コチョウラン(胡蝶蘭)の育て方|植物図鑑

植物名
コチョウラン(胡蝶蘭)
学名

Phalaenopsis

英名
Orchid
和名
胡蝶蘭
科名
ラン科
属名
コチョウラン属
原産地
東南アジア

コチョウラン(胡蝶蘭)の特徴

胡蝶蘭(コチョウラン)は、名前の通りランの仲間で、花の色は白、ピンク、黄色などがあります。

熱帯地域が原産のため、寒さに弱い植物になります。そのため育てる際には注意が必要です。鉢植えと切り花の両方の楽しみ方がありますが、本来は着生植物です。根が出ているのは、湿度の高い地域で生育し、空気中から水分を吸収しようとしているためです。本来は2月~3月頃に開花しますが、現代では温室の利用により、年中花を咲かせることができます。「幸福が飛んでくる」を意味する花言葉を持つため、お祝い事や引っ越しなどに贈り物としてよく用いられます。

コチョウラン(胡蝶蘭)の詳細情報

園芸分類 ラン
草丈・樹高 ~1m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 白、ピンク、黄、紫、グリーン
開花時期 4月~5月頃

贈り物の定番・胡蝶蘭

開店祝いや開業祝いとして贈られることの多い胡蝶蘭。お祝い=胡蝶蘭というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

胡蝶蘭が贈り物として根付いた理由として言われているものはいくつかあり、そのひとつは花言葉。「幸福が飛んでくる」という花言葉があるので、新規開店や開業の際に幸福が舞い込んでくるように、ということでしょう。

ふたつめは、胡蝶蘭の花期は主に4月~5月頃ですが、温度管理などの技術が進み、ほぼ通年開花を楽しむ事が出来ます。

一鉢でも見た目が豪華なことや、育て方が簡単で花が長持ちしやすいこと、花の香りが強すぎないことなど、様々な理由で現在のような「贈り物といえば胡蝶蘭」というイメージが定着したのでしょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング