ニンニク(にんにく・大蒜)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ニンニク(にんにく・大蒜)
学名

Allium sativum

英名
Garlic
和名
大蒜
科名
ヒガンバナ(ユリ)科
属名
ネギ属
原産地
中央アジア

ニンニク(にんにく・大蒜)の特徴

ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。

若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。

玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。

ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

ニンニク(にんにく・大蒜)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~40cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや強い

保存方法

ニンニクの収穫した時はまだ茎がしっかりしている状態なので、収穫後も茎にあった養分が球に流れ、ニンニクの風味が増しよりおいしくなります。完全に枯れている葉は取り除き、よく乾燥させることで長期保存が可能になりますので、しっかり干しましょう。

コンパニオンプランツ

ニンニクは植物のほぼ全般と相性が良いため優秀なコンパニオンプランツです。ニンニクの強い臭いのもと香り成分アリシンが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけることができます。イチゴやウリ科の野菜などと混植すると病害虫を防ぐ効果が期待できます。
植物全般と相性の良いニンニクですが、マメ科の植物やキャベツと混植させると生育が悪くなると言われているため、ニンニクを育てた後同じ場所に植え付けるのことも避けたほうが良いでしょう。

むかご(種芽)

このニンニクの花茎を残しておくと花が咲きます。その後1ヶ月ほどでむかごという種芽ができます。これを種球として植え付け、翌年球を掘り上げた後、さらにそれを9月に種球として植え付けると、翌年には十分収穫できる大きさにまで育ちます。年月をかけ、自分の畑に合う、よく育つ種球を育てることができます。

収穫したての生ニンニクを楽しむレシピ

ご家庭で育てたニンニクは収穫直後に生で食べることができます。そのため特別に「生ニンニク」と呼ばれます。収穫直後のニンニクは、水分を多く含み腐りやすいため、収穫後10日間程の限られた期間しか食べる事ができません。生ニンニクはみずみずしく、豊かな匂いとピリっとした辛味が特徴です。薄くスライスした生ニンニクに味噌を少し付けます。口に入れた瞬間はニンニクの旨味が広がりますが、その後に舌がしびれるほどの強烈な辛味がやってくるそうです。生で食べてみたい方はチャレンジしてみてください。

ちなみに、スーパーに売っているニンニクはほとんどが防腐のため一度乾燥されたニンニクです。幻ともいえる生ニンニクを楽しみに、ご家庭で皆さんもニンニクを育ててみませんか?

生でニンニクを食べる以外にも、収穫したてのニンニクを皮付きで丸ごと炭火で焼きます。熱を通す事で辛味がなくなり、甘味が強く残る、糖度の高いホクホクのニンニクを楽しめます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング