キンモクセイの増やしかたと鉢植えでの管理について

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

植物の変化で季節を実感できることがありますよね。桜が咲くと春だなあ。ひまわりが咲いてるのを見ると夏って感じ。あ、キンモクセイの香り!秋だねえ。そんな風に香りで季節を教えてくれるのがキンモクセイですよね。今回はそんなキンモクセイを増やす方法についてご紹介します。植物を増やす方法についてや、鉢植えで育てたい場合などもご紹介します。

目次

キンモクセイとは

キンモクセイとはモクセイ科の常緑小高木です。原産地は中国で、日本に持ち込まれたのは江戸時代。9月に咲く香りのいいキンモクセイは雌雄異株なので、一本では結実しません。この時日本に持ち込まれたのが雌株のみで、以後日本には雄株がほとんど持ち込まれていないため、日本には雌株ばかりなので実生で増えることがありません。  日本にあるキンモクセイはすべて挿し木で繁殖されれたクローンだいう説もあります。

キンモクセイとはモクセイ科の常緑小高木です。原産地は中国で、日本に持ち込まれたのは江戸時代。9月に咲く香りのいいキンモクセイは雌雄異株なので、一本では結実しません。この時日本に持ち込まれたのが雌株のみで、以後日本には雄株がほとんど持ち込まれていないため、日本には雌株ばかりなので実生で増えることがありません。

日本にあるキンモクセイはすべて挿し木で繁殖されれたクローンだいう説もあります。

目次に戻る≫

植物を増やす方法は何がある?

さて、そんなキンモクセイですが、おうちで増やすことができます。そもそも植物を増やす方法にはいくつかあります。

挿し木

挿し木は切った枝先を苗のように植え付ける方法です。アジサイなどもこれでできます。

接ぎ木

接ぎ木はサボテンやバラなどでよく使われる増やし方です。台座となる木に、増やしたい種類の枝を接ぎ、育てます。

取り木

取り木は、枝の中腹の樹皮を削り、ミズゴケなどでカバーして発根させ、発根した部分の下をカットして、上部分を新しい株として植え付ける方法です。

茎伏せ

モンステラなど気根が出る観葉植物に向いている方法。茎の気根が出てる部分をカットして土に置き、発根するのを待つ方法です。

株分け

株が大きくなってきたときに、土から掘り出して株を分割する方法です。宿根草や観葉植物に向いている増やし方です。

実生

種ができたらそれを蒔いて発芽させる方法です。たくさんできるので、失敗させたくない場合はそれがおすすめです。

植物の種類によって向いている方法が異なります。キンモクセイに向いているのは挿し木と取り木です。

目次に戻る≫

キンモクセイを増やすのに適した時期

キンモクセイを増やす適期は5月~7月です。その年に伸びた新梢を使って挿し木をします。5月~7月が適期なのには理由が2つあります。1つは土が乾きにくく、乾燥しにくいので失敗しにくいこと。また、その期間は平均気温が15度以上で生長しやすい温度なので、キンモクセイにかかる負担が少ないことから失敗しにくいのです。

目次に戻る≫

キンモクセイを挿し木する方法

キンモクセイを挿し木する場合は、枯れてしまう可能性を考えて一本ではなく、複数行うといいでしょう。

キンモクセイの挿し木手順

1.新梢を根元からカットする 

1.新梢を根元からカットする。

 

2.カットした新梢(以下枝)を水につけておく

2.カットした新梢(以下枝)を水につけておく。

 

3.2時間後、枝の断面に発根促進剤を塗る 

3.2時間後、枝の断面に発根促進剤を塗る。

 

4.用意しておいた苗床に枝を埋めていきます。  この時使う土は、庭の土や畑の土ではなく、新しい清潔な土にしましょう。挿し木用の土があればそれを使っても大丈夫ですし、赤玉土の目が細かい土があればそれをおすすめします。 

4.用意しておいた苗床に枝を埋めていきます。

この時使う土は、庭の土や畑の土ではなく、新しい清潔な土にしましょう。挿し木用の土があればそれを使っても大丈夫ですし、赤玉土の目が細かい土があればそれをおすすめします。

 

5.苗床を乾燥させないようにこまめに水をやります。ビニール袋をかぶせるなどするのも効果的です。梅雨時期は雨が跳ね上がると病気になることもあるので、少し地上から高い位置に置いて管理するのもいいでしょう。

5.苗床を乾燥させないようにこまめに水をやります。ビニール袋をかぶせるなどするのも効果的です。梅雨時期は雨が跳ね上がると病気になることもあるので、少し地上から高い位置に置いて管理するのもいいでしょう。

 

6.梅雨時期、夏の時期、秋、冬とそのまま生育させます。根っこが生えてるか確認したくなりますがここはガマン。新芽が出てきたら無事に生長している証拠です。庭に植え付けをするときは次の年の春先がおすすめです。3月から4月にかけてが最も根つきやすいでしょう。  

6.梅雨時期、夏の時期、秋、冬とそのまま生育させます。根っこが生えてるか確認したくなりますがここはガマン。新芽が出てきたら無事に生長している証拠です。庭に植え付けをするのは次の年の春先がおすすめです。3月から4月にかけてが最も根つきやすいでしょう。

目次に戻る≫

キンモクセイを鉢植えで育てたいとき

キンモクセイを育てたい!でも庭はない・・・そんな時は鉢植えですよね。でも鉢植えでキンモクセイって育てられるの?そう思う方は結構多いのです。鉢植えで育てる方法を調べてみました。

苗の選び方

鉢植えで育てる場合、背の高すぎる苗はやめましょう。キンモクセイの鉢植えはだいたい120cmぐらいまでのものを選びましょう。キンモクセイは花がとてもきれいで好きな方も多い樹種ですが、キンモクセイが若いうちは花がつかないことが多いので、ある程度幹の太さがしっかりしているものを選びましょう。幹の直径が1.5cm以上のものだと、花の開花が見込めそうです。

土の種類

鉢底石を引いたら、赤玉土7対腐葉土3で土を作ります。そこに植え付けをしましょう。

植え付け

植え付けの適期は3~4月。苗を買ってきたら鉢に植え替え。

水やり

鉢の土が乾いたら、あげるようにしましょう。鉢皿を使う場合は水が溜まったままにならないようにしましょう。

植え替え

キンモクセイは植え替えを嫌います。基本的に庭に植え付けたときは移植を避けたほうがいいでしょう。しかし、どうしても移動しないといけないときや、鉢植えの場合1~2年に一度は植え替えて、大きな鉢に変える必要があります。根を傷つけないように慎重に作業を進めるようにしましょう。

目次に戻る≫

キンモクセイがうまく根付いたらプレゼントにしてもいいですね。根付いてから花が咲くまでは5年ほどかかりますので、気長に育ててね、と説明が必要ですね。

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「キンモクセイの増やしかたと鉢植えでの管理について」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

おすすめ