スイスチャードの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
スイスチャード
学名

Beta vulgaris var. cicla

英名
Swiss chard
和名
フダンソウ
別名・流通名
アマナ、トキシラズ、タウヂサ
科名
アカザ科(ヒユ科)
属名
フダンソウ属
原産地
地中海沿岸

スイスチャードの特徴

スイスチャードの和名である不断草(ふだんそう)という名は、真冬には生育は鈍りますが、ほぼ1年を通して育て収穫できることから名前が付いたといわれています。暑さ寒さに強いスイスチャードは、とても育てやすい野菜です。

葉の軸は、赤・白・黄色・紫・オレンジなどカラフルな色合いがあり、サラダなどの彩りにもよく使われます。お洒落な野菜として、家庭菜園でも人気となっています。

日本では、まだ馴染みが薄い野菜かもしれませんが、最近では野菜として育てる以外にも、葉色の美しさからガーデニングのカラーリーフとしても育てられ、人気が出ています。

同じアカザ科のほうれん草が少なくなる真夏の時期にも収穫でき、淡白な味わいから、様々な葉物野菜の代用として料理に使われます。また、スイスチャードが小さいうちは、カラフルなベビーリーフとしても重宝します。

スイスチャードの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 緑色

スイスチャードの選び方

柄の部分が長く伸び過ぎているスイスチャードは、大きく生長しすぎて、葉が固くなっているため、葉が若そうで柔らかそうなものを選びましょう。

小さな葉は、生で食べても柔らかくサラダに向いていますが、大きい葉は生では固いため、茹でたり炒めたりしましょう。

スイスチャードの保存方法

冷蔵保存

湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包み、乾燥しないようにビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷凍保存

スイスチャードを軽く茹でた後、しっかりと水気を絞り、小分けにしてラップにくるみます。その後、密封袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング