芽キャベツの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
芽キャベツ
学名

Brassica oleracea var.gemmifera

英名
Brussels sprouts
和名
メキャベツ
別名・流通名
子持ちカンラン、シュー・ド・ブリュッセル
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
ヨーロッパ

芽キャベツの特徴

芽キャベツという名前ですが、キャベツを早どりしたものではありません。ヨーロッパ原産でアブラナ科アブラナ属の結球しない、ケールのように上に生長する植物です。60cmほどに伸びた太い茎に直径2~3cmの小さなキャベツが数多くなります。

芽キャベツは別名「子持ちカンラン」ともよばれ、(カンランはキャベツの意味。)ベルギーのブリュッセル近辺で栽培がはじまったといわれていることから、フランス語ではシュー・ド・ブリュッセル(ブリュッセルのキャベツ)と呼ばれています。

うまく育てば1株から70~80球ほどの芽キャベツが収穫できます。

芽キャベツの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 60cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

芽キャベツが欠かせないイギリスのクリスマス

イギリスの伝統的なクリスマスディナーに、真っ先に思い浮かぶのは七面鳥の丸焼きですが、そのつけあわせとして、ロースト又はマッシュポテト、茹でた芽キャベツとにんじんが欠かせません。

芽キャベツは見た目に鮮やかなグリーンが、お皿を彩り、栄養価が高く、ちょうどクリスマスの時期に手に入りやすいことから、伝統的なクリスマスディナーには欠かせない野菜になったようです。

芽キャベツとケールをかけあわせたプチヴェール

プチヴェールというアブラナ科の野菜をご存知でしょうか?姿は結球しない芽キャベツのようで、静岡県で開発されました。青汁に用いられるケールと芽キャベツを掛け合わせているため、その栄養価はとても高く、しかもケールの苦みはかなり抑えられているので食べやすくなっています。これから注目の野菜といえます。

芽キャベツの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

芽キャベツの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

芽キャベツの生育適温は15~20℃で冷涼な気温を比較的好み、キャベツよりも高温と乾燥を嫌います。

用土

酸性の土壌は好みません。有機質を多く含む排水性の良い土が適しています。
芽キャベツをプランターで栽培する場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

芽キャベツの育て方のポイント

水やり

芽キャベツの植え付け後は、十分に水をやります。
排水を良くし、土が乾いたらしっかりと水をあげましょう。

肥料

芽キャベツは長い間収穫できるので、肥料切れには注意しましょう。
本葉が6~8枚の時期に追肥をします。それ以降は、芽キャベツの収穫が始まってから月に1度の目安で与えましょう。

病害虫

ヨトウムシはヨトウガの幼虫で、年に2回ほど発生します。昼間は土の中に隠れていて、夜になると土から出てきて活動します。幼虫は葉や茎部分を食害し、一度に大量に葉裏に産卵します。これが孵化しないうちに葉ごと処分をしましょう。
コナガはチョウ目コナガ科の昆虫で、農業上は害虫とされています。アブラナ科の植物を好み、幼虫は葉を食害してします。早期発見を心がけ、見つけ次第捕殺しましょう。
立ち枯れ病はカビが原因の病気です。雨が多く、水はけの悪い土壌で発生しやすいでしょう。

芽キャベツの詳しい育て方

選び方

本葉4~5枚くらいで徒長しておらず、茎の太いしっかりした苗を選びます。葉が黄色くなっているものは避けましょう。

種まき

育苗ポットに種を2~3粒ずつまき、間引きをして、本葉が4~5枚になるまで育苗します。

植え付け

株間50~60cmの間隔で芽キャベツの苗を植え付けます。排水が悪い場所は畝を高くしましょう。植え付け後は乾燥を予防する為に、株元をわらや刈り草などでマルチングするとよいでしょう。同時に支柱を立てて風で倒れないようにします。
芽キャベツは初期の生育が悪いと樹高が伸びないので、初期にしっかり生育させましょう。

アブラナ科特有の黄色い花を咲かせます。

収穫

芽キャベツは品種にもよりますが、10月下旬頃から翌年の2月頃まで長く収穫が楽しめます。株の下の方から結球するので、手で触り固く締まっているものから順に摘み取ります。

芽キャベツの摘葉

わき芽が結球してきたら、日当たりと風通しを良くして芽キャベツの生育を促すために、下葉を徐々に取り除きます。わき芽部分の芽キャベツの結球部分を傷つけないように、1cmほど離れた部分をハサミで取り除きましょう。切り取った部分は、乾燥するとポロリと落ちます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング