金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの作り方|ドライフラワーを使って

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

初秋は金木犀(キンモクセイ)がふわっと香る季節。何か遠く切ない記憶をくすぐられるような、そんな気持ちにさせられる金木犀(キンモクセイ)の香りは多くの人を魅了します。

金木犀(キンモクセイ)の散った小花をキャンドルに閉じ込めて、自宅で独り占めしませんか。金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの作り方をご紹介します。

目次

金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの材料

2個分  金木犀(キンモクセイ)の花 両手いっぱい  キャンドル 200~300g(今回はお仏壇用ロウソクを使用しました)  耐熱カップ大小2種 各1個ずつ  ペッパーベリー お好みで

(2個分)

  • 金木犀(キンモクセイ)の花 両手いっぱい
  • キャンドル 200~300g(今回はお仏壇用ロウソクを使用しました)
  • 耐熱カップ 大小2種 各1個ずつ
  • ペッパーベリー お好みで

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの準備

・集めてきた金木犀(キンモクセイ)の花の掃除をします。花を紙の上などに広げて、ゴミを選り分けます。根気のいる作業ですが、仕上がりに響きますので頑張りましょう。  ・キャンドルをばきばきに割ります。中の芯は、使うので取っておきます。

  • 集めてきた金木犀(キンモクセイ)の花の掃除をします。花を紙の上などに広げて、ゴミを選り分けます。根気のいる作業ですが、仕上がりに響きますので頑張りましょう。
  • きれいに掃除した花はペーパーの上に広げ乾燥させドライフラワーにします。金木犀(キンモクセイ)の花はドライフラワーになっても香りが残ります。
  • キャンドルをばきばきに割って細かくします。中の芯は、使うので取っておきます。

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの作り方

キャンドルを溶かす ・ばきばきに砕いたキャンドルを、小さなボウルに入れます。持ち手付きのボウルだと、後が楽です。  ・ボウルのキャンドルを90℃くらいの湯煎にかけ、キャンドルを溶かします。

キャンドルを溶かす

  • ばきばきに砕いたキャンドルを、小さなボウルに入れます。持ち手付きのボウルだと、後が楽です。
  • ボウルのキャンドルを90℃くらいの湯煎にかけ、キャンドルを溶かします。

キャンドルの中心部を作る

・キャンドルの芯を割りばしに挟み、耐熱カップ小の中心にセットします。  ・耐熱カップ小に溶かしたキャンドルを流し込みます。  ・30分~1時間置いて、固まるのを待ちます。

  • キャンドルの芯を割りばしに挟み、耐熱カップ小の中心にセットします。

 

・耐熱カップ小に溶かしたキャンドルを流し込みます。  ・30分~1時間置いて、固まるのを待ちます。

  • 耐熱カップ小に溶かしたキャンドルを流し込みます。
  • 30分~1時間置いて、固まるのを待ちます。

キャンドルの外側を作ります。

耐熱カップ大の真ん中にセットします。

  • 耐熱カップ小が固まったら、カップをハサミで切って取り出します。
  • 耐熱カップ大の真ん中にセットします。

 

先ほど掃除をした金木犀(キンモクセイ)を、周りにぐるっと入れます。

  • 先ほど掃除をした金木犀(キンモクセイ)を、周りの隙間にぐるっと入れます。
  • その金木犀(キンモクセイ)を入れた隙間から全体にゆっくりと溶けたキャンドルを流し込みます。

 

30分~1時間ほど置いて、固まるのを待ちます。

  • 30分~1時間ほど置いて、固まるのを待ちます。

 

金木犀(キンモクセイ)のキャンドル|作り方のコツ

※キャンドルに隙間があると割れやすくなります。隙間ができないように、ゆっくりとキャンドルを流し込んでください。  ※溶かしたキャンドルに金木犀(キンモクセイ)のエッセンシャルオイルを入れると、もっと香りを楽しめます。

  • キャンドルに隙間があると割れやすくなります。隙間ができないように、ゆっくりとキャンドルを流し込んでください。
  • 溶かしたキャンドルに金木犀(キンモクセイ)のエッセンシャルオイルを入れると、もっと香りを楽しめます。

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの出来上がり

キャンドルが固まっていたら、カップをハサミで切って、取り出します。芯の部分を好きな長さに切って、出来上がりです。

キャンドルが固まっていたら、カップをハサミで切って、取り出します。芯の部分を好きな長さに切って、出来上がりです。

 

アジサイとタイムのキャンドル

LOVEGREEN編集部の屋上テラスで摘んだアジサイとタイムを使って、爽やかな色合いのキャンドルも作ってみました。  こんな風に、金木犀(キンモクセイ)以外にも好きな植物を入れて、自分好みのキャンドル作りを楽しんでください。  金木犀(キンモクセイ)のボタニカルキャンドルが出来たら、火を灯して安らぎの時間を楽しんでください。不規則に揺れるキャンドルの炎を眺めていると心が落ち着いてきます。  好みのボタニカルキャンドルで、自分の為の贅沢な時間を、ゆったりと楽しんでください。

LOVEGREEN編集部の屋上テラスで摘んだアジサイとタイムを使って、爽やかな色合いのボタニカルキャンドルも作ってみました。こんな風に、金木犀(キンモクセイ)以外にも応用ができます。好きな植物を入れて、自分好みのキャンドル作りを楽しんでください。

金木犀(キンモクセイ)のボタニカルキャンドルが出来たら、火を灯して安らぎの時間を満喫しましょう。不規則に揺れるキャンドルの炎を眺めていると心が落ち着いてきます。ゆったりと贅沢な時間を過ごしてください。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「金木犀(キンモクセイ)のキャンドルの作り方|ドライフラワーを使って」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ