オリヅルランの育て方|植物図鑑

植物名
オリヅルラン
学名

Chlorophytum

英名
Spider plant
和名
折鶴蘭
科名
キジカクシ科
属名
オリヅルラン属
原産地
温帯~熱帯

オリヅルランの特徴

オリヅルランは北欧とヨーロッパ以外に広く分布しています。オリヅルランは200種以上原産しているといわれており、一般的に観葉植物として育てられているオリヅルランは数種類のみです。オリヅルランとして多く流通しているのはChlorophytum comosum という種類とその園芸品種です。中でも斑入り品種であるナカフオリヅルラン、ソトフオリヅルランが代表的なオリヅルランです。その他にアフリカ原産のシャムオリヅルラン、葉の先がカールするボニーという品種なども流通しています。

オリヅルランは春~秋にかけてランナー(匍匐茎)の節から白い花を咲かせます。耐寒性があるため関東以南の暖かい地域であれば屋外越冬することが可能です。また、根茎が生きていれば地上部が枯れても生長期になると芽を出します。

オリヅルランの詳細情報

園芸分類 観葉植物
草丈・樹高 ~30cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 白色
開花時期 不定期

オリヅルランの名前の由来

オリヅルランはランナー(匍匐茎)につく子株がオリヅルの様に見えることから、オリヅルランと呼ばれています。

空気洗浄能力を持った植物

NASAの実験で、空気中のホルムアルデヒドを吸収する作用がオリヅルランにあることがわかりました。つまり、空気洗浄能力を持った植物というわけです。また、縁起のいい植物で有名です。

オリヅルランの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
肥料

オリヅルランの栽培環境

日当たり・置き場所

オリヅルランは明るい日陰を好む観葉植物であるため、強い直射日光が当たらないようにしましょう。オリヅルランに直射日光が当たる場合は寒冷紗や遮光ネットなどで日光を遮ると良いでしょう。

オリヅルランを室内で育てる場合は、窓際の明るく風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

用土

オリヅルランは観葉植物用の土か、花苗用の土がおすすめです。いずれも軽石などを敷き、水はけが良くなるようにしましょう。オリヅルランをハンギングにする場合はヤシガラチップなどを混ぜてもよいでしょう。

オリヅルランの育て方のポイント

水やり

オリヅルランは表面の土が乾いたら水やりをするようにします。寒くなってきたら水やりを控えるようにしましょう。葉が萎れてきたら水やりをするようにし、徐々にオリヅルランを育てている環境に合った水やりの間隔をつかむとよいでしょう。

肥料

オリヅルランに肥料を与える場合は植え替え時に元肥を混ぜるか、緩効性の置き肥を与えるとよいでしょう。オリヅルランを室内で育てる場合は有機肥料を控え、化成肥料を与えるとコバエなどの害虫が発生しにくくなります。

病害虫

オリヅルランはアブラムシカイガラムシハダニに注意しましょう。

オリヅルランの詳しい育て方

選び方

オリヅルランを買う時は必ず病害虫に注意してください。また、オリヅルランは状態が悪くなると、葉の先が茶色っぽく変色します。葉の先がきれいなものを選ぶようにしましょう。

植え付け

オリヅルランは真夏を避けた春~秋の生長期に行うようにしましょう。オリヅルランの子株を植え付けた場合は水切れをしないように注意しましょう。

仕立て方

オリヅルランはハンギングで育てることが出来ます。ランナーが下垂して見ごたえがあります。

植え替え・鉢替え

オリヅルランは生長がはやいため、1~2年に一度植え替えを行うとよいでしょう。

オリヅルランは白い6弁花を咲かせます。花が咲くのはランナーの途中になります。

夏越し

オリヅルランは暑さに強いため、直射日光に注意すれば特に問題ありません。

冬越し

オリヅルランは暖かい地域であれば屋外越冬が可能です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

オリヅルランはランナーについた子株を分けることで増やすことが出来ます。

オリヅルランは、この子株から根を張って増えて成長していきます。この子株を出している白い茎のようなものがランナーです。

オリヅルランは、この子株から根を張って増えて生長していきます。この子株を出している白い茎のようなものがランナーです。

まずは、ランナーを根元の方からカットしてください。

まずは、ランナーを根元の方からカットしてください。

このような感じになります。

このような感じになります。

子株をそれぞれカットします。

オリヅルランの子株をそれぞれカットします。

根が張るまで水挿しにして生長を楽しみ、根が張ってきたら土に植え付けましょう。

根が張るまで水挿しにして生長を楽しみ、根が張ってきたら土に植え付けましょう。

子株から根が出ている場合がある

オリヅルランはランナーについているときから発根していることがあります。その場合は水挿しをせずに、そのまま土に植え付けて大丈夫です。

オリヅルランはランナーについているときから発根していることがあります。その場合は水挿しをせずに、そのまま土に植え付けて大丈夫です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング