タマネギ(玉ネギ・たまねぎ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
タマネギ(玉ネギ・たまねぎ)
学名

Allium cepa

英名
Onion
和名
玉葱
科名
ヒガンバナ科
属名
ネギ属
原産地
中央アジア

タマネギ(玉ネギ・たまねぎ)の特徴

タマネギの起源は古く、中央アジアといわれていますが、野生種については未だ発見されていないため、原産地が特定できていません。

ピラミッド建設時代にはエジプトで栽培され、建設に従事する労働者に「にんにく」、「だいこん」と一緒に「タマネギ」が配給されていたという記録が残されています。

タマネギは日本へは江戸時代に南蛮船によって長崎に伝えられますが、観賞用にとどまり、あまり普及しませんでした。

本格的にタマネギの栽培が始まったのは明治時代で、コレラが流行した際に「タマネギを食べるとコレラにかからない」という噂が広まり、その後広く食べられるようになったと言われています。

ちなみに、日本で一番タマネギを生産されているのは北海道です。その中でも北見地域は半分近くを占めており、タマネギ栽培地として有名です。全国の中でも日照時間が長く、降水量が少ないため、たくさんの太陽をあびて生長し、球のしまりがよく、熱を加えることでとても甘くなるという特長があるそうです。

黄玉種

現在栽培されている玉葱の大半は黄玉葱系です。加熱すると辛み成分が変化して甘みに変わります。カレーなどの煮込みに使う品種です。

葉タマネギ

葉タマネギというのはそういう品種がある訳ではなく、玉の部分が膨らみかけたくらいで早い時期に葉付きのまま収穫したものの総称です。
葉タマネギの最大の特徴は、タマネギと青ネギの両方の美味しさを楽しめるのが魅力です。

白玉種

外側の薄皮も白っぽいのが特徴です。水分が多くて甘みがあり、辛みが少なく柔らかいため、サラダなどによく用いられます。

赤玉種

タマネギとも呼ばれているもので、中の皮も赤紫色をしています。果肉は白いので、断面は赤紫と白の層になっています。

ミニタマネギ

直径3~4cm位の小さなタマネギで、極早生品種や早生品種を選んで3~4月に種をまきます。3㎝間隔で育てることにより、玉が小さいまま5~6月に葉が倒伏し始めるので小玉の状態で収穫します。

タマネギ(玉ネギ・たまねぎ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50~60cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 やや弱い
花色

タマネギの保存方法

タマネギは風通しの良い冷暗所に保存します。新タマネギは、水分が多いので袋に入れ同じように冷暗所に保存するか、冷蔵庫の野菜室で保存します。

タマネギを冷凍する際は、スライスやみじん切りなど用途によって切り分けラップまたは密封袋に入れて保存。または、飴色になるまで炒めたあと同じようにラップや密封袋に入れて冷凍庫で保存します。

タマネギのレシピは無限大

タマネギは炒める以外にも、生のままスライスにしてサラダにしたり、天ぷらやフライなど油で揚げたり、肉を詰めて丸ごと蒸したりなど多くの調理方法が楽しめます。時間をかけて火を入れたほうがタマネギの甘みが増すようです。

タマネギの栄養

タマネギはカレーや肉じゃがにも欠かせない、どのご家庭にも必ずあると言っても過言ではないほど存在感のあるお野菜です。

タマネギの匂いもとは、硫化アリルという成分です。消化液の分泌を助け、新陳代謝・神経の沈静化に必要なビタミンB1の吸収と活性化を促す作用があるとされています。タマネギは血液をさらさらにし、動脈硬化を予防する作用があることでも知られています。 硫化アリルは水溶性の成分なので、辛味を和らげるために水にさらすときには、有効成分が流れ出てしまうので気をつけましょう。

コンパニオンプランツ

タマネギにはカモミールの病害虫を減らしたり、人参の病気を抑え互いに生育を助けあいます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング