【植物と暮らす4コマ】「フタバちゃん」-ハロウィン編-

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

フタバとタマちゃんがトリックオアトリート!ということでゴーストになりきっています。

フタバだと思っていたけど、あれ?あっちからフタバが来た!じゃあこのゴーストの仮装をしたのはだあれ?フタバが二人いるの!?どういうこと~~~!?

そんなちょっとホラーの今回です。

この間お盆のことを書いた気がするのですが、あっという間に!ハロウィンですねえ。年々日本でのハロウィンイベントは認知度が上がっているみたいですね。市場規模はバレンタインを抜いたとか抜かないとか。。。パーティーしてもいいし、仮装してもいい。ハロウィンをテーマにしたフードやスイーツを作るだけでも楽しい!飾りつけするのもワクワクしますよね。参加できる人の幅が広く、いろいろな楽しみ方が出来るところがハロウィンイベントの特徴なのかもしれませんね!

 

一昨年だったかな、かぼちゃランタンを作りました。大人の顔ぐらいある大きさのかぼちゃをくり抜いて、目と口の細工を施して。できたできた、かぼちゃランタン!娘もキャッキャとうれしそうです。ハロウィンの準備OKだね!とウキウキしながら玄関に飾っておきました。

次の日、玄関に飾ってるかぼちゃの顔は、なんだか昨日より悲し気に見えました。

あれ、なんでか少し悲しそうな気がするね。なんでだろう?と娘と話しながら出かけ、夕方家に帰ってきて、娘が驚いて言いました。

「ママ!かぼちゃ…怒ってる!?」

見ると、玄関に置いたかぼちゃの顔が眉をしかめたような険しい顔なのです。どうしたんでしょう。

「お、お化け?妖怪かも妖怪・・・!」

騒ぎ出す娘。

もうお分かりですよね。そう、かぼちゃは湿気ですこしずつ腐り、しおれて来てしまったのです。

かぼちゃランタンは本物のかぼちゃをくり抜くと、どうしても湿気ってしまいます。湿気るとそこから腐敗やカビが発生してしまうのですが、それに加えて表情も変化してしまうということがわかったのです!

今年のハロウィン、特にハロウィンパーティーの時などにかぼちゃランタンを作りたい場合は、外側からシールで顔を作り、かぼちゃランタンは当日準備するのが顔が怖くならない秘訣かと思います・・・。怨念系のものを作りたい場合は、私の体験を参考にしていただければと思います!

みなさまも楽しいハロウィンをお過ごしくださいね。

TRICK or TREAT!

▼前回の記事はこちら

▼フタバちゃんおすすめの記事はこちら

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【植物と暮らす4コマ】「フタバちゃん」-ハロウィン編-」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ