ビーツ(ビート)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ビーツ(ビート)
学名

Beta vulgaris

英名
table beet, beetroot, red beet
和名
火焔菜(カエンサイ)、錦大根
別名・流通名
テーブルビート、ガーデンビート
科名
アカザ科(ヒユ科)
属名
フダンソウ属
原産地
地中海沿岸

ビーツ(ビート)の特徴

ロシアの家庭料理で有名な赤いシチュー「ボルシチ」で、欠かせない野菜であるビーツは、根がカブのように肥大する野菜です。

ビーツの形はアブラナ科のカブにとても良く似ていますが、全く違う種類のアカザ科(ヒユ科)の野菜です。ビーツと同種の野菜は、葉を食用とするチャード(スイスチャード)と砂糖などの原料になる甜菜とがあります。その他にもビーツには品種がたくさんありますが、家庭菜園で一般的なテーブルビートについてご紹介します。

ビーツの料理方法として、葉はサラダに、根は煮込み料理や茹でて甘酢漬けなどにして美味しくいただくことができます。ビーツは日本へは18世紀に渡来しましたが、根菜類として他に大根やカブがあったこともあり、ほとんど普及することはありませんでした。ビーツの真っ赤な色は、ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンとは違う成分「ベタシアニン色素」という栄養素が含まれています。

ビーツ(ビート)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 40cm前後
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
花色 緑色

ビーツのレシピ

根の活用

生食では、ビーツの皮をむいて、薄くスライスしたものをサラダの彩りに使用します。茹でる時は綺麗な赤い色素が抜けださないように、皮ごと茹でます。茹でた後皮をむき、味つけをしていただきます。

他にも、ビーツを丸ごとオーブンで焼いたり、蒸したり、炒めたりして美味しくいただくことができます。ビーツの赤い色素を利用したスープにするときは、皮をむいてお好みのサイズに切り、一緒に煮込みましょう。

葉の活用

間引きした柔らかいビーツの葉は、生食のサラダなどで美味しくいただくことができます。大きく生長した葉は、少し硬いので、茹でてから味付けしたり、バターなどで炒めるなどして食べることができます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング