狭いスペースにも!ベランダで簡単に遮光ネットを活用する方法

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

エアプランツやビカクシダを遮光したいけれどスペースが無い・・・。ベランダに大きい棚は置きたくない・・・。今回はそんな方たちにオススメな、簡単に遮光をする方法をご紹介します!

 

遮光ネットの活用

用意するもの

・遮光ネット(遮光率50%)

・ワイヤーネット

・長めの結束バンド

・園芸用ワイヤー

・ラティス

ラティスは小型のものなら100均で購入することが出来ます!

ワイヤーネットは2枚ほど買っておくと、スペースが余ったときに使えるので便利です。

 

遮光する方法

まずは完成形を見た方が分かりやすいと思いますので、下の画像をご覧ください。

イメージ的にはラティスに屋根を作る感じです。
遮光ネット

 

まずはじめに、結束バンドを使ってワイヤーネットに遮光ネットを固定していきます。6ヵ所で固定すると、しっかり固定することができます。
遮光ネット

 

遮光ネットは劣化してくると縮まってしまうので、ワイヤーネットから少しはみ出すように切ります。

これで屋根が完成しました。
遮光ネット

 

完成した屋根を結束バンドを使ってラティスに取り付けます。
遮光ネット

 

結束バンドの長さが足りない場合は、2本をつなぎ合わせると1本の長い結束バンドができあがります。

 

次に、園芸用ワイヤーを約70cm2本切り出します。

 

屋根の下部分にワイヤーをきつく結びます。

 

ワイヤーを上から引っ張り、屋根を持ち上げます。

 

屋根が落ちてこないように、ワイヤーの余っている部分とラティスをしっかり結びます。

 

あとはエアプランツやビカクシダなど好きな植物をラティスに掛ければ完成です!

 

注意すること

屋根やラティスが風で飛ばないようしっかりと固定してください。

屋根は真上からの日光しか遮光できないので、日光が他の方向から入ってくる場合は、遮光ネットを垂らすなどして、遮光をしてください。

 

いかがでしたでしょうか?

100均のアイテムで簡単に遮光をすることが出来きます。

夏の強い日差しから、遮光ネットで植物を守るため、お試しください。

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「狭いスペースにも!ベランダで簡単に遮光ネットを活用する方法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ