家庭菜園特集

シソ(紫蘇・しそ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
シソ(紫蘇・しそ)
学名

Perilla frutescens

英名
Perilla shiso leaf (あまり通じないので説明する必要がある)
別名・流通名
大葉
科名
シソ科
属名
シソ属
原産地
中国 インド、東南アジア

シソ(紫蘇・しそ)の特徴

シソは草丈約70~80cm位の日本に昔から生育している植物です。葉は柔らかく、とてもさわやかでよい香りが特徴的です。

一度育つとたくさんの葉が茂り、収穫してもわき芽から次々と葉が生えてきます。こぼれ種でも育つので、翌年まいた記憶もない場所からシソが生えてきたりもします。

緑色の葉紫蘇は別名大葉とよばれています。葉は緑色の他に赤紫の赤じそがあります。赤じそは梅干しの色付けなどに利用されたり、シソジュースの材料としても使用され鮮やかな赤色が魅力的です。 

シソは、中国、ベトナム北部、韓国、日本に分布しています。日本では縄文時代の遺跡からも発掘されていることから、古くから生育していたことが分かります。

中国後漢末期の名医「華佗」が食中毒の治療に使ったことから、蘇りの薬草として世に広められたといわれています。そのことから紫蘇と名付けられたとも伝えられています。

シソ(紫蘇・しそ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 70~80cm前後
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや強い
花色 白色、ピンク色

生育段階で様々な収穫が楽しめるシソ

芽紫蘇

発芽して本葉が1~2枚の頃の「芽紫蘇」、花が開き始めたものを「花穂」、花が咲き終わった後の「穂紫蘇」など、シソの生育の段階で収穫できるため様々な味わい方を楽しむことが出来ます。

保存方法

シソの保存方法は、良く水洗いしたあと、水気を取り、シソを重ね合わせてキッチンペーパーなどにくるんで冷蔵庫で保存します。葉が綺麗な緑色のうちに使い切りましょう。

また、醤油などに漬け込んでおにぎりの海苔の代わりに使用しても爽やかなシソの風味が効いて美味しくいただけます。

自家採種

とう立ちした株の中から充実した株を選びます。開花してから1~2か月後にシソの種を採種することができます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング