ピーマンの育て方 〜収穫編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ピーマンを家庭菜園で育てているみなさん。収穫はピーマンの実だけだと思っていませんか?

じつは、ピーマンの葉も食べられるんですよ。自分で育てているからこそ楽しめるピーマンの実と葉の収穫をご紹介します。

目次

ピーマンの収穫適期

ピーマンの葉も食べられる?

ピーマンに適した生育環境

生育が思わしくないピーマンはどうする?

ピーマンの収穫適期

・緑のピーマン  花が咲いてから15~20日位のまだ若い、緑色のピーマンの実を収穫します。

・緑のピーマン

花が咲いてから15~20日位のまだ若い、緑色のピーマンの実を収穫します。

 

果長は品種にもよりますが、だいたい5~7cm位になった頃が収穫の目安です。

果長は品種にもよりますが、だいたい5~7cm位になった頃が収穫の目安です。

・赤いピーマン

花が咲いてから60日位すると緑色だったピーマンも赤く熟します。

緑のピーマンと赤いピーマンとでは味も違いますので、ぜひお試しになってみて下さい。

目次に戻る≫

ピーマンの葉も食べられる?

ピーマンを栽培している生産者の方に話をお伺いすると「ピーマンの葉も食べられますよ」と教えてくれました。  食べ方として、つくだ煮のように甘辛く煮たり、お浸しにしたり、炒めたりしていただきます。灰汁(あく)が気になるようでしたら、軽く湯通ししてから調理に使用してください。  実際に食べてみると、ほうれん草のような味わい。ピーマンも収穫できたのに、葉も食べられるなんて、なんだか得した気持ちになりました♪

ピーマンを栽培している生産者の方に話をお伺いすると「ピーマンの葉も食べられますよ」と教えてくれました。

食べ方として、つくだ煮のように甘辛く煮たり、お浸しにしたり、炒めたりしていただきます。灰汁(あく)が気になるようでしたら、軽く湯通ししてから調理に使用してください。

実際に食べてみると、ほうれん草のような味わい。ピーマンも収穫できたのに、葉も食べられるなんて、なんだか得した気持ちになりました♪

目次に戻る≫

ピーマンに適した生育環境

生育が順調ならば、自ずと収穫も順調になります。  まずはピーマンの性質をおさらいして、ご自宅のピーマンが最適な環境で育っているかを確認しましょう。  ・温度  ピーマンは、南アメリカの熱帯地方が原産のため、生育適温は25~30℃で、高温を好みます。  ・日照  トマトに比べて少ない日照にも耐えますが、葉が茂りすぎている場合は、ピーマンの花に日が当たるように、混みいったところを間引きましょう。  ・水分  土の乾燥にも加湿にも弱いため、ほどほどの水分量を好みます。  葉は水をはじく性質がありますが、葉が濡れると細菌に侵されやすいようです。ご自身でお水をあげるときは、根元に与えるようにしましょう。

生育が順調ならば、自ずと収穫も順調になります。

まずはピーマンの性質をおさらいして、ご自宅のピーマンが最適な環境で育っているかを確認しましょう。

・温度

ピーマンは、南アメリカの熱帯地方が原産のため、生育適温は25~30℃で、高温を好みます。

・日照

トマトに比べて少ない日照にも耐えますが、葉が茂りすぎている場合は、ピーマンの花に日が当たるように、混みいったところを間引きましょう。

・水分

土の乾燥にも加湿にも弱いため、ほどほどの水分量を好みます。

葉は水をはじく性質がありますが、葉が濡れると細菌に侵されやすいようです。ご自身でお水をあげるときは、根元に与えるようにしましょう。

 

目次に戻る≫

生育が思わしくないピーマンはどうする?

皆さんがピーマンを育てている環境は、いかがでしたか?  まずは、ピーマンの性質を理解して、ピーマンの育ちやすい環境を調えましょう。

皆さんがピーマンを育てている環境は、いかがでしたか?

まずは、ピーマンの性質を理解して、ピーマンの育ちやすい環境を調えましょう。

対策

摘果

一番花(果)を採った時のことを覚えていますか?まだ苗が小さいうちに、一番に咲いた花や実を摘花(果)することで、苗の生長を助けました。

生長が思わしくなく、草勢が落ちている時も、同じように摘果することで苗の生長を助けることができます。

追肥

ピーマンの草勢をあげるためには、やはり追肥は欠かせません。2週間に1度、定期的に肥料を与えましょう。

目次に戻る≫

いかがでしたか?

野菜の栽培はある意味「人間」と一緒です。良い時もあれば、悪い時もあります。苗の生育状態をいつも観察して、不調なときは摘果や追肥などをして、手助けをしてあげましょう。

▼編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ピーマンの育て方 〜収穫編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ