唐辛子(とうがらし・トウガラシ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
唐辛子(とうがらし・トウガラシ)
学名

Capsicum annuum

英名
Red Pepper
和名
トウガラシ
別名・流通名
レッドペッパー、南蛮辛子
科名
ナス科
属名
カプシカム属(トウガラシ属)
原産地
中南米

唐辛子(とうがらし・トウガラシ)の特徴

唐辛子(トウガラシ)は、ナス科トウガラシ属の中南米原産の一年草です。唐辛子はとても辛く、野菜というよりも主に香辛料として利用されています。草丈は40cmくらいで花の色は白です。唐辛子の実は代表的な赤や緑色以外にも、黄色や紫の品種もあります。食用以外に、園芸として観賞用の唐辛子の品種もあります。

比較的病害虫にも強く、プランターでも育てることができるので、ベランダやお家で育てやすい野菜の1つです。唐辛子(トウガラシ)の幼苗は、ピーマン、パプリカと葉の形、枝の付き方、花なども見分けがつかないほどよく似ています。濃い緑色の卵形の葉がつき、いくつも枝分かれしたところに、上向きに5cmくらいの赤い実がなります。

 

唐辛子(とうがらし・トウガラシ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 40cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
耐陰性 やや弱い
花色 白色
開花時期 6~10月

唐辛子(トウガラシ)の歴史

もともと中南米では、さまざまな種類の唐辛子(トウガラシ)がボリビア周辺で紀元前から栽培されていたようです。ヨーロッパには、1493年にコロンブスがアメリカから唐辛子を持ち込みました。

日本にはポルトガル宣教師が1542年に唐辛子を持ち込み、その後日本から朝鮮半島に伝わったのは、豊臣秀吉の朝鮮出兵のころと言われています。

唐辛子(トウガラシ)の別名

名前の由来はコロンブスがコショウを求めて航海していたところ、アメリカで唐辛子(トウガラシ)を見つけ、唐辛子(トウガラシ)をコショウと勘違いし、レッドペッパー(赤いコショウ)と名付けたのがきっかけです。

スペインでは、唐辛子(トウガラシ)のことをアヒーと言います。日本では唐(外国の)の辛子という意味から、名前がつけられていました。別名も同じような名前のつけかたをされており「南蛮辛子」と呼ばれています。

唐辛子(トウガラシ)の雑学

お米をムシから守るために、唐辛子(トウガラシ)をいれておくと虫を遠ざけることができるようです。米びつに入れたり、植物の種を保管する際に唐辛子(トウガラシ)を使用してみましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング