スイスチャードの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
スイスチャード
学名

Beta vulgaris var. cicla

英名
Swiss chard
和名
フダンソウ
別名・流通名
アマナ、トキシラズ、タウヂサ
科名
アカザ科(ヒユ科)
属名
フダンソウ属
原産地
地中海沿岸

スイスチャードの特徴

スイスチャードの和名である不断草(ふだんそう)という名は、真冬には生育は鈍りますが、ほぼ1年を通して育て収穫できることから名前が付いたといわれています。暑さ寒さに強いスイスチャードは、とても育てやすい野菜です。

葉の軸は、赤・白・黄色・紫・オレンジなどカラフルな色合いがあり、サラダなどの彩りにもよく使われます。お洒落な野菜として、家庭菜園でも人気となっています。

日本では、まだ馴染みが薄い野菜かもしれませんが、最近では野菜として育てる以外にも、葉色の美しさからガーデニングのカラーリーフとしても育てられ、人気が出ています。

同じアカザ科のほうれん草が少なくなる真夏の時期にも収穫でき、淡白な味わいから、様々な葉物野菜の代用として料理に使われます。また、スイスチャードが小さいうちは、カラフルなベビーリーフとしても重宝します。

スイスチャードの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 緑色

スイスチャードの選び方

柄の部分が長く伸び過ぎているスイスチャードは、大きく生長しすぎて、葉が固くなっているため、葉が若そうで柔らかそうなものを選びましょう。

小さな葉は、生で食べても柔らかくサラダに向いていますが、大きい葉は生では固いため、茹でたり炒めたりしましょう。

スイスチャードの保存方法

冷蔵保存

湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包み、乾燥しないようにビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷凍保存

スイスチャードを軽く茹でた後、しっかりと水気を絞り、小分けにしてラップにくるみます。その後、密封袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。

スイスチャードの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

スイスチャードの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は15~20℃ですが、暑さにも寒さにも強いので一年を通して栽培・収穫できます。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

スイスチャードの育て方のポイント

水やり

発芽までは、土の表面を乾燥させないように管理しましょう。

肥料

元肥のみでもかまいません。生育の様子を見ながら追肥を与えましょう。
窒素肥料分が多いと病害虫の被害を受けやすいので、与えすぎには注意しましょう。

病害虫

土が湿り過ぎると立ち枯れ病などの病気にかかりやすくなります。日当たりの良い環境で、乾燥気味に育てましょう。

スイスチャードの詳しい育て方

選び方

お好きな品種の種をお選びください。

種まき

溝を作りすじ状にまきます。約1cm位の土をかぶせ、十分に水やりをします。

間引き

葉の生長に合わせて順次間引いていきましょう。目安として、本葉1~2枚の頃に3~4cm間隔に、本葉3~4枚の頃に5~6cm間隔に間引きます。

収穫

草丈が20~30cmくらいになったら、株ごと引き抜いて収穫をします。
抜かずに葉を外葉から摘み取るように収穫すると、長い期間収穫ができますが、大きく育てすぎると葉が硬くなるので、適度な大きさで順次収穫しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング