ピーマンの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ピーマン
学名

Capsicum annuum

英名
Bell pepper
和名
ピーマン
科名
ナス科
属名
トウガラシ属
原産地
南アメリカ

ピーマンの特徴

ピーマンは、ナス科トウガラシ属の南アメリカ原産の一年草で、属名からわかるようにトウガラシの仲間です。比較的病害虫にも強く、プランターでも育てることができるので、ベランダやお家で育てやすい野菜の1つです。

ピーマンの幼苗の頃は、トウガラシ、パプリカと葉の形、枝の付き方、花なども見分けがつかないほどよく似ています。

ピーマンの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 60~80cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 白色
開花時期 6~10月

「ピーマン」の名前の由来はフランス語の「piment(ピメント)」で「とうがらし」の意味からきています。

ピーマンが原産地である南アメリカから世界に広まった要因として、探検家であるコロンブスの存在があります。探検でアメリカ大陸に到達したコロンブスは、スペインに帰郷する際、様々な植物を持ち帰りました。その中のひとつにトウガラシがありました。そのトウガラシを起源として、ピーマンは作られ栽培されていくのです。

日本にも16世紀には伝わったといわれ、江戸時代に徐々に普及しましたが、実際に消費が伸びていったのは、昭和30年代後半以降からです。

栄養素はビタミンCをはじめ、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEのほか、鉄分やカリウムも含んでいます。

通常ピーマンは、緑色の未熟果の状態を食べますが、熟すと赤くなり、緑色のピーマンよりも甘くなります。

昔のピーマンは、苦味のある子供の嫌いな野菜ナンバーワンの存在でしたが、品種改良が進み今では苦手にする子も少なくなっているようです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング