキンに直接当たると株が傷む原因になるため避けましょう。

用土

フィロデンドロン・バーキンは観葉植物用の土が適しています。室内で育てる場合は無機質の土のみで構成された観葉植物用の土を使用するとよいでしょう。

また、フィロデンドロン・バーキンをハンギングなどで育てる場合は水苔やベラボン(ヤシ殻チップ)などを使って植えるとよいでしょう。

フィロデンドロン・バーキンの育て方のポイント

水やり

フィロデンドロン・バーキンは土の表面が乾燥していたら鉢底から水が流れ出る位たっぷりと水やりをしましょう。夏場などすぐに土が乾いてしまう場合は受け皿を使って腰水で管理してもよいです。フィロデンドロン・バーキンを腰水で管理するときは、蒸れないように風通しの良い場所に置くようにしましょう。

肥料

フィロデンドロン・バーキンは植え替え時に元肥を混ぜ込むか、緩効性の置き肥を利用するとよいでしょう。室内でフィロデンドロン・バーキンを育てている場合は有機肥料を避け、化成肥料を使用することでコバエなどの害虫対策になります。

病害虫

フィロデンドロン・バーキンはハダニアブラムシの発生に注意しましょう。どちらも風通しを良くし、フィロデンドロン・バーキンが健康的に育つ環境であればあまり発生しません。

フィロデンドロン・バーキンの詳しい育て方

選び方

フィロデンドロン・バーキンを選ぶときは徒長をしておらず、しっかりと根付いているものを選ぶとよいでしょう。

植え付け

フィロデンドロン・バーキンを植え付ける時期は暖かい5月~9月頃が適しています。頃が適しています。植え付け後は土が乾燥しないように管理するとスムーズに発根します。

剪定・切り戻し

フィロデンドロン・バーキンは古くなった葉を適宜剪定してください。

植え替え・鉢替え

フィロデンドロン・バーキンは鉢底から根が出てきたとき、もしくは排水性が悪くなったら植え替えをしましょう。フィロデンドロン・バーキンを植え替える時期は暖かい5月~9月頃が適しています。

夏越し

フィロデンドロン・バーキンは暑さに強い観葉植物なため、直射日光と蒸れに気を付ければ特に難しいことはありません。風通しの良い半日陰のような場所で夏越しさせましょう。

冬越し

フィロデンドロン・バーキンは寒さに弱い観葉植物です。そのため、肌寒いと感じる季節になったら暖かい室内に移動させましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング