クリスマスローズの育て方|植物図鑑

植物名
クリスマスローズ
学名

Helleborus, Helleborus niger

英名
Hellebore, Christmas rose
和名
寒芍薬
別名・流通名
レンテンローズ
科名
キンポウゲ科
属名
ヘレボラス属
原産地
ヨーロッパ、西アジア

クリスマスローズの特徴

クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。冬の花が少ない時期に花を咲かせる、常緑の植物です。

日本ではヘレボラス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボラス・ニゲル」を指す名前です。

他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボラス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボラス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。

クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。冬の花が少ない時期に花を咲かせる、常緑の植物です。  日本ではヘレボラス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボラス・ニゲル」を指す名前です。  他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボラス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボラス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。  クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

ニゲル

 

クリスマスローズの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~60cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 強い
花色 白、ピンク、緑、紫、黄、黒、アプリコットなど
開花時期 1~4月

クリスマスローズの種類

Image uploaded from iOS (3)

有茎種

茎が立ち上がって葉を展開し、その頂部に花を咲かせます。根茎は未発達で細い根が生えます。

Image uploaded from iOS (2)

無茎種

葉柄と花がらが根茎から別々に直接出ています。根茎は丈夫で太い根が生えます。

クリスマスローズには園芸品種名がない?

クリスマスローズは株分けで大量に増やすことはできません。そのため、種で増やしています。しかし、種で増やしても花色、花形、花の模様が安定せず、同じ花が咲きません。それがクリスマスローズの最大の特徴であり、最大の魅力です。そのため、園芸品種をつけられないのがこのクリスマスローズなのです。 同じ花が咲かないからこそ、好みの花を見つけて、育て、新しく交配する楽しみができることがクリスマスローズの魅力の一つとなっています。

クリスマスローズを切り花で楽しむ。

クリスマスローズを切り花で楽しむときは、1番花が咲いてすぐに切ってはいけません。第2花が咲き出すまで、切り花は我慢です。切ったクリスマスローズはバケツや花瓶などに40度位のお湯を入れ、花の下から茎全体をたっぷり浸し、そのまま冷めるまで入れておきます。クリスマスローズならではの湯上げです。湯あげをしたら、花瓶にたっぷり水を入れ深く水に浸かるように生けて下さい。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング