ビーツ(テーブルビート)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ビーツ(テーブルビート)
学名

Beta vulgaris

英名
table beet, beetroot, red beet
和名
火焔菜(カエンサイ)、錦大根
別名・流通名
テーブルビート、ガーデンビート
科名
アカザ科(ヒユ科)
属名
フダンソウ属
原産地
地中海沿岸

ビーツ(テーブルビート)の特徴

ビーツはロシアの家庭料理で有名な赤いシチュー「ボルシチ」に欠かせない野菜である根がカブのように肥大する野菜です。ビーツは日本へは18世紀に渡来しましたが、根菜類として他に大根やカブがあったこともあり、ほとんど普及することはありませんでした。

ビーツの形はアブラナ科のカブにとても良く似ていますが、全く違う種類のアカザ科(ヒユ科)の野菜です。ビーツと同種の野菜は、葉を食用とするチャード(スイスチャード)と砂糖などの原料になる甜菜とがあります。その他にもビーツには品種がたくさんありますが、家庭菜園で一般的なテーブルビートについてご紹介します。

ビーツの料理方法として、葉はサラダに、根は煮込み料理や茹でて甘酢漬けなどにして美味しくいただくことができます。その他、スムージーやジュースとして生でも利用できます。ビーツの真っ赤な色は、ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンとは違う成分「ベタシアニン色素」という栄養素が含まれています。赤いビーツのほか、渦巻きのもの、黄色、白などの品種もあります。

ビーツ(テーブルビート)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 40cm前後
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
花色 緑色

ビーツのレシピ

ビーツのレシピ

根の活用

品種によって固さがさまざまです。包丁を入れやすいものは生食でも食べやすいビーツです。

生食では、ビーツの皮をむいて、薄くスライスしたものをサラダの彩りに使用します。茹でる時は綺麗な赤い色素が抜けださないように、皮ごと茹でます。茹でた後皮をむき、味つけをしていただきます。

他にも、ビーツを丸ごとオーブンで焼いたり、蒸したり、炒めたりして美味しくいただくことができます。ビーツの赤い色素を利用したスープにするときは、皮をむいてお好みのサイズに切り、一緒に煮込みましょう。

葉の活用

ビーツ

間引きした柔らかいビーツの葉は、生食のサラダなどで美味しくいただくことができます。葉と茎の色合いがきれいなため、サラダに入れると美しい彩になります。

大きく生長した葉は少し硬いので、茹でてから味付けしたり、バターなどで炒めるなどして食べることができます。

ビーツ(テーブルビート)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

ビーツ(テーブルビート)の栽培環境

日当たり・置き場所

ビーツは日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

ビーツの生育適温は15~20℃です。

用土

プランター栽培のビーツは、野菜用の培養土で育てましょう。

畑栽培のビーツは、植え付け前に土を耕す準備が必要です。畑の土が酸性に傾いている場合は、まず植え付けの2週間前位には石灰を入れ、耕しましょう。その1週間後に完熟堆肥と元肥を入れ土になじませます。土の酸度は、市販の酸度測定液などを使うと安価で簡単に調べることができます。

窒素分を含む肥料は、石灰と合わさることで窒素分がアンモニアガスとなって消失してしまうため、同時に使用してはいけません。

なお、この場合の石灰とは「消石灰」や「苦土石灰」をさします。牡蠣殻などの「有機石灰」ではそのような化学反応は起きないので、どうしても日数がない場合は「有機石灰」「完熟堆肥」「有機肥料」を使うと同時に混ぜ込むことが可能で、すぐに種まきや植え付けができます。

ビーツ(テーブルビート)の育て方のポイント

水やり

発芽までのビーツは土の表面を乾燥させないように管理しましょう。

生育後期のビーツは、畑の土の保水力によっては降雨のみで育つ場合もあります。多湿にならないよう注意し、土が乾くようなら与えるようにしましょう。

肥料

元肥のみでもかまいませんが、生育の様子を見ながら追肥を与えましょう。

病害虫

病害虫には比較的強い野菜です。

ビーツ(テーブルビート)の詳しい育て方

種まき

条間を20cmほどあけ、2cm程度の深さにすじまきにします。

間引き

葉が5cm程度に伸びたら、株間10cm前後に間引きます。最終的な株間は15cm~20cm程度の間隔をとりましょう。

スイスチャードはスイスチャードの仲間なので、間引いた葉はベビーリーフとしてサラダなどの生食で食べることができます。

ビーツは気温の上昇と長日条件で花芽ができ、春にとう立ち、初夏に花が咲きます。

収穫

根元の肥大がはっきりと見えて、直径が5~6cm程になり、草丈も30cm位になったら収穫の目安です。

ビーツの品種によって種まきから収穫の目安は若干変わりますが60~100日程度です。種をまく時に、種の袋で確認しておきましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング