【植物と暮らす4コマ】「フタバちゃん」-お盆と精霊馬編-

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

お盆に飾る精霊馬はナスが牛、キュウリが馬。今年はフタバがミニトマトでたまちゃんも作ってくれた!

お盆に飾る精霊馬はナスが「牛」、キュウリが「馬」。今年はフタバがミニトマトで「タマちゃん」も作ってくれた!

東京のお盆、フィリピンから思うこと

こんにちは、イラストレーターの小野寺葉月です。もうすぐ東京はお盆を迎えます。東京出身で親戚もほとんど東京におり、田舎がなかった私はお盆というのはずっと7月13日から16日までのものだと思っていました。近所にショッピングセンターもなく、スーパーでも8月の時にお盆のコーナーなどはなかったような気がします。就職して働いてるときも「お盆の流入・流出」などと上司に言われても全く理解できず、「8月?お盆7月に終わったよね?」と思っていました。世間知らずですよね。

うちのお盆はお墓の掃除とお参りがあります。仏壇も掃除をし、盆提灯を出し、お供えの果物やハスの葉やほおずき、お花、キュウリとナスで作った精霊馬(しょうりょううま)を飾ります。お坊さんが家にお経をあげに来てくれます。盆提灯が暗い部屋できれいに回るのを見てるのが好きでした。クリスマスツリーのライトがチーカラチーカラ点滅するのと同じくらい好きでした。「チーカラチーカラ」というのは母が使っていたオノマトペで、今回コラムを書いていて指摘されるまで違和感なく使っていましたが、あまり(・・・というか全く)一般的ではなかったようですね(笑)。

家族間でしか通じないオノマトペや呼び方ってストーリー、つまり家族の歴史が詰まっていて面白くて大好きです。きっと方言や文化はその延長線上なんだろうと思っています。

迎え火の時は玄関で、精霊馬を家の中に向けて置き、麻がらを焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上で焚きます。玄関で火を見ながらしばし家族とともにぼうっとして「おかえり~」「今年も帰って来たね~」などと言いながら火が消えないうちにお線香に火をつけ、お仏壇にあげに行くのです。

その時の煙にご先祖様がのって帰ってくるんだよ、と教えてもらったのをよく覚えています。

何もしないでぼうっとしている時間、というのは意外と少ないものです。焙烙の上で麻がらが燃えていく火を見つめながら、今は一緒にいない家族のことを想う時間は宝物だと今になって気が付きました。子どものころから面倒だなあ、テレビ見たいなあなんて思いながら過ごしてきた来たお墓参りやお盆の行事は、今日本を離れて海外で暮らしている私にとってとても大切なものになっています。

精霊馬について、関東では飾るけれど西日本では飾らない、などいろいろな違いがありますね。みなさんのおうちやご実家ではどのようにお盆を過ごすんでしょう?ちなみに精霊馬のオーソドックスなタイプはナスとキュウリをつかったものですが、最近はフタバのようにトマトなどいろいろな野菜を使って作ることもあるようです。

ここフィリピンでも「先祖が返ってくる」お祭りがあります。80%以上がキリスト教カトリック信仰なので、ハロウィンの10/31日の真夜中、0時を過ぎると万聖節(All saint’s day)と言ってカトリック諸聖人の日となります。天国にいるカトリックの聖人をたたえるお祭りです。この翌日が死者の日(All spiul’s day)です。この二日間は祝日で、会社も学校もお休み。お墓に行ったり先祖のことを想いながら家族でご飯を食べたりするそうで、まさにフィリピン版お盆というところです。

この4コマを描きながら、娘に精霊馬のことを説明しました。日本にいたときに何度か一緒に迎え火や送り火を焚いているのでうっすら覚えているようです。世界には様々な信仰があり、習慣があり、家族があり、その数だけストーリーがあります。亡くなった人のことを大切に思う気持ちはみな変わらないのだということを娘に伝えていきたいなと思うのです。

▼前回の記事はこちら

▼フタバちゃんおすすめの記事はこちら

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【植物と暮らす4コマ】「フタバちゃん」-お盆と精霊馬編-」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ